2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料に簡易ネットワーク管理プロトコル(SNMP) v2 および v3 のインフラストラクチャの発動を促すためにコンバージしたアクセス(5760/3850/3650)を追加する方法を記述されています。

Shankar Ramanathan によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

設定

: このセクションで使用されているコマンドの詳細を調べるには、Command Lookup Tool登録ユーザ専用)を使用してください。

スイッチの SNMP v2 設定

GUI

> コントローラ > 管理 > SNMP > コミュニティ > 新しい『Configuration』 を選択 して下さい。

CLI

次のコマンドを入力します。

conf t

snmp-server community V2Community RW

スイッチの SNMP v3 設定

CLI

次のコマンドを入力します。

conf t

snmp-server group V3Group v3 auth read V3Read write V3Write

snmp-server user V3User V3Group v3 auth sha Password1 priv aes 128 Password1

snmp-server view V3Read iso included

snmp-server view V3Write iso included

snmp-server host 10.201.234.170 version 3 auth V3User

snmp-server enable traps

インフラストラクチャの発動を促して下さい

: ライフサイクル ビューを使用して下さい。

操作します > デバイス作業センター > Add デバイス選択して下さい。

SNMP v2

SNMP v3

: Telnet/セキュアシェル パラメータが入力されない場合、主なインフラストラクチャはスイッチからコンポーネントを集めません。

確認

ここでは、設定が正常に動作していることを確認します。

アウトプット インタープリタ ツール登録ユーザ専用)は、特定の show コマンドをサポートしています。 show コマンド出力の分析を表示するには、アウトプット インタープリタ ツールを使用してください。

スイッチの SNMP v2 設定

コマンド

5760-79b#show snmp community

Community name: V2Community
Community Index: V2Community
Community SecurityName: V2Community
storage-type: nonvolatile        active

スイッチの SNMP v3 設定

次のコマンドを入力します。

5760-79b#show snmp user
 
User name: V3User
Engine ID: 80000009030068BC0C5A8F80
storage-type: nonvolatile        active
Authentication Protocol: SHA
Privacy Protocol: AES128
Group-name: V3Group
 
5760-79b#show snmp group
groupname: V3Group                          security model:v3 auth
contextname: <no context specified>         storage-type: nonvolatile
readview : V3Read                           writeview: V3Write                 
notifyview: <no notifyview specified>
row status: active

: CLI は Cisco バグ ID CSCuo52406 で当たるいくつかの既知の問題のためのコンバージしたアクセスの SNMP v3 設定のための GUI に好まれます。

主なインフラストラクチャ

トラブルシューティング

現在のところ、この設定に関する特定のトラブルシューティング情報はありません。


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 117707