Analytics and Automation Software : Cisco Data Virtualization

CIS 残り Web Service 要求作成

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料に Cisco インフォメーション・サーバー(CIS)で送達され、JavaScript オブジェクト 表示法(JSON)形式の応答を返す描写的な状態転送(他) Web サービスをテストする方法を記述されています。

スコア Shao によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

Web Service 要求を形成して下さい

この資料は JSON フォーマットされた応答を返す CIS 他 Web サービスになされるポストコールの例を提供したものです。 クライアント ツールに URL および要求の本体を提供して下さい。

クライアント ツール URL を判別して下さい

クライアント ツールのための URL を判別するためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. スタジオでは、Web サービスを開いて下さい。

  2. ウィンドウの下部のにあるタブを選択して下さい。

  3. オペレーション カラムで、実際の Web サービス操作を選択して下さい。

  4. クライアント ツールが関係しているエンドポイント URL の 1 つを選択して下さい。

要求の本体を構成して下さい

要求の本体を構成するためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. スタジオの他ページから、サービス カラムの下で JSON パッケージ名を探して下さい。

  2. パラメーターの列の適切な入力パラメータを選択して下さい。

  3. 示されているように要素の名前を、収集して下さい:

    {「<your json パッケージ name>.<your 要素 name>」: 「<your 入力 value>」}

Web Service 要求例

このセクションは wserv2 と指名される Web サービスの Web サービスとしてサンプル プロシージャ(/shared/examples/LookupProduct)を送達する例を記述します。 という値を入力する要求の本体および URL はここにあります:

  • URL: http://localhost:9400/json/wserv2/LookupProduct

  • 要求の本体: {"wserv2.LookupProductDesiredproduct":"1"}


Document ID: 117775