音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unified Communications Manager(CallManager)

CUCM SQL クエリ アプリケーションのユーザーとのその共用デバイス 情報

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料はデバイス情報をアプリケーションのユーザーと関連付けられて得るために CLI で実行することができる構造化照会言語 (SQL)クエリを提供したものです。

Cisco TAC エンジニア、Anirudh Mavilakandy 寄稿。

前提条件

要件

Cisco は Cisco Unified Communications Manager (CUCM)のナレッジがあることを推奨します。

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は CUCM バージョン 8.X および それ 以降に基づいていましたり、以前のバージョンのためにはたらくかもしれません。

テーブル

SQL クエリはこれらの表からのデータの使用と形成されます:

  • デバイス-この表は IP 電話のようなデバイス水平な情報が、ゲートウェイ、等含まれています。
  • NumPlan -この表は CUCM で設定されるすべてのパターンについての情報が含まれています。
  • DeviceNumPlanMap -この表はデバイステーブルのデータと NumPlan 表間のマッピングが含まれています。
  • RoutePartition -この表は CUCM で設定されるすべてのパーティションについての情報が含まれています。
  • ApplicationUser -この表はアプリケーションのユーザーについての情報が含まれています。
  • ApplicationUserDeviceMap -この表は ApplicationUser 表のデータとデバイステーブル間のマッピングが含まれています。
  • DirGroup -この表は権限グループについての情報が含まれています。
  • ApplicationUserDirGroupMap -この表は ApplicationUser 表および DirGroup 表でデータ間のマッピングが含まれています。

これらの表についての詳細はそれぞれバージョンのための CUCM データ辞書で見つけることができます。

SQL クエリ

明確にするために、クエリは 1 つのアソシエーションを一度に見つけるために書かれています。

リスト アプリケーションのユーザーおよびデバイス アソシエーション

audm.fkapplicationuser=au.pkid の audm として au 内部加入 applicationuserdevicemap として applicationuser から DeviceDescription としてデバイスとして ApplicationUser として SQL 選定された au.name、d.name、d.description および isstandard を = ' f 内部加入 デバイスように au.name による d.pkid=audm.fkdevice 順序の d 実行して下さい

admin:run sql select au.name as ApplicationUser, d.name as Device, d.description
as DeviceDescription from applicationuser as au inner join
applicationuserdevicemap as audm on audm.fkapplicationuser=au.pkid and isstandard
='f' inner join device as d on d.pkid=audm.fkdevice order by au.name
applicationuser device devicedescription
=============== =============== ============================
Test1 SEP503DE57D7DAC 8501
Test1 SEPA40CC3956C5C Line 1 - 1213; Line 2 - 1212
Test2 CTI1 CTI1

このクエリ リスト サーバのインストールの後で作成されるそれらのアプリケーションのユーザーだけ。 デフォルトは物リストされていないし、これらは isstandard='f 句の使用と取除かれます。 すべてのユーザのリストを入手することは、_and isstandard='f'_句を取除くか、または本当のための「t」に偽のための「f」を変更します。

この例で 2 人のアプリケーションのユーザーがあります:

  • テスト 1 は 2 台の電話によって関連付けられます
  • テスト 2 はコンピュータ テレフォニー インテグレーション (CTI) ルート ポイントによって関連付けられます

: どのフィールドでも情報だけ含むためにフィルタリングすることができます望まれる。 たとえば、デバイスでフィルタリングするため: SEP から始まるデバイス名を用いる電話をリストするために、au.name によってどこで「クエリの、「順序」の直前の端に SEP% のような d.name 追加して下さい。 形式は <column name> が「<value>%」を好むところにです

権限のリスト アプリケーションのユーザーおよびデバイス アソシエーション

audm.fkapplicationuser=au.pkid の audm として au 内部加入 applicationuserdevicemap として applicationuser から PermissionGroup として DeviceDescription としてデバイスとして ApplicationUser として SQL 選定された au.name、d.name、d.description、dg.name および isstandard を = ' f 内部加入 ApplicationUserDirGroupMap ように au.name による d.pkid=audm.fkdevice 順序の d として audgm.fkdirgroup=dg.pkid 内部加入 デバイスの dg として audgm.fkapplicationuser=au.pkid 内部加入 DirGroup の audgm 実行して下さい

applicationuser device          devicedescription            permissiongroup                           
=============== =============== ============================ =========================================
Test1 SEP503DE57D7DAC 8501 Standard CCM Admin Users
Test1 SEPA40CC3956C5C Line 1 - 1213; Line 2 - 1212 Standard CCM Admin Users
Test2 CTI1 CTI1 Standard CTI Allow Control of All Devices
Test2 CTI1 CTI1 Standard CTI Enabled

このクエリ リスト サーバのインストールの後で作成されるそれらのアプリケーションのユーザーだけ。 デフォルトは物リストされていないし、これらは isstandard='f 句の使用によって取除かれます。 すべてのユーザのリストを入手することは、_and isstandard='f'_句を取除くか、または本当のための「t」に偽のための「f」を変更します。

: どのフィールドでも情報だけ含むためにフィルタリングすることができます望まれる。 たとえば、デバイスでフィルタリングするため: SEP から始まるデバイス名を用いる電話をリストするために、クエリの、「au.name による順序」の直前の端にどこで「SEP%」のような d.name 追加して下さい。 形式は <column name> が「<value>%」を好むところにです

デバイスおよびデバイス 関連情報を用いるリスト アプリケーションのユーザー

audm.fkapplicationuser=au.pkid の audm として au 内部加入 applicationuserdevicemap として applicationuser から DevicePool としてパーティションとして DN、rp.name、dp.name および isstandard として DeviceDescription としてデバイスとして ApplicationUser として SQL 選定された au.name を、d.name、d.description、np.dnorpattern = ' dnpm として d.pkid=audm.fkdevice 内部加入 devicenumplanmap の d として f 内部加入 デバイスの au.name によって np.fkroutepartition=rp.pkid 順序の RP としてように np の dnpm.fknumplan = np.pkid 内部加入 routepartition numplan dp.pkid=d.fkdevicepool 内部加入の dp として dnpm.fkdevice = d.pkid 内部加入 devicepool 実行して下さい

applicationuser device          devicedescription            dn   partition   devicepool 
=============== =============== ============================ ==== =========== ==========
Test1 SEP503DE57D7DAC 8501 8501 Internal_PT HQ
Test1 SEPA40CC3956C5C Line 1 - 1213; Line 2 - 1212 1213 Internal_PT HQ
Test1 SEPA40CC3956C5C Line 1 - 1213; Line 2 - 1212 1212 Internal_PT HQ
Test2 CTI1 CTI1 1945 Internal_PT HQ

このクエリは関連するデバイスの Distinguised 名前(DN)がパーティションにあるときアプリケーションのユーザーをリストしません。 物をどれもに含めるためパーティション、
audm.fkapplicationuser=au.pkid の audm として au 内部加入 applicationuserdevicemap として applicationuser から DevicePool として DN、dp.name および isstandard として DeviceDescription としてデバイスとして ApplicationUser として SQL 選定された au.name を、d.name、d.description、np.dnorpattern = ' dnpm として d.pkid=audm.fkdevice 内部加入 devicenumplanmap の d として f 内部加入 デバイスの au.name によってように np の dnpm.fknumplan = np.pkid 順序 numplan dp.pkid=d.fkdevicepool 内部加入の dp として dnpm.fkdevice = d.pkid 内部加入 devicepool 実行して下さい。

このクエリ リスト サーバのインストールの後で作成されるそれらのアプリケーションのユーザーだけ。 デフォルトは物リストされていないし、これらは isstandard='f 句の使用によって取除かれます。 すべてのユーザのリストを入手することは、_and isstandard='f'_句を取除くか、または本当のための「t」に偽のための「f」を変更します。

: どのフィールドでも情報だけ含むためにフィルタリングすることができます望まれる。 たとえば、DN でフィルタリングするためにクエリの、「au.name による順序」の直前の端にどこで '8%' のような np.dnorpattern 追加して下さい。 これは 8.から始まる DN があるすべてのエントリをリストします。 形式は <column name> が「<value>%」を好むところにです デバイスでフィルタリングするため: SEP から始まるデバイス名を用いる電話をリストするために、クエリの、「au.name による順序」の直前の端に「SEP%」のような whered.name を追加して下さい。

権限およびデバイス 関連情報を用いるアプリケーションのユーザーをリストして下さい

audm.fkapplicationuser=au.pkid の audm として au 内部加入 applicationuserdevicemap として applicationuser から PermissionGroup として DevicePool としてパーティションとして DN、rp.name、dp.name、dg.name および isstandard として DeviceDescription としてデバイスとして ApplicationUser として SQL 選定された au.name を、d.name、d.description、np.dnorpattern = ' dnpm として d.pkid=audm.fkdevice 内部加入 devicenumplanmap の d として audgm.fkdirgroup=dg.pkid 内部加入 デバイスの dg として audgm.fkapplicationuser=au.pkid 内部加入 DirGroup の audgm として f 内部加入 ApplicationUserDirGroupMap の au.name によって np.fkroutepartition=rp.pkid 順序の RP としてように np の dnpm.fknumplan = np.pkid 内部加入 routepartition numplan dp.pkid=d.fkdevicepool 内部加入の dp として dnpm.fkdevice = d.pkid 内部加入 devicepool 実行して下さい

applicationuser device          devicedescription            dn   partition   devicepool permissiongroup                           
=============== =============== ============================ ==== =========== ========== =========================================
Test1 SEPA40CC3956C5C Line 1 - 1213; Line 2 - 1212 1213 Internal_PT HQ Standard CCM Admin Users
Test1 SEP503DE57D7DAC 8501 8501 Internal_PT HQ Standard CCM Admin Users
Test1 SEPA40CC3956C5C Line 1 - 1213; Line 2 - 1212 1212 Internal_PT HQ Standard CCM Admin Users
Test2 CTI1 CTI1 1945 Internal_PT HQ Standard CTI Allow Control of All Devices
Test2 CTI1 CTI1 1945 Internal_PT HQ Standard CTI Enabled

このクエリは関連するデバイスの DN がパーティションにあるときアプリケーションのユーザーをリストしません。 物をどれもに含めるためパーティション、
audm.fkapplicationuser=au.pkid の audm として au 内部加入 applicationuserdevicemap として applicationuser から PermissionGroup として DevicePool として DN、dp.name、dg.name および isstandard として DeviceDescription としてデバイスとして ApplicationUser として SQL 選定された au.name を、d.name、d.description、np.dnorpattern = ' dnpm として d.pkid=audm.fkdevice 内部加入 devicenumplanmap の d として audgm.fkdirgroup=dg.pkid 内部加入 デバイスの dg として audgm.fkapplicationuser=au.pkid 内部加入 DirGroup の audgm として f 内部加入 ApplicationUserDirGroupMap の au.name によってように np の dnpm.fknumplan = np.pkid 順序 numplan dp.pkid=d.fkdevicepool 内部加入の dp として dnpm.fkdevice = d.pkid 内部加入 devicepool 実行して下さい

このクエリ リスト サーバのインストールの後で作成されるそれらのアプリケーションのユーザーだけ。 デフォルトは物リストされていないし、これらは isstandard='f 句の使用によって取除かれます。 すべてのユーザのリストを入手することは、_and isstandard='f'_句を取除くか、または本当のための「t」に偽のための「f」を変更します。

: どのフィールドでも情報だけ含むためにフィルタリングすることができます望まれる。 たとえば、DN でフィルタリングするために、クエリの、「au.name による順序」の直前の端にどこで '8%' のような np.dnorpattern 追加して下さい。 これは 8.から始まる DN があるすべてのエントリをリストします。 形式は <column name> が「<value>%」を好むところにです デバイスでフィルタリングするため: SEP から始まるデバイス名を用いる電話をリストするために、au.name によってクエリの、「順序」の直前の端に SEP% のような whered.name を追加して下さい。

権限 グループの権限ロールをリストして下さい

frdgm.fkfunctionrole=fr.pkid の fr として frdgm.fkdirgroup=dg.pkid 内部加入 functionrole の frdgm として dg 内部加入 functionroledirgroupmap として DirGroup から PermissionRole として PermissionGroup として SQL 選定された dg.name を、fr.name 実行して下さい

permissiongroup                                                         permissionrole                                                          
======================================================================= =======================================================================
Standard CCM Super Users Standard CCMADMIN Administration
Standard CCM Super Users Standard SERVICEABILITY Administration
Standard CCM Super Users Standard CCM Admin Users
Standard CCM Super Users Standard Admin Rep Tool Admin
Standard CCM Super Users Standard AXL API Access
Standard CCM Super Users Standard EM Authentication Proxy Rights
Standard CCM Super Users Standard CUReporting
Standard CCM Admin Users Standard CCM Admin Users
Standard CCM Admin Users Standard CUReporting
Standard CCM Read Only Standard CCMADMIN Read Only
Standard CCM Read Only Standard CCM Admin Users
Standard CCM Read Only Standard SERVICEABILITY Read Only
Standard CCM Server Monitoring Standard CCMADMIN Read Only
Standard CCM Server Monitoring Standard SERVICEABILITY
Standard CCM Server Monitoring Standard CCM Admin Users
Standard CCM Server Maintenance Standard CCMADMIN Read Only
Standard CCM Server Maintenance Standard CCM System Management
Standard CCM Server Maintenance Standard CCM Feature Management
Standard CCM Server Maintenance Standard CCM Service Management
Standard CCM Server Maintenance Standard System Service Management
Standard CCM Server Maintenance Standard CCM Admin Users
Standard CCM Phone Administration Standard CCMADMIN Read Only
Standard CCM Phone Administration Standard CCM Phone Management
Standard CCM Phone Administration Standard CCM Admin Users
Standard CCM Gateway Administration Standard CCMADMIN Read Only
Standard CCM Gateway Administration Standard CCM Gateway Management
Standard CCM Gateway Administration Standard CCM Admin Users
Standard CTI Enabled Standard CTI Enabled
Standard CTI Allow Calling Number Modification Standard CTI Allow Calling Number Modification
Standard CTI Allow Call Park Monitoring Standard CTI Allow Call Park Monitoring
Standard CTI Allow Control of All Devices Standard CTI Allow Control of All Devices
Standard CAR Admin Users Standard Admin Rep Tool Admin
Standard EM Authentication Proxy Rights Standard EM Authentication Proxy Rights
Standard CCM End Users Standard CCM End Users
Standard CCM End Users Standard CCMUSER Administration
Standard Packet Sniffer Users Standard Packet Sniffing
Standard Packet Sniffer Users Standard CCM Admin Users
Standard CTI Secure Connection Standard CTI Secure Connection
Standard CTI Allow Reception of SRTP Key Material Standard CTI Allow Reception of SRTP Key Material
Standard TabSync User Standard AXL API Access
Standard CTI Allow Call Monitoring Standard CTI Allow Call Monitoring
Standard CTI Allow Call Recording Standard CTI Allow Call Recording
Standard RealtimeAndTraceCollection Standard RealtimeAndTraceCollection
Standard Audit Users Standard Audit Log Administration
Standard CTI Allow Control of Phones supporting Connected Xfer and conf Standard CTI Allow Control of Phones supporting Connected Xfer and conf
Standard CTI Allow Control of Phones supporting Rollover Mode Standard CTI Allow Control of Phones supporting Rollover Mode
AXL_User Standard AXL API Access

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 117780