コラボレーション : Cisco Unified Intelligence Center

UCCE 株式レポートの CUIC インポートはオブジェクトで否定される選択権限と壊れます

2016 年 10 月 28 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料は規格によって統一されるコンタクトセンター 企業(UCCE)レポートのインポートが新しい Cisco Unified Intelligence Center CUIC)インストールで壊れるとき問題を記述したものです。 問題は通常データ ソースが指す Administrative Workstation (AW)の構造化照会言語 (SQL) データベースで可能性が高い外部 CUIC です。 インポート プロセスは遠端の SQL 設定から影響を受けるべきではないことにそれはようであるかもしれませんがデータ ソースによっておよび SQL でいくつかのチェックを処理するようです。

Nebojsa Zdravkovic によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

問題

データ ソース設定で規定 される SQL でユーザ向けの権限が正しく設定 されない場合、インポートはこのエラーと壊れるかもしれません:

Import could not be completed: 13 reports failed to import. 
For details check the log files.

ログはこれと同じようなメッセージを表示するかもしれません:

Failed to import report '[...]' : The SELECT permission was denied on the 
object '...', database 'co1_hds', schema 'dbo'. <- XMLTransformerImpl.java:2871".

解決策

  1. CUIC データ ソースが指す AW の「Microsoft SQL Server 管理スタジオ」を経営して下さい。 このプログラムが AW でインストールされていない場合、別のマシンからそれを単に実行し、AW SQL に接続できます。
  2. 「オブジェクト エクスプローラーでは」、セキュリティ フォルダを開いて下さい。 行った、かどうかデータ ソース存在に使用するべきユーザがログオンに確認します。 Yes の場合は、ステップ 4.に行って下さい。
  3. 「ログオンのフォルダを右クリックし、『New』 を選択 して下さいログオンを…. New ウィンドウでは、それがほしいと思い、追加するアカウントのための検索。

  4. ログオンに必要なマッピングを割り当てて下さい。
  5. 管理ワークステーション データベース(AWDB) /Historical データ サーバ(HDS)データベースを選択し、セキュリティ フォルダに行って下さい。
  6. ユーザ の フォルダの下で、新規 ユーザを追加し、次にちょうど追加されるユーザを捜して下さい。 ユーザに AWDB および HDS データベース両方の適切な権限を割り当てて下さい。

これは権限においての問題を解決し、インポートは今はたらく必要があります。



Document ID: 117646