セキュリティ : Cisco E メール セキュリティ アプライアンス

一つのメッセージは複数の検疫に行きつくことができますか。

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

クリス Haag およびスティーブン バイヤーによって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

検疫はメッセージ必要これからの プロセスを保持するための一時メール リポジトリです。

認可された機能によっては Cisco E メール セキュリティ アプライアンス(ESA)は 3 つまでの検疫で最初に設定されます。

  • 発生-ウイルス発生がライセンスキーをフィルタリングする時作成されるウイルス発生フィルターによって使用される検疫は有効に なります。
  • ウイルス-アンチウィルス ライセンスキーが有効に なる時作成されるアンチウィルス エンジンによって使用される検疫。
  • ポリシー-デフォルト検疫(たとえば、可能な確認を必要とするメッセージを保存するのにこれを使用できます)。

メッセージは複数の検疫にさまざまな理由で行きつくことができます。 たとえば、「ポリシー」検疫に攻撃的なマテリアルが含まれているかもしれ、そのフィルタと一致し、ウイルスのためにスキャンすることができない暗号化された添付ファイルがあり、メッセージが受け取られる電子メールこの電子メールは「ウイルス」行きつきます「ポリシー」検疫をに検疫するために作成されるフィルタがあれば。

注: 複数の検疫に常駐するメッセージを支配するポリシーはそのメッセージが常駐する検疫すべてから発表されなかったらメッセージが検疫から提供されないようにしないこと「保守主義者」です。

検疫に関する詳細については、E メール セキュリティ エンドユーザ ガイドを参照して下さい。


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 118182