Analytics and Automation Software : Cisco Data Virtualization

Sybase 識別エラーメッセージ トラブルシューティングのための CIS 文字 制限

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料に Cisco インフォメーション・サーバー(CIS)で表示するエラーメッセージを解決する方法を記述されています。

Suresh Kumar Venkatesan によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

問題

CIS を問い合わせるときこのエラーメッセージを受け取ります:

The identifier that starts with 'RPT_ACCOUNTS_DATA_EXTERNAL_R'
is too long. Maximum length is 28

解決策

Sybase の表かカラム名 識別子 長さを処理できるようにこのエラーを解決するために、CIS 設定を調節して下さい。 情報を使用して下さいこのエラーを解決するためにこのセクションで提供される。

原因

デフォルトで、CIS は識別を常に引用します。 ただし、Sybase ある特定のリリースに識別用の 30 文字の制限が、テーブル名、この制限に対してチェックされたとき名前の一部とみなされるカラム名および引用符のようなあります。 従って、引用符が使用されるとき、しか 28 文字を規定なできます。 Sybase リリースの最大長制限をサポートするために、CIS が引用符なしで識別を送信 します区切られた識別子を取除いて下さい。

: 区切られた識別子は取除かれるとき、ドットが含まれている識別の使用を妨げます(。)または領域、および識別は使用する Sybaseデータベースの大文字と小文字の区別に続きます。

一時解決

テーブル名 RPT_ACCOUNTS_DATA_EXTERNAL_R がそれのまわりで二重引用符を取除くには余りにも長いので、できます; ただし、これは短期固定です。

テーブル名をラップし、2 つの余分文字を可能にするのに使用するデリミタ引用符を取除くためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. <CIS_INSTALL_DIRECTORY> > アプリケーション > dlm > cis_ds_sybase > CONF は > sybase-<highest number>.capabilities ナビゲート します。

  2. コメントこれら二つの行:
    jdbcds.table_delimited_identifier_opening_char: "

    jdbcds.table_delimited_identifier_closing_char: "
  3. CIS を再起動し、クエリを再度試みて下さい。

: これらの手動はファイルが機能にただテストするか、または解決するとき別のパッチを加えるかが、移行するか、またはアップグレードする失われたり、完了し易いとき編集します。

常置解決

より多くのパーマネント修正に関しては、Cisco はこのセクションに説明があるステップを完了することを推奨します、前のセクションに説明がある解決の永久保存形式をもっと提供する。

: このセクションの情報は Sybase アダプタによって使用されます。

このエラーを解決するには、次の手順を実行します。

  1. <CIS_INSTALL_DIRECTORY> > CONF > アダプタ > システム > sybase* > sybase*_values.xml はナビゲート します

  2. XML ファイルにこれらのタグを追加して下さい:

    : XML ファイルの主要なコメントアウトされした本文の外のタグを追加するようにして下さい。

    <ns455:attribute xmlns:ns455=" <http://www.compositesw.com/services/system/util
     /common> http://www.compositesw.com/services/system/util/common">
     <ns455:name>/custom/jdbcds.table_delimited_identifier_closing_char</ns455:name>
     <ns455:type>STRING</ns455:type>
     <ns455:value/>
     <ns455:configID>jdbcds.table_delimited_identifier_closing_char</ns455:configID>
    </ns455:attribute>

    <ns456:attribute xmlns:ns456=" <http://www.compositesw.com/services/system/util
     /common> http://www.compositesw.com/services/system/util/common">
     <ns456:name>/custom/jdbcds.table_delimited_identifier_opening_char</ns456:name>
     <ns456:type>STRING</ns456:type>
     <ns456:value/>
     <ns456:configID>jdbcds.table_delimited_identifier_opening_char</ns456:configID>
    </ns456:attribute>
  3. 更新済 values.xml ファイルを使用すれば、変更が有効であるように CIS を再起動して下さい。

: この例では、使用する名前空間名は 455 および 456、しかしシステムで異なるかもしれませんです。 これらの変更は何もにそれらの値を設定 します。

ヒント: 選択する場合、Cisco Technical Assistance Center (TAC)が付いているサポート チケットを開くことができます。 それから、ので .car ファイル データ ソース アダプタをエクスポートできましたりまたは sybase*_values.xml ファイルを送信 し、あなたのための XML ファイルへの変更を行います。


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 117771