Analytics and Automation Software : Cisco Data Virtualization

CIS 更新済 CJP ファイル配備手順

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料は Cisco インフォメーション・サーバー(CIS)のためのカスタム Java プロシージャ(CJP)をサポートする CIS 再始動なしで更新されたファイルを配置するために完了する必要があるステップを記述したものです。 通常、これはファイルをリロードするために CIS の再始動が要求しますいくつかの環境で CIS 再始動はポリシーによって禁止されるかもしれません。

Suresh Kumar Venkatesan によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

更新されたファイルを配置して下さい

Microsoft 以外の Windows プラットフォームに関しては、更新されたファイルを配置するために使用できる 2 つのオプションがあります。

最初デプロイメントオプション

更新されたファイルを配置するためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. サーバはまだ動作するが、更新済 .jar ファイルのインストールの .jar ファイルを上書きして下さい。

  2. 宣言された CJP データ ソースでは、リソースを右クリックし、『Add/Remove』 を選択 して下さい。 

  3. リソースの最高 レベルでノードのためのチェックボックスのチェックを外して下さい。

  4. リソース ツリーを拡張して下さい。

    : これは抑制されたチェックマークとして現われるかもしれないチェックボックスを再確認します。

  5. [Finish] をクリックします。

  6. Reintrospect CJP データ ソース。

  7. 新しい .jar ファイルはロードする必要があります。

第 2 デプロイメントオプション

更新されたファイルを配置するためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. サーバはまだ動作するが、更新済 .jar ファイルのインストールの .jar ファイルを上書きして下さい。

  2. 1 つの領域を CJP データ ソースの URL フィールドの終わりに入れ、次に取除いて下さい。 これは編集モードにデータ ソースを置きます。

  3. 次に CJP データ ソースおよび reintrospect をそれ保存して下さい。 これは .jar ファイルおよび含まれていたクラスをリロードする必要があります。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 118057