Analytics and Automation Software : Cisco Data Virtualization

データ 仮想化 スイート FAQ: どのように必須 CIS 再始動なしで log4j.properties 変更を設定しますか。

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

必須 CIS サービス再始動なしで <CIS_INSTALL_DIRECTORY>\conf\server\log4j.properties を設定するとき Cisco インフォメーション・サーバー(CIS)で水平なデバッグ ログをどのようにイネーブルに設定できるかこの資料に記述されています。 

Suresh Venkatesan によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

必須 CIS 再始動なしで log4j Properties 変更を設定する方法

設定するために log4j.properties のための CIS サーバを再起動する必要はありません。 Administration > 設定 > サーバ > Configureation > デバッグ > CIS スタジオからのデバッグ 出力 Enabled フラグを切り替えるとき、log4j.properties ファイルは再読されます。

  1. log4j.properties ファイルを編集して下さい。
  2. デバッグ 出力 Enabled フラグを本当に設定 し、『Apply』 をクリック して下さい。
  3. デバッグ 出力 Enabled フラグを偽に設定 し、『Apply』 をクリック して下さい。
  4. Configuration ダイアログボックスを『OK』 をクリック し、閉じて下さい。



これらのステップは log4j.properties ファイルで水平なデバッグ ログを有効に したロガー カテゴリのためにデバッグ ログを増加するかもしれません。 これらのステップがデバッグ ログを増加しない場合、CIS サービスを再開して下さい。 このコードとして考慮されてコードするかもしれません:



=========
DEBUG [245022965@http-4] 2014-07-22 16:27:40.843 -0700 ProbeManager - 
propName=/server/config/debug/enableDebug
DEBUG [245022965@http-4] 2014-07-22 16:27:40.843 -0700 ProbeManager -
/server/config/debug/enableDebug (old value)=true
DEBUG [245022965@http-4] 2014-07-22 16:27:40.843 -0700 ProbeManager -
/server/config/debug/enableDebug (new value)=false
=======


Document ID: 118059