セキュリティ : Cisco E メール セキュリティ アプライアンス

メッセージ フィルターは Cisco E メール セキュリティ アプライアンス(ESA)スパム検疫にメッセージを転換できますか。

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

目次

質問

メッセージ フィルターは Cisco E メール セキュリティ アプライアンス(ESA)スパム検疫にメッセージを転換できますか。

クリス Haag およびスティーブン バイヤーによって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

ESA スパム検疫のための主な理由がスパムを検疫することの間、何人かの顧客はメッセージ フィルターを使用して検疫にメッセージを送りたいと思う場合もあります。 これはメッセージ フィルターの「挿入ヘッダ」操作に次のヘッダの付加によって達成することができます: X IronPort 検疫

メッセージ例 フィルタ:

divert-to-ISQ:
if (rcpt-to == 'joe@example.com' ) {
insert-header("X-IronPort-Quarantine", "Yes"); }

ことにヘッダ自体であるリダイレクションのために十分注目して下さい、ヘッダー値(Yes、「本当」)が与えることができますが必要となりません。



Document ID: 118199