ルータ : Cisco ASR 9000 シリーズ アグリゲーション サービス ルータ

ASR 9000 QoS オフロード 設定例

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料に Cisco 9000 シリーズ設定する方法を集約されたサービス ルータ(ASR9K)プラットフォームの Quality of Service (QoS) オフロード 機能を記述されています。 機能の目的、アプリケーションおよび制限はまた記述されています。

マーク・サンチェス Jr.、デイヴィッド電源およびサミュエル Milstead によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

要件

この設定を試みる前にシステムがこれらの必要条件を満たすことを確認して下さい:

  • 特定の衛星ハードウェアのための 1 つの両方の衛星パッケージ インストール エンベロープ(円)がインストールされ、アクティブになる:

    • asr9k-asr9000v-nV-px.pie-5.1.1

    • asr9k-asr901-nV-px.pie-5.1.2

  • サテライトはソフトウェアおよびシステム内プログラム可能なデバイス(FPDs)をアップデートしたにちがいありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • ASR-9000v のための ASR9K の Cisco IOS ® XR バージョン 5.1.1。

  • ASR-901 のための ASR9K の Cisco IOS XR バージョン 5.1.2。

: ASR-903 の QoS オフロード 機能は現時点で公式のサポートを提供されません。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

背景説明

QoS オフロード 外観

衛星と ASR9K (一般的に 10 Gbps)間の内部シャーシ リンク(ICL)は容易に衛星のアクセスインターフェイス自体によって飽和されるようになることができます。 QoS オフロード 機能は実際のサテライトで輻輳の時 ICL の重大なデータの損失を防ぐためにハードウェアの QoS 機能を(ASR9K ホストに反対される)提供します。

QoS オフロード 機能は次のイメージのダッシュで結ばれる赤い矢印によって表示されるように衛星アクセス ポートからの ASR9K に方向の輻輳から ICL 上のトラフィックを、保護するために導入されました。 この概念は QoS 実装を設計するときいくつかの制限およびヘルプの理解を助けます。

QoS オフロードのための重要 な プロセス

このセクションは QoS オフロードのために使用する 2 つの重要 な プロセスを説明します。

インタフェース コントロール平らなエクステンダー(icpe_cpm)プロセス

インタフェース コントロール平面エクステンダー(ICPE)プロセスは衛星ディスカバリおよびコントロール(SDAC)プロトコルを管理します、ASR9K ホストとサテライト間の通信 チャネルを提供する。

QoS Policy Manager (qos_ma)プロセス

QoS Policy Manager プロセスはこれらの操作を行います:

  • Route Switch Processor (RSP)でデータベースでクラスマップおよびポリシーマップを確認し、保存します。

  • サービス ポリシー マッピングに衛星インターフェイスのデータベースを維持。

  • 定期的にオフロードされたサービス ポリシーのための衛星ボックスから QoS 統計情報を収集します。

  • コントロール・プレーン インターフェイスがあるすべてのノードで、RSP およびラインカード両方(LC)を含むために動作します。

設定

ASR9K の QoS オフロード 機能を設定するためにこのセクションを使用して下さい。

QoS は設定をオフロードします

このダイアグラムはサービス ポリシーがインストールされている位置のビジュアル表現として動作します:

衛星アクセスインターフェイス

衛星アクセスインターフェイスの設定例はここにあります:

interface GigabitEthernet200/0/0/1
service-policy output NQoSOff_Out 
service-policy input NQoSOff_In 
nv
  service-policy input ACCESS

: ASR9K ICL インターフェイスから衛星アクセスインターフェイス(1)に送信される、衛星アクセスインターフェイス(1)から ASR9K で届く入力 NQoSOff_In は非 QoS トラフィックを示しますサービス ポリシー 出力 NQoSOff_Out は非 QoS オフロード トラフィックを示し。 また、サービスポリシー入力 アクセスは QoS オフロード トラフィックを示します PC (2)から衛星アクセスインターフェイスで届く。

ICL インターフェイス

ICL インターフェイスの設定例はここにあります:

interface TenGigE0/0/0/1
service-policy output NOT_SUPPORTED
service-policy input NOT_SUPPORTED

nv
  satellite-fabric-link network
   redundancy
    iccp-group 1
   !
   satellite 200
    service-policy output ICL_OFFLOAD
   remote-ports GigabitEthernet 0/0/1-2

: サービス ポリシー 出力および入力はこのインターフェイスのための NOT_SUPPORTED です; 次の セクションを参照し、慎重に設計して下さい。 また、サテライト ICL から ASR9K (3)に送られるサービス ポリシー 出力 ICL_OFFLOAD は QoS オフロード トラフィックを示します。

ICL 加入超過

QoS サービス ポリシーは ICL インターフェイス(非 QoS オフロード)で直接サポートされません。 従って、注意はサテライト ICL インターフェイスをオーバーサブスクライブしないように奪取 する必要があります。 このセクションは ICL 加入超過を防ぐために使用する 2 つのメソッドを提供します。 最初の方式は輻輳が可能性のあるではないように各 ICL のためのアクセスインターフェイスの数を制限します。 第 2 方式は各アクセスインターフェイスにすべてのシェーパーの合計が ICL の帯域幅を超過しないようにシェーパーを加えます。

各 ICL のための制限する アクセスインターフェイス

衛星の 15 の 1 Gbps 接続を(15 Gbps トラフィックの可能性のために)輻輳の間にパケット破棄なしでサポートするために、2 つの別々の 10 Gbps ICL リンクは設定する必要があります。 第 2 10 Gbps ICL 接続への 1 つの 10 Gbps ICL 接続に最初の 10 の 1 Gbps 衛星アクセスインターフェイス、および次の 5 つの 1 Gbps 衛星アクセスインターフェイスをマッピング して下さい。 他の組み合わせは各 10 Gbps ICL にマッピング される アクセスインターフェイスの数が 10 を超過しない限り可能性のあるです。

次に設定例を示します。

interface TenGigE0/0/0/1
description ICL_LINK_1_FOR_SAT100
nv
satellite-fabric-link network
satellite 100
  remote-ports GigabitEthernet 0/0/0-9
!
interface TenGigE0/0/0/2
description ICL_LINK_2_FOR_SAT100
nv
satellite-fabric-link network
satellite 100
remote-ports GigabitEthernet 0/0/10-14

アクセスインターフェイスのシェーパーを加えて下さい

第 2 方式はたとえば)にシェーパーを直接各々の衛星アクセスインターフェイス(加入超過を防ぐために使用するサテライトに ICL を渡る複数の回線レートの伝達を防ぐために GigE100/0/0/9 加えることです。 たとえば、単一 10 Gbps ICL と 500-Mbps シェーパーが GigabitEthernet 20 の衛星インターフェイスに加えられれば、そして 10 Gbps より多く(ICL を横断することに 500Mb X は 20)なっています。

次に設定例を示します。

interface TenGigE0/0/0/1
nv
satellite-fabric-link network
satellite 100
  remote-ports GigabitEthernet 0/0/0-19
!
interface GigE100/0/0/0 (For all Gi100/0/0/0-19)
service-policy output 500MBPS_SHAPE

: 完全な Modular QoS CLI (MQC) 機能性は ASR9K ホストの仮想 な エンティティである衛星アクセスインターフェイスで非 QoS オフロードに提供されます。

ICL 上の Control plane traffic を保護して下さい

このセクションは ICL を横断するように衛星アクセスインターフェイスで受信されたネットワーク control plane traffic を保護する設定例の輪郭を描きます。 これはこれが堪能どのようにのである可能性があるかデモです:

Satellite Access Interface Config:
class-map match-any routing
 match precedence 6

policy-map Protect_NCP
 class routing
  set qos-group 4
 !
 class class-default
  set qos-group 0

interface Gi100/0/0/1
description Satellite Access Interface
service-policy input Protect_NCP
 
ICL Interface Config:
class-map match-any qos-group-4
 match qos-group 4

policy-map ICL-Policy
 class qos-group-4
  bandwidth remaining percent 5
 !
 class class-default
  bandwidth remaining percent 90

interface TenGigE0/0/0/1
description Satellite ICL
nv
  satellite-fabric-link network
   redundancy
    iccp-group 1
   !
   satellite 100
    service-policy output ICL-Policy

以前のコンフィギュレーション例では、「Protect_NCP」policy-map は 6 の IP 優先順位のすべてのパケットを一致する、内部 QoS グループ 4.にグループ化します。 それが QoS グループ 4.のための class-map の設定済みの帯域幅 予約によって ASR9K ホストの方の ICL の出力、それそれから保護されればそれから。

注意: QoS グループはサテライトおよび ASR9K ホストにローカルな重要性があるただパケットの ToS バイトのない実際のマーキング、むしろ内部 マーキングですが。

重要: QoS オフロードを使用するとき QoS グループだけ 1、2、4、および 5 ユーザが定義します。 QoS Group 3、6 つ、および 7 つは nV サテライトに根本的な機能性のために予約済み、仕様で、決して使用するべきではありません。 QoS グループ 0 は class-default トラフィックのために予約済みです。

QoS オフロード 制限

 このセクションは QoS オフロード 機能の制限を記述します。

サービス ポリシー 配置制限

QoS オフロードは設定されている ASR9K ホストの方の衛星アクセス ポートの方向からの QoS 機能を提供するためです。 次のような配置制限は適用されます:

  • QoS サービス ポリシーはオフロードまたは非オフロードのための ASR9K ICL インターフェイスに直接置くことができません

  • 出力(出力)サービス ポリシーはアクティブなホストに直面するサテライト ICL インターフェイスの QoS オフロードのためにだけサポートされます。

  • 入力(入力)サービス ポリシーはトラフィックのための衛星アクセス ポート インターフェイスまたはバンドルの QoS オフロードのためにだけサポートされます衛星アクセスインターフェイスかバンドルで直接受け取られる。 バンドルの場合に、QoS ポリシーはリンクごとの基礎の各メンバーでインストールされています。

  • オフロードされたサービス ポリシーはサブインターフェイスに適用することができません。

サポートされた QoS オフロード機能

サポートされた QoS オフロード機能は Cisco ASR 9000 シリーズ 集約 サービス ルータ モジュラー クオリティオブサービス コンフィギュレーション ガイドQoS オフロード セクションのためのサポートされたプラットフォーム別の情報、リリース 5.1.x 文書化されています

: 現在 簡易ネットワーク管理プロトコル(SNMP)関連の QoS オフロード統計情報のためのサポートがありません。

衛星アクセスインターフェイスの非 QoS オフロード 制限

このセクションは衛星アクセスインターフェイスの非 QoS オフロード 制限を記述します。

サービス ポリシー 配置制限

次のようなサービス ポリシー 配置制限は衛星アクセスインターフェイスの非 QoS オフロードに適用されます:

  • 入力および出力 サービス ポリシーは実際のアクセス ポート 設定(ない nv)の下で適用します。 これらのポリシーはオフロードされないし、ASR9K からのサテライトへのネットワークに置かれる前にパケットはキューに入ります。

  • QoS サービス ポリシーはオフロードまたは非オフロードのための ASR9K ICL インターフェイスに直接置くことができません。

サービス ポリシー トポロジー制限

ハブ・アンド・スポーク トポロジーに関しては、トライ レベル(祖父母、親および子) QoS ポリシーはサポートされます。 より新しいトポロジーに関しては、リングおよびレイヤ2 (L2)ファブリックは、二重レベル QoS ポリシーだけサポートされます。

確認

QoS オフロード 設定がきちんと機能することを確認するためにこのセクションを使用して下さい。

アウトプット インタープリタ ツール登録ユーザ専用)は、特定の show コマンドをサポートしています。 show コマンド出力の分析を表示するには、アウトプット インタープリタ ツールを使用してください。

 

QoS はサテライトのポリシー インストールをオフロードします

オフロードされた QoS ポリシーのための衛星ハードウェアに正しくインストールされていたかどうか確認するために nv 衛星オプションの show qos ステータス interface コマンドを入力して下さい。 コマンド 出力のステータスがアクティブを示す場合、オフロードされた QoS ポリシーのインストールは正常です。 出力のステータスが非アクティブを示す場合、種類の失敗があります。

失敗が発生する場合、頻繁に実際の ICL リンクに問題があります、またはオフロードを試みる QoS ポリシーは ASR9K ホストが実行する電流 IOS XR ソフトウェア バージョン、それで実際のサテライトでサポートされないかもしれませんサポートされます。 詳細についてはこの資料のサポートされた QoS オフロード機能セクションを参照して下さい。

コマンド 出力のステータスが進行中の状態を示す場合、衛星 接続が失われたことを示します。 アクティブと非アクティブ間のこの中間 状態では、QoS ポリシーは正常にオフロードされませんでした。

正常なオフロードおよび壊れるオフロードを示す 2 つの出力例はここにあります:

OUTPUT:
RP/0/RSP0/CPU0:ASR9001#show qos status interface gig 0/0/0/0 nv satellite 100
Wed Apr 16 23:50:46.575 UTC
GigabitEthernet0/0/0/0 direction input: Service Policy not installed
GigabitEthernet0/0/0/0  Satellite: 100 output: test-1
     Last Operation Attempted :  ADD
     Status                   :  ACTIVE
OUTPUT:
RP/0/RSP0/CPU0:ASR9001#show qos status interface gig 0/0/0/0 nv satellite 100
Wed Apr 16 23:51:34.272 UTC
GigabitEthernet0/0/0/0 direction input: Service Policy not installed
GigabitEthernet0/0/0/0  Satellite: 100 output: test-2
     Last Operation Attempted :  ADD
     Status                   :  INACTIVE
     Failure description   :Apply Servicepolicy: Handle Add Request  AddSP
  test-2 CliParserWrapper:
Remove shape action under class-default first.

衛星アクセスインターフェイスのオフロードされた QoS ポリシーの QoS 統計情報

QoS ポリシー マップの統計情報を表示するか、または削除するためにこれらのコマンドを入力して下さいリモート衛星アクセスインターフェイスで適用される:

  • show policy-map interface Gi100/0/0/9 入力 nv

  • クリア QoS カウンター インターフェイス Gi100/0/0/9 入力 nv

サテライト ICL インターフェイスのオフロードされた QoS ポリシーの QoS 統計情報

QoS ポリシー マップの統計情報を表示するか、または削除するためにこれらのコマンドを入力して下さいリモート サテライト ICL インターフェイスで適用される:

  • show policy-map interface Ten0/0/0/1 出力 nv サテライト ファブリック リンク 100

  • クリア QoS カウンター インターフェイス Ten0/0/0/1 入力 nv サテライト ファブリック リンク 100

: QoS 統計情報は ASR9K ホストに 30 秒毎にアップデートされます。

トラブルシューティング

QoS オフロード 機能を解決するように試みるか、または Cisco Technical Assistance Center (TAC) サービス リクエストを開くときデバッグ情報を収集する順序のこれらのコマンドを入力して下さい:

  • policymgr プロセス トレースを[すべて示して下さい|断続的|重要]

  • show tech QoS

  • ポリシー ライブラリ トレースを[すべて示して下さい|重大|断続的]

  • ポリシー ライブラリ トレース クライアント <client-name> 位置 <loc> を示して下さい

  • アプリケーションobj トレースを示して下さい

  • アプリケーションobj db <db_name> jid <jid> 位置 <loc> を示して下さい

  • QoS ma トレースを示して下さい

<db_name> は class_map_qos_db または policy_map_qos_db です。

既知の障害

情報に関する既知の障害についての情報に関してはこの資料で提供される、参照 Cisco バグ ID CSCuj87492 は-非satether インターフェイス nv の下のサービス ポリシー オプション取除く必要があります。 この問題は非サテライト インターフェイスから nv オプションを取除くために上がりました。


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 117699