スイッチ : Cisco Catalyst 6500 シリーズ スイッチ

Datapath キャプチャ設定例のキャプチャ ハードウェア 交換されたパケット

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料は aSupervisor エンジン 2T が装備されている Catalyst 6500 または Catalyst 6880 のフォワーディングエンジンのハードウェア 交換されたパケットをキャプチャ するために方式を記述しユーザにフォワーディング/QoS デシジョンを表示するものです。

: この資料で示されるアプローチは Catalyst 6500/Supervisor 720 またはより古いスーパバイザで利用することができません。

Mariusz Kazmierski および Shashank Singh によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

設定

Datapath キャプチャは Catalyst 6500/Supervisor エンジン 2T のレイヤ3 転送の決定を奪取 する役割がある 6880)組み込みロジック アナライザ モジュール(ELAM) Lamira ASIC にで引き起こされる、半導体素子基づき。 この半導体素子はプラットフォームおよびきちんと ELAM を設定するために必要となる正確な内部 パケットフローの内部アーキテクチャの高度ナレッジなしでパケット転送および QoS 決定プロセスをトラッキングすることを可能にします。 

このキャプチャが収集する情報はハードウェア 決定プロセスを理解するために使用することができます。 収集される情報はまたパケット転送または QoS においての問題があれば更なる分析の Cisco Technical Assistance Center のためのよい入力 データです。

:  フォワーディング出力を生成するために、実質トラフィックが必要となります。 たとえば、トリガーのために定義されるパケットはデバイスをキャプチャを行う間、フローする必要があります。 この方式はデバイスのパフォーマンスに影響を与えないし、テストされたトラフィックストリームに影響を与えません。 

 

パケットキャプチャを設定するためにこの CLI を使用して下さい:

6500#show platform datapath ?
all Packet datapath trace for all features
cos Packet ingress cos
ingress-interface Packet ingress interface (port, subinterface,
service-instance)
last Use data from the last datapath capture
lif Packet ingress LIF from Eureka or shim header
packet-data Packet header data specification
pkt-length Packet length
qos Packet QoS datapath trace
recirc recirculated packet
release-elam Release Elam
slot Forwarding Engine slot
src-index Packet ingress port source index
vty Used for virtual terminal lines
| Output modifiers

最も重要なパラメータについてはこれらの定義を参照して下さい:

  • パケットキャプチャを基本的なフォワーディング、また QoS 転送の決定を(ように 2 つの現在設定されたフロー型)同時にキャプチャ するために設定します。
  • VTY が-コマンドがコンソールから動作するとき)ユーザが Telnet/セキュア シェル(SSH) (によってこれ記録 されれば出力を表示する割り当て必要となりません。
  • リリースelam -前もって設定されたトリガーを取除きます。
  • 入力 インターフェイス/スロット-どのパケット a をキャプチャ されるかのモジュール/インターフェイスの選択を許可します。
  • cos -キャプチャ される パケットの CoS 値を選択することを許可します。
  • pkt 長さはキャプチャ される パケットのサイズを規定 することを可能にします。
  • パケットデータ-キャプチャ される必要があるパケット特性を選択する avery 適用範囲が広い方法を提供します。 

この例はインターフェイス te1/4 で受信されるパケットのためのキャプチャを設定 します。

show platform datapath ingress-interface te1/4

この例はスロット 2.で受信されるパケットのためのキャプチャを設定 します。

show platform datapath slot 2

この例は 5.と等しい COS がある帯をキャプチャ するためにトリガーを設定 します。

show platform datapath cos 5

この例は長く 64 バイトである帯をキャプチャ するためにトリガーを設定 します。

show platform datapath pkt-length 64

この例はまた 0000.0000.0001 の送信元MACアドレスがあるおよび 10.0.0.1 のソース IP を設定 します ACK フラグが設定との IPv4/TCP フレーム キャプチャ するためにトリガーを。 

show platform datapath packet-data ipv4 src-address 10.0.0.1 tcp flags ack l2 
src-mac 0000.0000.0001

ネットワーク図

テストトラフィックは VLAN10 のトランク Te1/4 で受信され、Catalyst 6500 によって VLAN20 にルーティングされ、次にポート Te2/1 の VLAN20 のレシーバに送信 されます。

このシナリオを参照して下さい:

テスト

 

パケットをキャプチャ するために、このコマンドを入力して下さい:

show platform datapath vty all ingress-interface te1/4 packet-data ipv4 
src-address 10.10.0.1

基本パケット フロー

これは 10.10.0.1 のソース IP アドレスのインターフェイス te1/4 に着く設定 し、パケット転送および QoS デシジョンを表示するためにデバイスを頼みます IPv4 パケットにトリガーを。 それがこのコマンドを実行した後、このトラフィックはデバイスに到達し、この出力は生成されます:

Capturing from TenGigabitEthernet1/4 src_index 3[0x3]
_______________________________________________________________
Basic Packet Flow
-----------------
Packet TCP(6)[len=64]R: 10.10.0.1 -> 10.20.0.1
| Ports: 1000 -> 2000 [ACK 0x10] Dscp/Tos 46/0xB8 Ttl 64
| RouterMAC 0013.5f1c.0980 SMAC 0000.0000.1010
| Vlan 10 CoS 5 1q 1
V
Te1/4[3] Ingress Lif 0xA Vlan 10
| ILM 0x6900A Lif_Sel 3 Lif_Base 0x69000
| Cpp_en
V
Ingress ACL: Permit (Default) Lbl_A 1
Features QoS: Mark[16][4] AggPolice Tcam[Bank0][16376] Lbl 1
V
FIB-L3 Key: 10.20.0.1 [No VPN]
| TCAM[30465] Adj 0x24001 dgt 0
V
Adjacency [FIB] L3_Enable Dec_Ttl ADJ[IP][0x24001]
V
EgressLIF 0x14 Vlan 20 IpMtu 1518[17] Base 0x0
V
Egress ACL: Permit (Default)
Features QoS: Default (Tcam_Lkup_Disabled)
V
Rewrite [FIB] L2_RW[0]: 0013.5f1c.0980 -> 0000.0000.1020 Dec_Ttl
| CCC 4
| RIT[0x24001]
V
_______________________________________________________________

 

パケットはキャプチャされるパケットの基本的な特性が、含むレイヤ2 情報(MAC アドレス、VLAN、CoS、IEEE 802.1Q (Dot1Q)をヘッダ、パケットサイズ)含まれています、レイヤ3 情報(IP アドレス、Differentiated Services Code Point (DSCP) /Types、サービス(TOS)の Time To Live (TTL))およびレイヤ4 情報(ポート、フラグ、プロトコル名)。 

出力の他はこれらの説明と転送の決定 データに対応します:

  • あった何がどの ACL/QOS ポリシーでもパケットに適用される影響場合機能(入力/出力) -規定 し、(入力のこの例で、ACL はデフォルトであり、QoS は示して、出力でデフォルト アクションは奪取 されます)。
  • FIB-L3/adjacency/rewrite -奪取 される パケットの転送の決定に対応します。 この例では、エントリ 0x24001 の下で保存される隣接エントリは TTL が減少させる必要があることを示します(Dec_Ttl)。 規定 されるように MAC アドレスに宛先のまた変更が、該当する場合あります。

QoS パケットフロー

QoS Packet Flow
---------------
Packet TCP(6)[len=64]R: 10.10.0.1 -> 10.20.0.1
| Ports: 1000 -> 2000 [ACK 0x10] Dscp/Tos 46/0xB8 Ttl 64
| RouterMAC 0013.5f1c.0980 SMAC 0000.0000.1010
| Vlan 10 CoS 5 1q 1
V
Te1/4[3] Ingress_Lif 0xA Vlan 10 Cos_In 5
| Portmap [Trust Dscp Port_Acos_Id 0 Qos_En 1]
| ILM 0x6900A Lif_Sel 3 Lif_base 0x69000
| Qos_En 1 Plcr_Base 0 L2_Cos_Sel Cos(1)
V
Ingress TCAM_IDX [16376] Label 1
Features TCAM_RSLT: Lo 0x0021100B Hi 0x00002010
| Mrking [Mark(Acos_Sel 4) Acos 16 Mark_En 1]
| AgPlcr [Id 4096 Cfg_Id 1]
V
IFE PL Acos 16 Mark_En RW(01)
| AgPlcr: Id 4096 Cfg 1 Apply 1 Apply_Stats 1 Drop_En 0
| Marking (Excd_Lo 0 Excd_Hi 0)
V
Adjacency RI 3
V
EgressLif Vlan 20
| Qos_En 0 Plcr_Base 0 L2_Cos_Sel Cos(1)
V
Egress Default (QoS Disabled)
Features
V
RIT Cos 2 Acos 16 Dscp/Tos 16/0x40
| CCC L3_REWRITE(4)
V
_______________________________________________________________

デバイスおよびそれによって受信されるパケットに CoS=5 および Dscp=46 があることを参照して下さい。 パケットはパケット(L3_REWRITE)の DSCP データを書き換える操作を用いる CoS=2 および DSCP=16 と送信 されます。 この変更はパケット解説アクティビティ(Mrking Acos=16、Mark_En ID=4096 (AgpPlcr = 4096)のをおよび 1)デフォルト ポリシング機能指す入力 機能によってあります。


それ以上のチェックはトラフィックのポリシングを行なわないこのデフォルト ポリシング機能が、むしろ MAP と呼ばれる policy-map によってされる DSCP=16 の受け取り パケットすべてを転送するがことを明らかにします。

6500#show platform qos ip te1/4
[In] Policy map is MAP [Out] Default.
QoS Summary [IPv4]: (* - shared aggregates, Mod - switch module, E - service instance)
(^ - class-copp keyword)

Int Mod Dir Class-map DSCP Agg Trust Fl AgForward AgPoliced
Id Id
-------------------------------------------------------------------------------
Te1/4 1 In class-defa 16 4096 No 0 25561664 0

: この例は基本パケット フォワーディング シナリオを示したものです。 もっと進められたフローがある場合、これらの特定のシナリオを処理する追加セクション/フィールドは表示する。 

 

確認

現在、この設定に使用できる確認手順はありません。

トラブルシューティング

このセクションでは、設定のトラブルシューティングに役立つ情報を提供します。

アウトプット インタープリタ ツール登録ユーザ専用)は、特定の show コマンドをサポートしています。 show コマンド出力の分析を表示するには、アウトプット インタープリタ ツールを使用してください。

debug コマンドを使用する前に、『debug コマンドの重要な情報』を参照してください。

 

  • (2 つの現在設定されたフロー型ように)パケットキャプチャを基本的なフォワーディング、また QoS 転送の決定を同時にキャプチャ するために設定します
  • VTY が-コマンドがコンソールから動作するとき、ユーザが telnet/ssh (によってこれ記録 されれば出力を表示する割り当て必要となりません)
  • リリースelam -前もって設定されたトリガーを取除きます
  • 入力 インターフェイス/スロット-パケットがキャプチャ される モジュール/インターフェイスの選択を許可します。
  • cos -キャプチャ される パケットの CoS 値を選択することを許可します。
  • pkt 長さはキャプチャ される筈だパケットのサイズを規定 することを可能にします。
  • パケットデータ-キャプチャ される必要があるパケット特性を選択する適用範囲が広い方法を非常に提供します。

関連情報


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 118103