IP : Integrated Intermediate System-to-Intermediate System(IS-IS)

Clns filter-set 設定例の ATT ビット フィルタリング

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料は付加ビット(ATT ビット)をフィルタリングするために設定例を提供したものです。 ネットワークでルーティング プロトコルとして Intermediate System-to-Intermediate System(IS-IS)を使用する時、レベル 1 (L1)/Level 2 つは(L2)ルータ(R2) L1 リンク状態パケット(LSP 設定 します)の ATT ビットを。 L1/L2 ルータは ATT ビットを自動的に設定 します。 ATT ビットの目的はエリア間ルーティングを実現することです。 L1/L2 ルータは複数のエリアに接続されるとき、L1 LSP の ATT ビットを設定 します。 複数の L1/L2 ルータが存在 する場合、L1 のルータは最も近い L1/L2 ルータを選択します。

場合によっては ATT ビットを常に設定 することは L1/L2 ルータが好ましくないかもしれません。 たとえば、Network Diagram セクションで示されているトポロジーで R2 は L1/L2 ルータです。 それは 2 つの個別の領域の L2 隣接関係を- 49.0003 および 49.0004 形成します。 示されている、エリア 49.0003 の ISP へしか接続があります。 エリア 49.0003 への接続がダウンしているとき R2 に L1 LSP の ATT ビットを設定 してほしくないです。 デフォルトの動作はエリア 49.0003 の接続を失う時でさえ R2 が ATT ビットを設定 し続けることです。 これはそれが今でも L1/L2 ルータであり、複数のエリアのピアリングがあるという理由によります。 この資料は方法の設定例をそれの ATT ビットの設定からの L1/L2 ルータ(R2)をフィルタリングするです L1 LSP 提供したものです。

: 49.0001 と 49.0004 間の通信に関しては、ATT ビットがない時 L1 ドメインに L2 ルーティングを再配布する必要があります。

Narendra Naukwal によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

前提条件

要件

Cisco は IS-IS のナレッジがあることを推奨します。 コネクションレス型ネットワーク サービス (CLNS)ルーティングはグローバルにおよび必要なインターフェイスの下で有効に する必要があります。 Clns filter-set を使用し、それ故に Clns routing は有効に ならなければなりません。

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

設定

ネットワーク図

簡単なトポロジーはここに示されています。 要件は一度それによってがエリア 49.0003 への接続ダウン状態になるであることを ATT ビットを設定 することを L1/L2 (R2)ルータが必要としないことです。

要件

基本 IS-IS はトポロジーによって既に設定されています。 ネットワーク要求は約 49.0003 を知らない場合 R2 がもはや L1 データベースの ATT ビットを設定 する必要がないことです(バックボーンエリア)。

デフォルト動作

R2 は L1/L2 ルータで、複数のエリア ルータとのピアリングがあります。

R2#show isis neighbors
Tag 1:
System Id      Type Interface   IP Address      State Holdtime Circuit Id
R1             L1   Et0/0      10.1.2.1        UP      29      R2.01
R3             L2   Et0/1      10.2.3.3        UP       7      R3.01
R4             L2   Et0/2      10.2.4.4        UP       9      R4.01

トポロジーでは、R2 は L1/L2 ルータであるので ATT ビットを設定 し、R1 (49.0001) エリアにデフォルト ルートを提供します。

これは R2 L1 データベースで見られる場合があります。

R2#show isis database level-1
Tag 1:
IS-IS Level-1 Link State Database:
LSPID                 LSP Seq Num  LSP Checksum  LSP Holdtime      ATT/P/OL
R1.00-00              0x0000000D      0x99B7        1178             0/0/0
R2.00-00            * 0x00000016      0x3274        1190             1/0/0  <<<<< ATTach
bit Set.
R2.01-00            * 0x00000008      0xE4BF        1181             0/0/0

R2 と R3 間のインターフェイスが使用不能になる場合、R2 はバックボーンエリアに接続できないし、要件によってそれ故に L1 LSP データベースの ATT ビットをアドバタイズしてはなりません。

!
R2(config)#int eth 0/1
R2(config-if)#shutdown
!

R3 (Eth0/1)の方のインターフェイスは使用不能になった後、R3 ともはやピアリングしません。

R2#show isis neighbors
Tag 1:
System Id      Type Interface   IP Address      State Holdtime Circuit Id
R1              L1   Et0/0       10.1.2.1         UP    21         R2.01
R4              L2   Et0/2       10.2.4.4         UP    9         R4.01

ただし、R2 はまだ ATT ビットをアドバタイズし、R1 はまだ R2 によってデフォルト ルートを受け取ります。 これはこのネットワーク トポロジで望ましくないです。

R2#show isis database level-1
Tag 1:
IS-IS Level-1 Link State Database:
LSPID                 LSP Seq Num  LSP Checksum  LSP Holdtime      ATT/P/OL
R1.00-00              0x0000000D      0x99B7         974             0/0/0
R2.00-00            * 0x00000017      0x76D5       1188             1/0/0   <<< ATTach
bit still set !
R2.01-00            * 0x00000008      0xE4BF         977             0/0/0
R1#show ip route 0.0.0.0
Routing entry for 0.0.0.0/0, supernet
  Known via "isis", distance 115, metric 10, candidate default path, type level-1
  Redistributing via isis 1
  Last update from 10.1.2.2 on Ethernet0/0, 00:29:20 ago
  Routing Descriptor Blocks:
  * 10.1.2.2, from 10.2.4.2, 00:29:20 ago, via Ethernet0/0
      Route metric is 10, traffic share count is 1

前例で示されているように、デフォルトの動作はネットワーク要求に関して望ましくないです。 R2 (R3 への接続)バックアップのインターフェイス Eth0/1 を持って来て下さい。 CLNS feature-set と IS-IS ATT ビット フィルタリングを使用できるときここにあります。

Clns routing 設定

Clns routing を設定するために、これらのステップを完了して下さい:

  1. Clns routing をグローバルに 有効に して下さい:
    !
    R1(config)#clns routing
    R2(config)#clns routing
    R3(config)#clns routing
    R4(config)#clns routing
    !
  2. すべての IS-IS 使用可能なインターフェイスの Clns routing を有効に して下さい。
    R1(config-if)#clns router isis 1   <<< Here, 1 is the IS-IS tag.

CLNS 確認

CLNS が設定されたら、R2 が CLNS ルートについて学ぶかどうか確認して下さい。

R2#show clns route

C  49.0001.0000.0000.2222.00 [1/0], Local IS-IS NET
C  49.0001 [2/0], Local IS-IS Area

i  49.0003 [110/10]
      via R3, Ethernet0/1
i  49.0004 [110/10]
      via R4, Ethernet0/2

ATT ビット フィルター構成

ATT ビット フィルタリングを設定するために、これらのステップを完了して下さい:

  1. CLNS フィルタセットを作成して下さい。
    !
    clns filter-set ATT-BIT permit 49.0003
    !
  2. ルート マップを作成して下さい。
    !
    route-map ATT permit 10
     match clns address ATT-BIT
    !
  3. R2 の IS-ISプロセスの下でルート マップを設定して下さい。
    !router isis 1

    set-attached-bit route-map ATT
    !

確認

ここでは、設定が正常に動作していることを確認します。

特定の show コマンドがアウトプット インタープリタ ツール登録ユーザ専用)でサポートされています。 show コマンド出力の分析を表示するには、アウトプット インタープリタ ツールを使用します。

この設定によって、49.0003 への CLNS ルートが失われる場合 L1/L2 ルータ R2 は L1 データベースの ATT ビットを設定 してはなりません。

バックボーンへの接続がある時、R2 で存在 する 49.0002 への CLNS ルート。

R2#show clns route 49.0003
Routing entry for 49.0003
  Known via "isis 1", distance 110, metric 10, Dynamic Entry
  Routing Descriptor Blocks:
   via R3, Ethernet0/1
     isis 1, route metric is 10, route version is 22

存在 する CLNS ルートが R2 ATT ビットを設定 する必要があるので:

R2#show isis database level-1
Tag 1:
IS-IS Level-1 Link State Database:
LSPID                 LSP Seq Num  LSP Checksum  LSP Holdtime      ATT/P/OL
R1.00-00              0x0000000B   0x9DB5        815               0/0/0
R2.00-00            * 0x00000012   0x3A70        954               1/0/0
R2.01-00            * 0x00000007   0xE6BE        950               0/0/0
R4.00-00              0x00000003   0x7201        0 (756)           0/0/0
R4.01-00              0x00000002   0x6D06        0 (676)           0/0/0

R2 と R3 間のインターフェイスをシャットダウンして下さい。

R2#show clns route 49.0002

Routing entry for 49.0002

  Known via "isis 1", distance 110, metric 10, Dynamic Entry

  Routing Descriptor Blocks:

   via R3, Ethernet0/1, (Interface down), (Adjacency down)   <<<<<< Interface goes Down

     isis 1, route metric is 10, route version is 23 (Aging out: 23/24)   <<< The route
is aging out

タイムアウトの後で、ルートは Clns routing 表にありません。

R2#show clns route 49.0002
R2#

R2 のデータベースをチェックして下さい。

R2#show isis database l1

Tag 1:

IS-IS Level-1 Link State Database:

LSPID                 LSP Seq Num  LSP Checksum  LSP Holdtime      ATT/P/OL

R2.00-00            * 0x00000017   0xD6A7           1133              0/0/0  <<<< ATT
bit not set.

R2.01-00            * 0x0000000E   0x79C9            901              0/0/0

R1.00-00              0x00000010   0xF74D            592              0/0/0

データベースに見られるように、R2 はそれが今でも L1/L2 ルータであるのに ATT ビットを設定 しません。

R1#show ip route 0.0.0.0
% Network not in table

これは必要条件によって ATT ビットをフィルタリングできる 1 つの方法です。

トラブルシューティング

現在のところ、この設定に関する特定のトラブルシューティング情報はありません。



Document ID: 118280