Analytics and Automation Software : Cisco Data Virtualization

データ 仮想化 サービスのための CIS ユーザ ドメイン名 仕様

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

データ 仮想化(DV)サービスへの接続がなされるときだけクライアントログイン プロンプトがユーザ名 および パスワードのための入力を提供するところ資料に webservice または ODATA のような Cisco インフォメーション・サーバー(CIS)かと直面する問題を解決する方法を記述されています。

スコア Shao によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は CIS バージョン v6.2 に基づいています。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

問題

合成 Web サービスにログイン し、ユーザ ドメイン名を規定 したいと思いますが、デフォルト複合ドメインにありません。 通常このシナリオは CIS の認証されたローカル ディレクトリアクセスプロトコル(LDAP)ユーザとして作れば要求を見つけられます、および LDAP を利用するために CIS で設定されるカスタム ドメインに属します。

問題はユーザインターフェイス(UI)がユーザおよびパスワードのためにだけフィールドを提供することです。

解決策

UI の HTTP認証 トークン、WS セキュリティ ユーザネーム トークン、または Username フィールドでは、この形式のユーザ名を入力できます:

user@<your domain name>

たとえば、myldap と指名される合成 LDAP ドメインからの bsmith と名前を挙げられるユーザが Web Service 要求をするとき、ユーザ名は bsmith@myldap として入力する必要があります。


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 118036