ルータ : Cisco ASR 9000 シリーズ アグリゲーション サービス ルータ

ASR 単一 シャーシ 移行 nV エッジ システム構成例

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料にネットワーク 仮想化(nV)エッジ システムに 2 人の Cisco 集約 サービス ルータ(ASR)を 9000 の(9K)単一 シャーシ システム移行する方法を記述されています。

アーロン Foss、Sakthi Saravanan Malli Somanathan、およびサム Milstead によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

前提条件

要件

2 人のルータを一緒にクラスタ化するために、満たす必要があるいくつかの必要条件があります。

ソフトウェア

Cisco IOS ® XR リリース 4.2.1 またはそれ以降がなければなりません。

: nV エッジ ソフトウェアは小型パッケージに統合されています。

ハードウェア

Chassis:

  • ASR 9006 およびリリース 4.2.1 で開始した 9010
  • リリース 4.3.0 で開始した ASR 9001 サポート
  • リリース 4.3.1 で開始した 9922 サポートおよび ASR 9001-S
  • リリース 5.1.1 で開始した ASR 9904 および 9912 サポート

: 同一のシャーシ型は nV エッジに使用する必要があります。

Line Card (LC)および Route Switch Processor (RSP):

  • 9006/9010/9904 のための二重 RSP440
  • 9912/9922 のための二重 Route Processor (RP)
  • 9001/9001-S のための単一 RSP
  • Typhoon ベースの LC か SPA インターフェイス プロセッサ(SIP)-700

: RSP-4G、RSP-8G、Trident ベースの LC、統合サービス モジュール(ISM)、および仮想化されたサービス モジュール(VSM)はサポートされません

: Typhoon ベースの LC だけ相互ラック リンク(IRL)リンクをサポートできます。

制御リンク(帯域からのイーサネットは(EOBC) /Cluster ポートを制御します)サポートされた光カード:

  • Pluggabble (SFP)小さい形式要素- GE-S、リリース 4.2.1
  • GLC-SX-MMD、リリース 4.3.0
  • GLC-LH-SMD、リリース 4.3.0

データ・リンク/IRL は光カードをサポートしました:

  • 光カードは LC サポートによってありますサポートします
  • リリース 4.2.1 で開始する 10G IRL はそれをサポートします
  • リリース 5.1.1 で開始する 40G IRL はそれをサポートします
  • リリース 5.1.1 で開始する 100G IRL はそれをサポートします

: 1G IRL サポートがありません。

Cisco ASR 9000 トランシーバ モジュールを- LC 光カード サポートのためのラインカード サポート データシート参照して下さい。

: IRL mixed-mode はサポートされません; すべての IRLs は同じ速度である必要があります。

使用するコンポーネント

この資料の例は XR リリース 4.2.3 を実行する RSP440 の 2 人の 9006 人のルータに基づいています。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

移行例

用語

IRLs はクラスタの 2 人のルータ間のデータ平面接続です。

制御リンクか EOBC ポートは 2 人のルータ間のコントロール プレーン接続です。

ネットワーク図

: 制御リンクはここに示されているように相互接続されます。

9001 のために、10G EOBC リンクとしてその 2 つのクラスタ ポートが(グリーンで描写される)機能しますあります。 どの 10G ポートでも内蔵 SFP+ ポート(ブルーで描写される)または 10G ポートを含む IRL リンクのためにのためにモジュラーポートアダプタ(MPA)で使用することができます。

移行

: ステップ 10.までの制御リンクをケーブル接続しません。

  1. 両方のルータ(4.2.1) リリースの望ましい XR ソフトウェア リリースへの Turboboot かアップグレードの最小。

  2. XR ソフトウェアがソフトウェアメンテナンス アップグレード(SMUs)、またシステム内プログラム可能なデバイス(FPD)ファームウェアと最新であることを確認して下さい。

  3. 各シャーシのシリアル番号を判別して下さい。 後の手順でこの情報を必要とします。

    RP/0/RSP0/CPU0:ASR9006#admin show inventory chass
    NAME: "chassis ASR-9006-AC-E", DESCR: "ASR 9006 AC Chassis with PEM Version 2"
    PID: ASR-9006-AC-V2, VID: V01, SN: FOX1613G35U


  4. ラック 1ただ、rom-monitor ブートモードを使用するためにルータ 設定登録値を設定して下さい。

    admin config-register boot-mode rom-monitor location all


  5. 電源遮断のラック 1。

  6. ラック 0 で、各ルータからのステップ 3 で得られるクラスタ シリアル番号を設定して下さい:

    admin 
    config
    nv edge control serial FOX1613G35U rack 0
    nv edge control serial FOX1611GQ5H rack 1
    commit


  7. ラック 0 をリロードして下さい。

  8. ラック 1 の電源は RSP 0 および RSP 両方 1.にこれらのコマンドを適用し。

    unset CLUSTER_RACK_ID 
    unset CLUSTER_NO_BOOT
    unset BOOT
    confreg 0x2102
    sync


  9. 電源遮断のラック 1。

  10. Network Diagram セクションの図に示すように制御リンク ケーブルを接続して下さい。

  11. ラック 1.の電源。

    ラックの RSP ラック 0 からのパッケージおよびファイルの 1 つの同期化すべて。

    Expected output on Rack 1 during boot up

    Cisco IOS XR Software for the Cisco XR ASR9K, Version 4.2.3
    Copyright (c) 2013 by Cisco Systems, Inc.
    Aug 16 17:15:16.903 : Install (Node Preparation): Initializing VS Distributor...
    Media storage device /harddisk: was repaired. Check fsck log at
    /harddisk:/chkfs_repair.log
    Could not connect to /dev/chan/dsc/cluster_inv_chan:
    Aug 16 17:15:42.759 : Local port RSP1 / 12 Remote port RSP1 /
    12 UDLD-Bidirectional
    Aug 16 17:15:42.794 : Lport 12 on RSP1[Priority 2] is selected active
    Aug 16 17:15:42.812 : Local port RSP1 / 13 Remote port RSP0 /
    13 UDLD-Bidirectional
    Aug 16 17:15:42.847 : Lport 13 on RSP1[Priority 1] is selected active
    Aug 16 17:16:01.787 : Lport 12 on RSP0[Priority 0] is selected active
    Aug 16 17:16:20.823 : Install (Node Preparation): Install device root from dSC
    is /disk0/
    Aug 16 17:16:20.830 : Install (Node Preparation): Trying device disk0:
    Aug 16 17:16:20.841 : Install (Node Preparation): Checking size of device disk0:
    Aug 16 17:16:20.843 : Install (Node Preparation): OK
    Aug 16 17:16:20.844 : Install (Node Preparation): Cleaning packages on device disk0:
    Aug 16 17:16:20.844 : Install (Node Preparation): Please wait...
    Aug 16 17:17:42.839 : Install (Node Preparation): Complete
    Aug 16 17:17:42.840 : Install (Node Preparation): Checking free space on disk0:
    Aug 16 17:17:42.841 : Install (Node Preparation): OK
    Aug 16 17:17:42.842 : Install (Node Preparation): Starting package and meta-data sync
    Aug 16 17:17:42.846 : Install (Node Preparation): Syncing package/meta-data contents:
    /disk0/asr9k-9000v-nV-px-4.2.3
    Aug 16 17:17:42.847 : Install (Node Preparation): Please wait...
    Aug 16 17:18:42.301 : Install (Node Preparation): Completed syncing:
    /disk0/asr9k-9000v-nV-px-4.2.3
    Aug 16 17:18:42.302 : Install (Node Preparation): Syncing package/meta-data contents:
    /disk0/asr9k-9000v-nV-supp-4.2.3
    Aug 16 17:18:42.302 : Install (Node Preparation): Please wait...
    Aug 16 17:19:43.340 : Install (Node Preparation): Completed syncing:
    /disk0/asr9k-9000v-nV-supp-4.2.3
    Aug 16 17:19:43.341 : Install (Node Preparation): Syncing package/meta-data contents:
    /disk0/asr9k-px-4.2.3.CSCuh52959-1.0.0
    Aug 16 17:19:43.341 : Install (Node Preparation): Please wait...
    Aug 16 17:20:42.501 : Install (Node Preparation): Completed syncing:
    /disk0/asr9k-px-4.2.3.CSCuh52959-1.0.0
    Aug 16 17:20:42.502 : Install (Node Preparation): Syncing package/meta-data contents:
    /disk0/iosxr-routing-4.2.3.CSCuh52959-1.0.0


  12. ラック 0 (dSC)からの nV エッジポートでデータ・リンク ポートを設定して下さい:

    interface TenGigE0/0/1/3
    nv
    edge
    interface
    !
    interface TenGigE1/0/0/3
    nv
    edge
    interface
    !
    interface TenGigE0/1/1/3
    nv
    edge
    interface
    !
    interface TenGigE1/1/0/3
    nv
    edge
    interface
    interface TenGigE0/2/1/3
    nv
    edge
    interface
    !
    interface TenGigE1/2/0/3
    nv
    edge
    interface
    !
    interface TenGigE0/3/1/3
    nv
    edge
    interface
    !
    interface TenGigE1/3/0/3
    nv
    edge
    interface

確認

  1. データ平面を確認して下さい:

    show nv edge data forwarding location all
    <Snippet>
    -----------------node0_RSP0_CPU0------------------

    nV Edge Data interfaces in forwarding state: 4

    TenGigE0_0_1_3                  <-->  TenGigE1_0_0_3                
    TenGigE0_1_1_3                  <-->  TenGigE1_1_0_3              
    TenGigE0_2_1_3                  <-->  TenGigE1_2_0_3               
    TenGigE0_3_1_3                 <-->  TenGigE1_3_0_3                    
    <Snippet>


    この出力では、IRLs は FORWARDING 状態にあるはずです。
  2. コントロール プレーンを確認して下さい:

    show nv edge control control-link-protocols location 0/RSP0/CPU0
    <Snippet>
    Port enable administrative configuration setting: Enabled
    Port enable operational state: Enabled
    Current bidirectional state: Bidirectional
    Current operational state: Advertisement - Single neighbor detected
    Priority lPort             Remote_lPort      UDLD STP
    ======== =====             ============      ==== ========
    0        0/RSP0/CPU0/0     1/RSP0/CPU0/0    UP   Forwarding
    1        0/RSP0/CPU0/1     1/RSP1/CPU0/1     UP   Blocking  
    2        0/RSP1/CPU0/0     1/RSP1/CPU0/0     UP   On Partner RSP
    3        0/RSP1/CPU0/1     1/RSP0/CPU0/1     UP   On Partner RSP


    この出力から、現在の双方向状態は双方向であり、ポートの 1 つだけは FORWARDING 状態にあるはずです。

  3. クラスタ ステータスを確認して下さい:

    RP/0/RSP0/CPU0:ASR9006#admin show dsc
    ---------------------------------------------------------
               Node  (     Seq)     Role       Serial State
    ---------------------------------------------------------
    0/RSP0/CPU0  (       0)   ACTIVE  FOX1613G35U PRIMARY-DSC
        0/RSP1/CPU0  (10610954)  STANDBY  FOX1613G35U NON-DSC
        1/RSP0/CPU0  (  453339)  STANDBY  FOX1611GQ5H NON-DSC
        1/RSP1/CPU0  (10610865)   ACTIVE  FOX1611GQ5H BACKUP-DSC


    このコマンドはシステムのすべての RSP のための dSC (相互ラック)ステータスおよび冗長性ロール両方(内部ラック)を表示するものです。

    この例にこれらがあります:

    • ラック 0 の RSP0 はラックのためのプライマリdSC およびアクティブアクティブ RSP です
    • ラック 0 の RSP1 はラックのための非dSC およびスタンバイ RSP です
    • ラック 1 の RSP0 はラックのための非dSC およびスタンバイ RSP です
    • ラック 1 の RSP1 はラックのためのバックアップdSC およびアクティブアクティブ RSP です


    : dSC ロールはシステムで、一度される必要がありなさいタスクの実行に設定を適用するか、またはインストール アクティビティを行うときだけ使用されます。



    : ラックおよび RSP があったかによってどの状態に起動した決まるかどの RSP があるか。

オプションの最適化

リンク 集約 グループ(ラグ)及び Bridge Virtual Interface (BVI)最適化

システム MAC アドレス プール

レイヤ2 中断を防ぐために、システム MAC アドレス プールを手動で設定することができます。 プライマリ ラック失敗がある場合、この追加手順は論理的なラグ バンドルか BVI インターフェイスが同じ MAC アドレスと通信し続け、アクティブなラック MAC アドレス プールからの新しいものを生成しないようにします。

  1. プライマリ ラック デフォルト ダイナミックプールからの MACアドレス範囲を識別して下さい:
    RP/0/RSP0/CPU0:ASR9006#admin show ethernet mac-allocation detail 
    Minimum pool size: Unlimited
    Pool increment: 0
    Maximum free addresses: Unlimited
    Configured pool size: 0 (0 free)
    Dynamic pool size: 1286 (1241 free)
    Total pool size: 1286 (1241 free)
    Number of clients: 1
    Configured pools:
    Dynamic pools:
    6c9c.ed3e.24d8 - 6c9c.ed3e.29dd
  2. クラスタのための論理的な MAC アドレス プールを手動で設定して下さい。 前の手順のコマンド 出力からの同じダイナミック MAC アドレスを使用できます。 プール範囲は 1286 アドレスです:
    admin
    configure
    ethernet mac-allocation pool base 6c9c.ed3e.24d8 range 1286
  3. フェールオーバーの間にフラッピング ラグ リンクからバンドル マネージャプロセスを防ぐために非表示フラップ遅延を適用して下さい。
    Int bundle-ether 1
    lacp switchover suppress-flaps 15000

スタティック MAC ピンで止めること

IOS XR ソフトウェア バージョンを先に使用するバージョン 5.1.1 よりシステムに手動で クラスタ システム MAC アドレス プール機能を定義するオプションがありません。 Cisco はこれらの配備のためのシステムおよびインターフェイスのMACアドレスを手動で設定することを推奨します。

  1. 使用中である MAC アドレスを識別して下さい:
    show lacp system-id 
    show int bundle-ether 1
    show interface BVI 1
  2. MAC アドレスを手動で設定して下さい。 前の手順でコマンド 出力からの同じ MAC アドレスを使用する必要があります。
    lacp system mac 8478.ac2c.7805 
    !
    interface bundle-ether 1
    mac-address 8478.ac2c.7804
  3. フェールオーバーの間にフラッピング ラグ リンクからバンドル マネージャプロセスを防ぐために非表示フラップ遅延を適用して下さい。
    Int bundle-ether 1
    lacp switchover suppress-flaps 15000

レイヤ3 等コスト多重通路(ECMP)最適化

  1. 双方向フォワーディング検出(BFD)および速やかな収束のための Non-Stop Forwarding (NSF)

    router isis LAB
    nsf cisco
    !
    interface TenGigE0/0/1/1
      bfd minimum-interval 50
      bfd multiplier 3
      bfd fast-detect ipv4
    !
    interface TenGigE1/0/1/1
      bfd minimum-interval 50
     bfd multiplier 3
      bfd fast-detect ipv4


  2. 速やかな収束のためのループ フリー代替 Fast ReRoute (LFA-FRR)

    Routing Information Base (RIB)が再収束できる前に Cisco Express Forwarding (CEF) 表を変更するために更にフェールオーバー 状況のトラフィック損失を減らすのに LFA-FRR を使用できます。

    router isis Cluster-L3VPN
    <snip>
    interface Loopback0
    address-family ipv4 unicast
    !
    !
    interface TenGigE0/1/0/5
    address-family ipv4 unicast
       fast-reroute per-link 


    : LFA-FRR は ECMP パスを使用できます- ECMP リストの 1 パスは ECMP リストの他のパスをバックアップできます。

nV IRL しきい値 モニタ

転送のために一定のしきい値を利用可能 な残る IRL リンクの数が下回る場合、IRLs は混雑されるようになり、相互ラック トラフィックを廃棄しますかもしれません。

トラフィック ドロップかトラフィック ブラックホールを防ぐために、3 つの予防処置の 1 つはとる必要があります。

  • バックアップdSC のすべてのインターフェイスをシャットダウンして下さい。
  • 選択したインターフェイスをシャットダウンして下さい。
  • 特定のラックのすべてのインターフェイスをシャットダウンして下さい。
RP/0/RSP0/CPU0:ios(admin-config)#nv edge data minimum <minimum threshold> ?
backup-rack-interfaces   Disable ALL interfaces on backup-DSC rack
selected-interfaces   Disable only interfaces with nv edge min-disable config
specific-rack-interfaces   Disable ALL interfaces on a specific rack

バックアップ ラック インターフェイス 設定

この設定によって、IRLs の数が設定される最小 しきい値を下回ればどのシャーシがホストするバックアップ DSC RSP のインターフェイスすべてはシャットダウンされます。

: バックアップ DSC RSP はシャーシのどちらかである場合もあります。

選択したインターフェイス 設定

この設定によって、IRLs の数が設定される最小 しきい値を下回れば明示的にダウンするために設定されるラックの何れかのインターフェイスはシャットダウンされます。

そのようなイベントのために選択されるインターフェイスはこの設定によって明示的に設定することができます:

interface gigabitEthernet 0/1/1/0
nv edge min-disable

仕様ラック インターフェイス 設定

この設定を使って、IRLs の数が設定される最小 しきい値を下回れば規定 された ラックのインターフェイスすべて(0 はまたは 1)シャットダウンされます。

デフォルト設定

デフォルト 設定は設定の等量 nv エッジ データ バックアップ ラック インターフェイス最小 1 のです。 これは FORWARDING 状態の IRLs の数が 1 を(少なくとも 1 フォワーディング IRL)下回る場合ことを意味します、どのラックがバックアップ DSC を得るシャットダウンされてもらうインターフェイスすべての。 そのラックのすべてのトラフィックは転送されることを止めます。

一般的なエラー

このセクションは nV エッジが展開されるとき表示するよくある エラーメッセージをカバーします。

EOBC エラー

PLATFORM-DSC_CTRL-3-MULTIPLE_PRIMARY_DSC_NODES : Primary DSC state declared
by 2 nodes: 0/RSP1/CPU0 1/RSP0/CPU0 . Local state is BACKUP-DSC

このメッセージは EOBC ポートのサポートされていない SFP によって引き起こされます。 これはまた 2 人のルータの組合わせを誤まられた FPD ファームウェアのバージョンによって引き起こすことができます。 FPDs が移行前にアップグレードされることを確かめて下さい。

PLATFORM-CE_SWITCH-6-BADSFP : Front panel nV Edge Control Port 0 has unsupported
SFP plugged in. Port is disabled, please plug in Cisco support 1Gig SFP for port
to be enabled

サポートされていない視覚が挿入される場合このメッセージが現れます。 視覚は視覚サポートされた EOBC Cisco と取り替える必要があります。

Front Panel port 0 error disabled because of UDLD uni directional forwarding.
If the cause of the underlying media error has been corrected, issue this CLI
to being it up again. clear nv edge control switch error 0 <location> <location>
is the location (rsp) where this error originated

特定のコントロール イーサネット リンクにエラーがあり、余りに頻繁にフラップすればこのメッセージが現れます。 これが起こる場合、このポートは無効で、制御リンク パケット転送のために使用されません。

PLATFORM-CE_SWITCH-6-UPDN : Interface 12 (SFP+_00_10GE) is up
PLATFORM-CE_SWITCH-6-UPDN : Interface 12 (SFP+_00_10GE) is down

これらのメッセージが時はいつでもコントロール プレーン リンク 物理的 な ステート の 変化現れます。 これはデータ ポート up/down 通知に類似したです。 RSP がリロードするか、または起動するまたこれらのメッセージが現れます。 これらのメッセージは正常な動作の間に期待されません。

IRL エラー

PLATFORM-NVEDGE_DATA-3-ERROR_DISABLE : Interface 0x40001c0 has been uni
directional for 10 seconds, this might be a transient condition if a card
bootup / oir etc.. is happening and will get corrected automatically without
any action. If its a real error, then the IRL will not be available fo forwarding
inter-rack data and will be missing in the output of show nv edge data
forwarding cli

ブートアップで、このメッセージは見られるかもしれません。 規則的な本番では、これは IRL が相互ラック データを転送するために利用できないことを意味します。 インターフェイスを判別するために、提示 im データベース ifhandle <interface handle> コマンドを入力して下さい。 リンクは 10 秒毎にアップするまで単方向リンク検出 (UDLD)を再起動します。

PLATFORM-NVEDGE_DATA-6-IRL_1SLOT : 3 Inter Rack Links configured all on one slot.
Recommended to spread across at least two slots for better resiliency

IRL リンクすべては同じ LC にあります。 復元力に関しては、IRLs は少なくとも 2 LC で設定する必要があります。

INFO: %d %d スロットで設定される内側ラック リンク。 最大を渡ってよりよい管理性およびトラブルシューティングのための 5 つのスロットを広げることを推奨される

システムの IRLs の総数(最大は 16) 2 から 5 LC を渡って広がるために推奨されます。

PLATFORM-NVEDGE_DATA-6-ONE_IRL : Only one Inter Rack Link is configured. For
Inter Rack Link resiliency, recommendation is to have at least two links spread
across at least two slots

復元力原因で設定される少なくとも 2 つの IRL リンクがあることを推奨します。

関連情報


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 117642