Analytics and Automation Software : Cisco Data Virtualization

Linux Microsoft Access データベース接続および内省手順の CIS

2016 年 10 月 28 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料に Linux プラットフォームでインストールされている Cisco インフォメーション・サーバー(CIS)からのデータベース内省を行うためにカスタム アダプターで Microsoft Access データベースを接続する方法を記述されています。

アニル Prabhu によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

背景説明

あるシナリオでは、Microsoft Access データベースのデータベース内省を行いたいと思うかもしれません。 Linuxシステムで動作する CIS のための Microsoft Access アダプタがないので、カスタム アダプターとしてサード パーティ Java DataBase Connectivity (JDBC) ドライバをインストールして下さい。

: この資料の例は HXTT アクセス純粋な Java JDBC (1.2、2.0、3.0、4.0、4.1、4.2) MS Access 資料でのためのドライバ提供されるアダプタを使用します。

HXTT JDBC アダプタをインストールして下さい

Linuxシステムで動作する CIS で Microsoft Access のための HXTT JDBC アダプタをインストールするためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. ディレクトリを作成して下さい: > Composite_Software > CIS_6.1.0 > CONF > アダプタ > カスタム > hxtt は選択します

  2. ディレクトリに Access_JDBC40.jar ファイルをコピーして下さい:



  3. データ ソースを『New』 をクリック し、アダプタを『New』 をクリック し、この情報を入力して下さい:



  4. 新しいデータ ソースを作成し、Advanced タブにナビゲート し、この JDBC 接続 ストリングを入力して下さい:



  5. 基本的なタブにナビゲート し、認証 Domain フィールドで擬似値を入力して下さい。 値が入らない場合、CIS はフィールドが空のままになったこと知らせます。



  6. 接続をするために JDBC ストリングが使用することができることを確認するために接続を『Test』 をクリック して下さい:



  7. データ ソース内省を行って下さい。


Document ID: 117755