コンテンツ ネットワーキング : 証明書

CER 認証終止および削除

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料は CertExpiryEmergency を受け取るところ Cisco Emergency Responder (CER)における問題を記述したものです: CLI からの認証終止 EMERGENCY_ALARM アラーム メッセージは問題にソリューションを提供し。

William Ryan Bennett、Cisco TAC Engineer

前提条件

要件

Cisco は 9.x によって CER バージョン 2.x の知識があることを推奨します。

さらに、この設定はシステムことを必要とします:

  • Domain Name Server (DNS)設定が含まれていません
  • インストールされる切れることを約ある certifcates および CER サーバを持っています

: システムの IP アドレスはホスト名か IP アドレスを変更した後生成する新しいです再生コマンドを入力する場合重要ではありません。

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は CER バージョン 9.x に基づいています。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

新しい認証を生成して下さい

  1. Operating System (OS) 管理 ページの GUI に行き、セキュリティ > Certificate Management ページを選択して下さい。



  2. 認証のリストを表示するために、Find ボタンをクリックして下さい。



    このスクリーンキャプチャーは tomcat.pem 認証を示し、Validitydate は強調表示されます。 認証が切れることを約あったらこれからのステップを完了して下さい。



  3. 前 ページにナビゲート し、生成する New アイコンをクリックして下さい。 この画面ポップ:



  4. 認証を再生するために、ポップアップウィンドウの新しい『Generate』 をクリック して下さい。 成功 メッセージは認証が再生することをアナウンスするために表示されます。



  5. (IPSec 認証を再生したら) Tomcat またはインターネット プロトコル セキュリティ(IPSec)サービスを再開して下さい。 Tomcat を再起動し、CLI をノードに開き、utils サービス再始動 Cisco Tomcat コマンドを入力するため。 Web ページは新しい認証のダウンロードのためにページがオンラインならプロンプト表示します。

削除期限 の 切れた 認証

認証 削除についての注記:

  • 削除のために設定 される 認証がもはや使用中でし、実際に期限切れではないことを確認して下さい。
  • 削除された後それが保存されないので、認証の情報すべてを常にチェックして下さい。

.pem 拡張を用いる認証すべてを検討し、有効な時刻 範囲の内にすべてであることを確認して下さい。 そうでない場合、削除することができます。

多重サーバがクラスタにある場合、サーバのそれぞれの IP アドレスに行って下さい。 それから、OS 管理者ページの中では、設定セクションにリストされているステップを完了できます。


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 117566