Analytics and Automation Software : Cisco Data Virtualization

CIS WSDL 認証無力プロシージャ

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料に Cisco インフォメーション・サーバー(CIS)で送達される Web サービスの Web サービス記述言語(WSDL)のための認証をディセーブルにする方法を記述されています。

Suresh Kumar Venkatesan によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

背景説明

レガシー Web サービスのための CIS バージョン 6.2 では、WSDL URL はこの形式を使用します:

http://host:port/services/ <Webservice_Name> か。wsdl

次に例を示します。

http://localhost:9400/services/LegacyWS?wsdl

認証をディセーブルにして下さい

Info タブの WSDL アクセス Property フィールドの CIS スタジオでは送達された Web サービスを開くとき、そして、WSDL のための基本的な認証をディセーブルにすることができます。

新しい合成 Web サービスに関しては、WSDL は認証を必要としません。 認証はポリシー > Security > システム > Http 基本Authentication.xml のようなセキュリティポリシーに Web サービスを呼び出すときだけ実施された依存です


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 117772