会議 : Cisco TelePresence Management Suite(TMS)

外部 SQL サーバのために Windows 認証を使用するために TMS を設定して下さい

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

外部構造化照会言語 (SQL) サーバのために Windows 認証を使用するために TelePresence 管理 スイート(TMS)を設定するためにネットワーク サービス アカウントに IIS アプリケーションのユーザー識別を変更して下さい。 この資料に外部 SQL サーバのために Windows 認証を使用するために TMS を設定する方法を記述されています。

Shannon ひげによって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Windows サーバ 2003 年、アクティブ ディレクトリを動作する Windows サーバ 2008 R2
  • SQL サーバ 2005 年のまたはそれ以降を動作する Windows サーバ。
  • Windows サーバ 2003 年(IIS 6)か Windows サーバ 2008 R2 (7) TMS ソフトウェアを実行する IIS。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

TMSNG (および TMSPE)データベースへの TMS 接続のための Configure ウィンドウ 認証

顧客が(TMSPE)データベース TMSNG および TMS プロビジョニングへの TMS 接続のために Windows 認証を拡張使用するために望んだら; ネットワーク サービス アカウントに SQL のログオンを作成するために IIS アプリケーションのユーザー識別を変更して下さい。

設定

  1. 新しい Active Directory (AD) サービス アカウントを、たとえば tms-databaseservice 作成して下さい。 Windows 2008 またはそれ以降を AD のために使用していたら場合、特許は必要ではないです。 Windows 2003 を使用している場合、ユーザはサービスとしてログオンするために有効に する必要があります。



  2. SQL サーバでは、新しいログインを作成して下さい; 例: tms-databaseservice; SQL 管理スタジオによって:

       -セキュリティおよび右クリック ログオンを拡張して下さい。  ログインを『New』 を選択 して下さい。



       -一般の下で…、サービス ユーザー向けのドメイン アカウント ドメイン\ユーザー名を入力して下さい。



       -ユーザ マッピング、選定された tmsng および tmspe の下で…該当する場合。 ロール メンバーシップの既定のスキーマ、選定された dbo および選定された db_owner に関しては。



       - 『OK』 をクリック して下さい。

    : ユーザはステップ 2 のログオンが tmsng データベースにマッピング されるとき自動的に作成する必要があります。



  3. SQL サーバでは、TMS の IIS アプリケーション プールを実行するユーザアカウントのための新しいログオンを作成して下さい。 Windows 2003 年のためのデフォルト アカウント(IIS は 6) NT 機関\ネットワークサービスです; Windows 2008 年のためのデフォルト アカウント(IIS は 7) IIS APPPOOL\TMSNet40AppPool です。

    : これがローカルアカウントであるので、外部 SQL サーバを使用している場合このユーザ向けのログオンを作成できません。

外部 SQL サーバを使用すれば; IIS の IIS APPPOOL\TMSNet40AppPool ユーザ識別はに前ステップ 1 でユーザー定義同じである場合もありますドメイン ユーザ(変更する必要があります: tms-databaseservice は)を経て IIS > アプリケーション > 右クリック TMSNet40AppPool プーリングし、Settings> プロセスモデル > 識別を『Advanced』 を選択 します。 アカウントを『Custom』 を選択 し、サービス アカウント(ドメイン\ユーザー名)を入力し、『OK』 をクリック して下さい。

サービスを開き、各 TMS サービスを右クリックし、そして「Properties > ログインに…選択し、このアカウントを入力しますサービス アカウント ドメイン\ユーザ名 および パスワードを行って下さい。 TMS ツールを開き、データベース接続設定に行って下さい。 TMSNG および TMSPE 両方データベースのための Enable ウィンドウ 認証。

すべての TMS サービスおよびワールドワイドウェブパブリッシングサービスを再開するか、またはサーバを再起動して下さい。


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 117817