セキュリティ : Cisco Firepower Management Center

FireSIGHT システムの仮想ルータの設定

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料は FireSIGHT システムの仮想ルータを設定するためのクイックスタートガイドです。

Nazmul Rajib およびウィリアム Koester によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

前提条件

ハードウェア要件

バーチャルルーティング 機能は次のアプライアンスで利用できます:

  • FirePOWER 7000 シリーズ アプライアンス
  • FirePOWER 8000 シリーズ アプライアンス

NGIPS 仮想デバイスの仮想ルータを有効に することができません。

ライセンス 要件

有効な制御ライセンスは FireSIGHT システムのバーチャルルーティング 機能性を有効に して必要です。 デバイスのライセンスのステータスを確認するために、下記のようにステップに従って下さい:

  • デバイス > デバイス管理 ページへのナビゲート
  • バーチャルルーティングを有効に したいと思うデバイスを編集するために鉛筆アイコンをクリックして下さい。
  • Device タブを選択して下さい。 Device ページでは、ライセンスのリストおよびステータスを見つけます。

使用するコンポーネント

この資料の情報はこれらのハードウェア および ソフトウェア バージョンに基づいています:

  • FireSIGHT Management Center、FirePOWER 7000 シリーズ アプライアンスおよび 8000 シリーズ アプライアンス。
  • ソフトウェア バージョン 5.2 以降

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

設定

仮想ルータを追加して下さい

ステップ 1: デバイス > デバイス管理へのナビゲート 

ステップ 2: 仮想ルータを設定したいと思うデバイスを編集するために鉛筆アイコンをクリックして下さい。

ステップ 3: 仮想ルータ タブをクリックして下さい

 

ステップ 4: 追加仮想ルータ ボタンをクリックして下さい追加仮想ルータ ウィンドウは現われます。 

ステップ 5: General タブName フィールドでは、仮想ルータの名前をつけて下さい。 次の例は仮想ルータの名前として vRouter を使用します。

 

ステップ 6: 仮想ルータを IPv6 アドレスをサポートするために指定するために IPv6 サポート チェックボックスを選択して下さい。 明示的 な場合 non-IPv6-capable プロトコルのためにサポートします、RIPv2 および OSPFv2 のような、必要となりますこのチェックボックスをクリアする必要があります。 

ステップ 7: 任意で厳密な TCP 適用を有効に したいと思わない場合、クリア厳密な TCP 適用。 このオプションはデフォルトで有効に なります。 

ステップ 8: インターフェイスの下で、利用可能 なリストはルーティングされるのようなすべてのレイヤ3 インターフェイスが、仮想ルータに割り当てることができるデバイスでハイブリッド含まれ。 インターフェイスを仮想ルータに割り当てるために、インターフェイスを選択し、『Add』 をクリック して下さい。 

ステップ 9: [Save] をクリックします。 変更は適用変更ボタンを選択するまで実施されません

スタティック ルートを追加して下さい

ステップ 1: 追加仮想ルータ ウィンドウが現われるとき静的なタブを選択して下さい。 add のステップ 4 を仮想ルータ セクション参照して下さい。

 

ステップ 2: スタティック ルート ボタンを『Add』 をクリック して下さい。 

ステップ 3: ルート名フィールドでは、スタティック ルートの名前をつけて下さい。 英数字および領域を使用できます。

 

ステップ 4: スタティック ルートを有効に するために Enabled チェックボックスを選択して下さい。

ステップ 5: プリファレンス フィールドでは、ルート選択を判別するために 1 と 65535 間の数値を入力して下さい。 同じ宛先にいくつものルートがある場合、システムはより高いプリファレンスのルートを選択します。 

ステップ 6: ドロップダウン リストから、設定したいと思うスタティック ルートの種類を選択して下さい。

ステップ 7: ルーティングされるがもし宛先 フィールドでは、宛先ネットワークのための IP アドレスをトラフィック入力しなさい。

ステップ 8: Gateway フィールドでは、2 つのオプションがあります: 

  • スタティック ルートの種類として IP を選択した場合、IP アドレスを入力して下さい。
  • ドロップダウン リストからスタティック ルートの種類として選択したインターフェイス、インターフェイスを選択すれば。

ステップ 9: [OK] をクリックします。

ステップ 10: [Save] をクリックします。 変更は適用変更ボタンを選択するまで実施されません。


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 118021