音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unified Communications Manager Express

LPCOR 設定例の CME

2016 年 10 月 28 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料は Cisco Unified Communications Manager Express の制約事項(LPCOR)の論理的なパーティション クラスの使用を記述したものです(CME)。 LPCOR の使用のためのもっとも一般的な原因は公共スイッチ 電話回線網(PSTN)コールの転送または会議からのオンネット コールのまたその逆にも防止です。 

インド(TRAI)の電気通信取締権限は PSTN と VOIPネットワーク間の混合音声トラフィックの制約事項を調整します。 最新の規則は単一 の ネットワーク インフラストラクチャおよび単一電子 Private Automatic Branch eXchange (EPABX)を PSTN および VOIPネットワーク両方に接続することを可能にします。 EPABX は PSTN および VOIPネットワーク両方に接続し、PSTN および IP 専用回線間の論理的なパーティションを使用します。

Diya Mathew によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • Cisco IOS®
  • Cisco Unified CME

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco IOS Release 15.0(1)XA または それ 以降
  • Cisco Unified CME リリース 8.0 またはそれ以降

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。 

背景説明

Cisco Unified CME は異なるグループに論理的にに制約事項の高レベル クラスをサポートし、配分しました PSTN トランク、IP トランク、IP 電話およびアナログ式電話のようなリソースを、可能にします。

個々のリソース グループのための LPCOR ポリシー行列を作成し、LPCOR ポリシーをに受け入れるか、または拒否します他のリソース グループの何れかから起きる呼び出しを定義します。 各リソース グループのための 1 LPCOR ポリシーを定義できます。 デフォルト LPCOR ポリシーはコール ソースとターゲット 宛先間に制限がないことを意味します。

リソースのこれらの型で起きるか、または終わる呼び出しに適用するためにコール制限を定義する LPCOR ポリシーを作成します:

  • アナログ式電話- TRAI 規則は電話が Cisco Unified CME にローカルで登録されている場合アナログ Foreign Exchange Station (FXS)電話が PSTN および VOIPコールを両方受け入れるようにします。 ローカルで接続された電話はあらゆるリソース グループと対応づけられる必要がありません; デフォルト LPCOR ポリシーはこの電話のタイプに適用されます。
  • IP 電話- LPCOR は Skinny Client Control Protocol(SCCP)および Session Initiation Protocol (SIP) IP 電話を両方サポートします。 TRAI 規則は IP Phone が LAN による Cisco Unified CME にローカルで登録されている場合 IP Phone が PSTN および VOIPコールを両方受け入れるようにします。 IP Phone が WAN を通した Cisco Unified CME に登録されている場合、PSTN 呼び出しはリモートIP 電話からブロックする必要があります。

IP Phone が同じローカルかリモート領域からの Cisco Unified CME に常に登録する場合、電話はスタティック LPCOR ポリシーと提供されます。 電話がモービル型 IP Phone で、ローカルおよびリモート領域の間で、エクステンションモビリティ電話または softphone (CIPC)のような移動すれば、LPCOR ポリシーは IP 電話の登録済みのIPアドレスに現在基づいていました動的に提供されます。

 

PSTN はトランキングします-着信 LPCOR リソース グループは音声ポートまたはトランクグループを通した PSTN トランクと関連付けられます。 発信 LPCOR リソース グループはアウトバウンドPOTS ダイヤル ピアで加えられ、これはまた音声ポートかトランクグループに基づいていることができます。

VoIP トランク-着信 VoIP 市外電話はリモート IP アドレスに基づいて LPCOR ポリシーと(H.323 か SIP)次の通り関連付けられます:

  • 着信 H.323 市外電話-前のハブまたは発信ゲートウェイの IP アドレス
  • 着信 SIP 市外電話- (a)発信ゲートウェイの IP アドレスは、(b)着信のヘッダによって最も早いのからのホスト名メッセージを誘います

ホスト名がドメイン名 形式にある場合 IP アドレスに名前を変換するために、DNS クエリは実行された。 VoIP ターゲットの LPCOR ポリシーはアウトバウンド VoIP ダイヤルピアの設定によって判別されます。

設定

ネットワーク図

 

: このセクションで使用されているコマンドの詳細を調べるには、Command Lookup Tool登録ユーザ専用)を使用してください。

2 つの必要条件のこの例を参照して下さい:

PSTN に呼出します 1 IP Phone が(に CME リモート)インターナショナルを作るようにする必要があります。 また 1 つのただアナログ式電話が(に FXS およびローカルによって CME 接続される) PSTN からの着信コールを受け入れるようにたいと思います。

IP Phone ---------- CME ---------- PRI ---------- PSTN

アナログ式電話 ---------- FXS ---------- CME ---------- FXO ---------- PSTN

  1. 許可パッケージのためのパラメータを定義して下さい。
    application

    package auth // Enters package authorization configuration mode
    param passwd-prompt flash:enter_pin.au // Plays an audio prompt requesting the
    caller to enter a valid password

    param max-retries 0 // Specifies number of attempts to re-enter an account or a password

    param user-prompt flash:enter_account.au // Plays an audio prompt requesting the caller
    to enter a valid username

    param term-digit # // Specifies digit for terminating an username or password digit
    collection

    param passwd 12345 // Character string that defines a predefined password for
    authorization. Password digits collection is optional if password digits are predefined
    here

    param abort-digit * // Specifies the digit for aborting username or password digit input

    param max-digits 32. // Maximum number of digits in a username or password. Range:1 - 32
  2. コードおよび PIN のための FAC を強制するために AAA を設定して下さい。
    gw-accounting aaa

    aaa new-model

    aaa authentication login h323 local
    aaa authorization exec h323 local
    aaa authorization network h323 local

    aaa session-id common
  3. ユーザ名 および パスワードを定義して下さい。
    username 1111 password 1111             // for authenticating the username and password.
    These will be taken as the FAC.

    username 2222 password 2222
  4. LPCOR ポリシーを定義して下さい。
    voice lpcor enable: enables LPCOR on CME

    voice lpcor call-block cause <1-180>: (optional) defines the cause code to use when a call
    is blocked due to LPCOR validation failure


    voice lpcor custom: defines LPCOR resource groups in a resource list (just like with COR)
    group 1 ipphone

    group 2 international_out

    group 3 anlphones

    group 4 international_in

     
    voice lpcor policy international_out: create a policy which accepts only calls from/to
    resource groups in it

    accept ipphone fac

    service fac

     
    voice lpcor policy anlphones

    service fac>
  5. デバイス/リソースと LPCOR ポリシーを関連付けて下さい。
    1. 1 IP Phone だけ持っていることの要件を作りますインターナショナルを呼出します PSTN に考慮して下さい:
      1. IP Phone に着信 LPCOR を適用して下さい。
        voice register pool 1 (or ephone 1)

        lpcor type remote                               // IP phone
        registers to CME over WAN

        lpcor incoming ipphone
      2. 直接トランクグループ適用して下さい(または音声ポート)に発信 LPCOR を。
        trunk group Trunk-LPCOR

        lpcor outgoing international_out
      3. 音声ポートにトランクグループを加えて下さい。
        voice-port 0/0/0:23

        trunk-group Trunk-LPCOR
      4. 国際ダイヤルに使用するアウトバウンドダイヤルピアに trunkgroup を与えて下さい。
        dial-peer voice 1 pots

        description **Dial-peer for outbound international dialing**

        destination-pattern 9011T

        trunkgroup Trunk-LPCOR

        forward-digits all

        IP Phone が国際電話のコールを作るように試みるとき CME は電話の着信 LPCOR (IP Phone)がアウトバウンドダイヤルピア(international_out)に割り当てられる発信 LPCOR ポリシーの受け入れられたリストにあるかどうか確認します。

    2. PSTN から着信コールを受信する 1 つのアナログ式電話だけの使用の要件を考慮して下さい。
      1. 受信 FXO ポートに着信 LPCOR を適用して下さい。
        voice-port 1/0/0

        lpcor incoming international_in
      2. アナログ式電話に発信 LPCOR ポリシーを適用して下さい。
        voice-port 0/1/0                                // regular FXS port
        connected to CME

        lpcor outgoing anlphones

        (または)

        ephone 1                                        // FXS phone
        controlled by SCCP

        type anl

        lpcor type local                               // Analog phone
        registers to CME locally

        lpcor outgoing anlphones

コールが外国為替事務所 (FXO) ポート 1/0/0 によって入るとき、CME は FXO ポートの着信 LPCOR (international_in)がに「受け入れる」電話の何れかに割り当てられる発信 LPCOR ポリシーのリストをあるかどうか確認します。

 

確認

ここでは、設定が正常に動作していることを確認します。

特定の show コマンドがアウトプット インタープリタ ツール登録ユーザ専用)でサポートされています。 show コマンド出力の分析を表示するには、アウトプット インタープリタ ツールを使用します。

提示音声 lpcor コマンドは各リソース グループおよびディレクトリ番号によって関連付けられる LPCOR ポリシーを含む LPCOR 呼び出しについての情報および失敗したコールのための統計情報を表示するものです。

Router#show 音声 lpcor ポリシー 1
音声 lpcor ポリシー international_out (2) グループ:
サービス fac は有効に なります
(fac を受け入れて下さい) ipphone (1) グループ
(受け入れて下さい) international_out (2) グループ
(リジェクト) anlphones (3) グループ
(リジェクト) international_in (4) グループ


Router#show 音声 lpcor IP Phone dn
ephone-dn 1 つの第 2001:
ephone 1:
Lpcor 型: remote

Router#show 音声 lpcor 統計情報
失敗呼び出しのための音声 LPCOR 統計情報:
総基本コール: 5
総前方呼び出し: 2
総転送呼び出し: 0
総電話会議: 0
総公園検索呼び出し: 0
全体呼び出しを受信して下さい: 0

トラブルシューティング

現在のところ、この設定に関する特定のトラブルシューティング情報はありません。



Document ID: 117880