Analytics and Automation Software : Cisco Data Virtualization

CIS SQL 構文展開プロシージャ

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料に、限られた状況で、どのように強制しますそれを元々サポートするデータ ソースにある特定の SQL 機能を受け入れ、押すために Cisco インフォメーション・サーバー(CIS)構造化照会言語 (SQL) パーサーを記述されています。

スコア Shao によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

前提条件

要件

このドキュメントに関する固有の要件はありません。

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は CIS バージョン v6.1 および v6.2 に基づいています。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

背景説明

時々 CIS プロシージャかビューで、サード パーティ データ ソース ベンダーによって SQL 構文を使用したいと思うサポートされるが、かもしれませんでしたり CIS SQL スクリプト言語によってサポートされません。

通常データ ソースに対して SQL 文を入れるとき、CIS SQL サポートに制限 されます。 ただし、CIS がサポートをエミュレートするためにサポートすれば SQL 機能は必要と単に一致するが、データ ソース ベンダーによって SUBSTR のような別のキーワードと表されます、vs 部分文字列、試み作ることができます。

CIS の SQL 構文を拡張して下さい

CIS の SQL 構文を拡張するために完了する必要がある 2 つのステップがあります次の セクションに説明がある。

新しいカスタム 機能を作成して下さい

New キーワードのサポート可能性をエミュレートするために、解析の間にクエリーの New キーワードを解読することを可能にする合成物の新しいカスタム 機能を作成して下さい。 SUBSTR に関しては、これはまたはスカラー パラメータ 奪取 する完了し、1 つのスカラー出力パラメータが入力としてゼロ丁度あります SQL スクリプトの保存された手順の作成と。

プロシージャが作成された後、Administration > カスタム 機能 メニューにナビゲート し、カスタム 機能としてプロシージャを有効に して下さい。 次に例を示します。

PROCEDURE SUBSTR(IN str VARCHAR, IN offset INTEGER, IN len INTEGER, OUT newstr VARCHAR)
BEGIN
SET newstr = SUBSTRING(str, offset, len);END

機能を修正して下さい

機能を修正するために、適切な(最新の修正)データ ソース機能ファイルにナビゲート し、そのソースのためのマッピングを追加して下さい。 新しい SUBSTR 機能のための例はここにあります:

SUBSTR(~string,~whole_number): SUBSTR($1, $2)
SUBSTR(~string,~whole_number,~whole_number): SUBSTR($1, $2, $3)

修正された機能ファイルをリロードするためにサーバを再起動して下さい。 SUBSTR への SQL 参照は今受け入れる必要があります。



Document ID: 118033