コラボレーション : Cisco Computer Telephony Integration Option

自動的に切り詰められる CTIOS クライアントは最小に なります

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

の間に開始する最小に ならないようにこの資料にエージェント ワークステーションで切り詰められるコンピュータ テレフォニー インテグレーション オブジェクト サーバ(CTIOS)クライアントを設定する方法を記述されています。 

著者:Anuj Bhatia、Cisco TAC エンジニア。

問題

エージェント 始動が始動からの CTIOS クライアント、クライアント ツール アップし、自動的に最小に なる時。 ツールを起動させ、次に資格情報を入力するためにタスク バーからの CTIOS クライアントのアイコンをクリックしなければなりません。 この動作はバージョン 9.x および 10.x で大抵見られます。

次に例を示します。

  1. ワークステーションで、始動メニューから CTIOS クライアントを選択して下さい。

  1. クライアントはサーバに接続しますが、プログラムは最小に なります。 エージェントはタスク バー 始動のアイコンをクライアント クリックし、次にログインしなければなりません。

解決策

問題は切り詰められる CTIOS クライアントとデフォルト実行オプションが最小に なる設定されるところにあります。 それを訂正するために、これらのステップを完了して下さい:

  1. 始動メニューから、プロパティにアクセスするために切り詰められるエージェントデスクトップを右クリックして下さい。
  2. からの正常なウィンドウ実行プロパティを強調表示されるように最小に される修正し、『OK』 をクリック して下さい。

  1. ショートカットからデスクトップを起動させて下さい。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 117648