音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unified Presence Version 8.0

Cisco Unified Presence Server PostgreSQL 外部 データベースおよび準拠性 設定例

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料は Windows のための PostgreSQL の使用で Cisco Unified Presence Server (CUPS)の準拠性を設定するためにプロシージャを記述したものです。

Amit Kumar によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • Windows サーバ 2008 年
  • CUPS バージョン 8.6.x
  • Windows のための PostgreSQL

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Windows 2008 標準版(32ビット)
  • CUPS バージョン 8.6.4.12900-2
  • Windows バージョン 9.1.13 のための PostgreSQL

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

背景説明

このサーバはワークグループの一部で、Windows サーバのローカル admin 特権を使用します。

設定

  1. ダウンロード PostgreSQL このページから PostgreSQL インストーラをダウンロードして実行して下さい。
  2. セットアップ ウィザードで『Next』 をクリック して下さい。

  3. 適切なインストール ディレクトリを選択して下さい。 [Next] をクリックします。

  4. 適切なデータディレクトリを選択して下さい。 [Next] をクリックします。

  5. デフォルトによって作成されるスーパーユーザのためのパスワードをパスワードで入力し、Password フィールドを再びタイプして下さい。

  6. 5432 である Port フィールドでデフォルトポート番号を入力して下さい。

  7. ロケール ドロップダウン リストから、適切な位置を選択して下さい(このシナリオで英語に、米国設定 されます)。 [Next] をクリックします。

  8. インストールを完了するために『Finish』 をクリック して下さい。

    : 終了で起動スタック ビルダーをチェックする必要はありませんか。 チェックボックスをオンにします。

  9. PGadmin インターフェイスへのログインは PostgreSQL ユーザのパスワードを入力し。 [OK] をクリックします。

  10. > サーバ > PostgreSQL 9.1 > ログイン ロール新しいログオン ロールを作成するために『Server Groups』 を選択 して下さい。 ロール名フィールドで新しいロール名を入力して下さい。

  11. 定義タブをクリックして下さい。 パスワードおよびパスワード(再度)フィールドでパスワードを入力して下さい。

  12. タブ ロールの特権クリックして下さい。 この例に示すように特権を選択して下さい。 [OK] をクリックします。

  13. > サーバ > PostgreSQL 9.1 > データベース > 新しいデータベース新しいデータベースを作成するために『Server Groups』 を選択 して下さい。

  14. Name フィールドで tcmadb を入力して下さい。 Owner フィールドで tcuser を入力して下さい。

  15. 定義タブをクリックして下さい。 符号化がこのデータベースのための UTF8 であることを確認して下さい。 [OK] をクリックします。

  16. インストール ドライブとして選択したものをに)この位置に参照して下さい(これは依存しています。

  17. この 3 つのオプションの postgressql.conf ファイルを編集して下さい:
    • listen_addresses = 「*」
    • escape_string_warning =
    • standard_conforming_strings =。 「見たり#」アクティブであるコマンドのためにこれを取除く必要をためにあなた。



  18. このエントリとの pg_hba.conf ファイルを編集して下さい。 ここでは使用される IP アドレス(x.x.x.x)は CUPS パブの IP アドレスです。 またサブネット マスクが他のスラッシュ(」「/)形式でフォーマットされていて重要サービスが開始しない postgres であることに注目して下さい。

  19. postgressql-9.3 サービスを再開して下さい。

  20. セットアップおよびネットワーク ポリシーに依存、Windows ファイアウォールを同様にディセーブルにする必要があるかもしれません。 さもなければそれは Cisco Unified Presence ノードからの PING 到達可能性をブロックするかもしれません。

  21. この例に示すように管理 ページ CUPS に外部 データベース 情報を追加して下さい。 PostgreSQL サーバの IP アドレスと y.y.y.y を取り替えて下さい。

  22. CUPS 外部 データベースが作成されたら、準拠性 ノード データベースにこのノードを関連付けることを確かめて下さい。 CUPS 管理 ページに行き、メッセージング > 準拠性を選択して下さい。
  23. 準拠性設定で、メッセージ Archiver オプション ボタンをクリックして下さい。

  24. ノード ホスト名に関しては、選択しますドロップダウン リストの作成された外部 データベースを確認して下さい。

    接続がよい場合、テストは下記の正常です。

  25. サービサビリティ/ネットワークサービスからの拡張可能な通信プラットフォーム(XCP)ルータサービスを再開して下さいおよびメッセージ archiver サービスを開始するように試みて下さい。 XCP ルータサービスはネットワーク不稼働時間を求めます。

  26. これらの表は PostgreSQL の「tcmadb」データベースで作成されます。

    を探します。

    すべての準拠性 関連情報は「jm」表で保存されます。

確認

ここでは、設定が正常に動作していることを確認します。

ログインに Windows セッションのための Jabber に試み、次にテキストメッセージに試みて下さい。 これは PostgreSQL の「jm」表にそれを作るメッセージのコピーの原因となります。 入力されるメッセージがアーカイブされる筈である「jm」表からのサンプルはここにあります。

トラブルシューティング

ここでは、設定のトラブルシューティングに役立つ情報について説明します。

これらのログは CUPS 観点からのこの問題を解決して有用です:

  • XCP ルータ
  • XCP メッセージ Archiver

ルートアクセスからしかことができない完了するできる接続テストの例はここにあります。



Document ID: 117735