Analytics and Automation Software : Cisco Data Virtualization

キャッシュ ターゲットへのネイティブ ロードのための CIS バッファ ファイルサイズ変更プロシージャ

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料にキャッシュ パフォーマンスを調整するために Cisco インフォメーション・サーバー(CIS)の各バッファ ファイルでバッファリングすることができるレコード 番号を設定する方法を記述されています。 ネイティブ ロード オプションが Netezza および Vertica のようなデータ ソースにキャッシュするために使用されるとき内部で 原始 データはネイティブ一括読み込みツールでキャッシュ対象テーブルにロードされるファイルに最初にバッファリングされます。

Suresh Kumar Venkatesan によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

ヒント: 詳細については Cisco 情報 サーバユーザ ユーザーズ ガイドCIS キャッシング章の CIS ネイティブ ロード パフォーマンス オプション セクションを使用することを参照して下さい。

バッファ フラッシュしきい値 パラメータを変えて下さい

ネイティブか一括読み込みとキャッシングを使用するときキャッシュ ターゲット データ ソースに、Vertica および Netezza のようなロードされるバルクであるバッファ ファイル(TEMPファイル)のサイズを制御できます。 デフォルトは 10,000 のレコードのようです。 ただし、このイメージに示すようにバッファ フラッシュしきい値 パラメータのバッチ サイズを、変えることができます:

これはデータ初期設定する コンフィギュレーションアイテムですが、ネイティブ キャッシュのために使用する同じローダーを使用します。


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 118038