Analytics and Automation Software : Cisco Data Virtualization

データ 仮想化 FAQ: どのように OData リソースとして CIS リソースを送達し、それにアクセスしますか。

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料は Cisco インフォメーション・サーバー(CIS)で OData リソースとしてパブリケーション プロセスおよびそのリソースをテストするためにプロセスを説明したものです。 OData は問い合わせるために使用される Web プロトコルおよび更新データです。 OData はデータに Java Database 接続そっくりのアクセスを提供し、HTTP プロトコルによってデータ ソースを問い合わせることを許可し、XML ベース原子の返される結果はフォーマットしましたりまたは JavaScript オブジェクト 表示法(JSON)形式。

詳細については、CIS ユーザガイドの OData 機能について参照して下さい。

Sadia アリによって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

OData リソースとして CIS リソースを送達し、それにアクセスする方法

  1. 送達したいと思うリソースを選択して下さい。
  2. データベースとしてリソースを右クリックし、送達して下さい。 
  3. 合成サービスを『Add』 を選択 したり、カタログを『Add』 を選択 しません でしたり、またはスキーマを追加しないで下さい。

    : 手順は OData のリソースのサポートされているタイプではないし、それは主キーのないリソース サポートされません。

  4. 複合 URL 標準のに続いて下さい: localhost:9400/odata/<published_service_name> 
  5. OData.org に行って下さい。 OData エクスプローラ URL を得、OData 送達されたリソースをテストして下さい。

 



Document ID: 117759