セキュリティ : Cisco E メール セキュリティ アプライアンス

I whitelist またはブラックリスト個々のユーザは帽子の eメールアドレスによってできますか。

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

質問

I whitelist またはブラックリスト個々のユーザは帽子の eメールアドレスによってできますか。

Jai えらおよびエンリコ Werner によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

環境

Cisco E メール セキュリティ アプライアンス(ESA)、AsyncOS のすべてのバージョン

いいえ、帽子の eメールアドレスによって whitelist またはブラックリスト個々のユーザできません。 帽子レベルで判別される操作は SMTP メッセージ交換が実行される前に発生します。  リモートホストはそれらが「からのメール」かコマンド「への」を rcpt 発行できるポイントに進むことができません。 ポリシーを個々のユーザに適用するために、特別 な ユーザによって基づくポリシーを作成するか、またはコンテンツ フィルタを作成できます。


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 118204