Analytics and Automation Software : Cisco Data Virtualization

CIS 他データ ソースからの JSON に表の形式変換

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料は Cisco インフォメーション・サーバー(CIS)内のテーブル の フォーマットに JavaScript オブジェクト 表示法(JSON)定様式 データをトランスフォームするために使用する基本的な手順を記述したものです。

Sadia アリによって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

データをトランスフォームして下さい

描写的な状態転送(他)データ ソースは JSON または XML 形式の Web サービスからデータを取得します。 データが JSON 形式にあり、テーブル の フォーマットに得ることができる場合 JSON データは XML 形式に変換することができます。 それから CIS のテーブル の フォーマットにそれを変換するために拡張可能なスタイルシート言語(XSL)トランスフォーマーを使用して下さい。

テーブル の フォーマットに他データ ソースからの JSON フォーマットされたデータをトランスフォームするためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. 少くともバージョン 6.2.3.00.22 パッチにスタジオを、アップグレードして下さい。 これは XSL 変換(XSLT)プロシージャのためのスキーマを得ることもっと簡単にする例によって表の出力に出力される JSON をマッピング することができるように新しい機能を、設計提供します。

  2. 他データ ソースを作成するとき、JSON 形式 チェックボックスをチェックして下さい:



    : 次 の ステップはデータ ソース作成完了するの間にまたはその後ことができます。


  3. 既に他データ ソースを作成した場合、パネルからのヘッダおよび本文パラメータ 定義を見つけ、現在のパラメーター定義すべてを取除き、保存して下さい。

  4. 例によって設計をクリックして下さい。 既に作成されたら、オペレーション ビューに行って下さい。



  5. リストの最後の行である可能性が高い選択し『OK』 をクリック して下さい JSON 構造の最上位要素を。



  6. パラメータに名前をつけ、『SAVE』 をクリック して下さい。



    これはデータ ソース リソースで表示できること設定 される XML スキーマ定義を作成します。



    これはまた XSL トランスフォーマーがそれを処理できるように XML に出力される JSON をトランスフォームします。 XSLT プロシージャで使用される構造を示すオペレーションを開き、出力構造を表示して下さい。



  7. XML 形式に JSON 出力をトランスフォームするためにオペレーションを実行して下さい。



  8. 新しい XSLT を(> 変換 > XSLT 変換新しい)作成し、他データ ソース オペレーションに結合 して下さい。



  9. 表形式のデータでほしいと思い、XSLT を実行するカラムを選択して下さい。


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 117768