セキュリティ : Cisco Web セキュリティ アプライアンス

プロキシ 再始動の後で WSA にトラフィックをリダイレクトする 7.2 バージョン停止の ASA

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

目次

著者:Cisco TAC エンジニア、Raam Muthusamy および Siddharth Rajpathak

質問:

WSA と ASA 間のプロキシ 再始動か一時通信割り込みの後で WSA にトラフィックをリダイレクトしない ASA

環境:

  • Cisco Web セキュリティ アプライアンス(WSA)
  • 7.2(4.35) の下の ASA バージョン
  • WCCP

バージョン 7.2(4.35) 前の ASA は Cisco 欠陥 CSCsy82260 から影響を受けます。 WSA プロキシに再始動があった後この不具合により ASA はトラフィックをリダイレクトすることを止めます。

これは ASA OS バージョン 7.2(4.35)、8.0(4.34)、8.1(2.25)、および 8.2(1.10) で解決されます

:
ASA をアップグレードすることは可能性のあるではないです場合、即時対応策は WCCP interface コマンドを ASA から取除き、再適用することです。

WCCP インターフェイスコンフィギュレーションを取除くために命じて下さい: wccp インターフェイス <Interface-name> <service-ID> リダイレクト無し
WCCP インターフェイスコンフィギュレーションを再追加するために命じて下さい: wccp インターフェイス <Interface-name> <service-ID> リダイレクト



Document ID: 118253