ワイヤレス / モビリティ : ワイヤレス LAN(WLAN)

5760 シリーズ WLC VideoStream トラブルシューティング

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料に Cisco 5760 シリーズ解決する方法をワイヤレス LAN コントローラ(WLC)の VideoStream 問題を記述されています。

著者:Cisco TAC エンジニア、Ishaan Sanji

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • Cisco 5760 シリーズ WLC
  • 5760 シリーズ WLC の VideoStream 設定
  • Cisco 3602 シリーズ Access Point (AP)

: VideoStream 設定に関する詳細については VideoStream コンフィギュレーション ガイド Cisco IOS ® XE リリース 3SE Catalyst スイッチVideoStream 設定 GUIセクションを Cisco 3850 シリーズ参照して下さい。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • ソフトウェア リリース 3.3.2 を実行する Cisco 5760 シリーズ WLC
  • Lightweight モードで動作する Cisco 3602 シリーズ AP

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

背景説明

このセクションは WLC および現在の制限によって VideoStream フローの外観を提供します。

VideoStream 制限

VideoStream は無線クライアントに企業を渡るマルチキャスト ビデオ ストリーミングを展開することをワイヤレス アーキテクチャが可能にします。 現在のマルチキャスト ビデオ送達 機構にこれらの制限があります:

  • マルチキャスト パケットは最も高い必須データ レートで送信されます。 これはクライアントが 802.11n データ レートで関連付けることができてもビデオパケットは多くの低いレートで送信されることを意味します。

  • マルチキャスト パケットは複数受信者があり、各クライアントから確認応答を受け取るためにそれがスケーラブルではないので確認されません。

回避策はユニキャスト パケット 地上波としてこれらの制限、VideoStream ビデオ マルチキャスト パケットを送信します。 このプロセスを使うと、AP は各クライアントのために個々のデータ 比率を使用できます。 これはまたクライアントが受信されないパケットを確認することを可能にします。

WLC による VideoStream フロー

WLC によって VideoStream フローを説明するネットワークダイアグラムはここにあります:

このセットアップ用のトポロジー 詳細はここにあります:

  • クライアントのMACアドレスは 0017.7c2f.b86e です。

  • マルチキャスト ビデオ IP アドレスは 239.1.1.1 です。

  • ユニキャストのマルチキャストは AP へのマルチキャスト 送達 機構として使用されます。

これらのステップは VideoStream フローを記述します:

  1. クライアントはそのインターネット グループ管理プロトコル(IGMP) 加入 メッセージを WLC 切片送信 します。

  2. WLC は Client 要求および関連する VLAN のフローをマッピング するためにマッピング グループ ID (MGID)エントリを作成します。

  3. 規則的なマルチキャストトラフィックと区別する VideoStream の重要な面の 1 つは帯域幅をこのストリームを動作することを必要なもらうことを確認するために WLC が AP とチェックすることです; それは AP に無線資源管理(RRC)メッセージを送ります。 

  4. AP は RRC 応答の帯域幅および他の関連統計情報を戻します。 これは AP で利用可能である帯域幅を WLC に知らせます。

  5. AP からの応答に基づいて、WLC はフローを是認することにし、IGMP 加入 メッセージ アップストリームを送信 します。 AP に十分な帯域幅がなくてもこのフローを転送するように WLC を設定できます; ただし、それは最もよい努力 キューのためのフローを示します。 それはまたストリームを許可し、IGMP 加入 メッセージを廃棄することであるデフォルト アクションを使用するかもしれません。

  6. WLC はフローが是認される告げ、このフローのために予約済みである必要がある帯域幅の量を示しますこと AP を。

  7. WLC はクライアントのための WLAN-MGID マッピングを AP に知らせます。

  8. AP はそれからクライアントが使用するおよび各無線のために残る帯域幅の量を把握します帯域幅の量。 この情報は追加ストリームが追加する必要があるとき使用されます。

  9. WLC はクライアントに向かうマルチキャストトラフィックを受信するとき、VideoStream が設定されること、そして既に作成される MGID エントリがあることを確認します。

  10. 条件の両方が満足する場合、WLC はこのフローを要求するクライアントがある AP すべてにストリームを転送します。 WLC はユニキャストのマルチキャストまたは設定される送達 機構に基づいてマルチキャストのマルチキャストの AP にマルチキャスト ストリームを、渡します。

  11. AP はユニキャスト アドレスと宛先アドレスを置き換え、ユニキャストによってフローを要求する各クライアントにストリームを送信します。 パケットは AF41 DSCP マークが含まれています(4)の 802.1p 値は各々の個々のクライアントのために使用するデータ レートで送信 され。

トラブルシューティング

WLC によって VideoStream フローを解決するためにこのセクションで情報を使用して下さい。

マルチキャスト Direct 有効に なることを確認して下さい

直接マルチキャストが WLC で有効に なることを確認するために、このコマンドを入力して下さい:

5760#show wireless media-stream multicast-direct state
Multicst-direct State : Enabled

また特定のマルチキャスト アドレスが有効に なるかどうか確かめるために提示ワイヤレス メディア ストリーム グループ summary コマンドを使用できます:

5760#show wireless media-stream group summary
Number of Groups : 1

Stream Name   Start IP     End IP        Status
------------------------------------------------
video_stream  239.1.1.1   239.1.1.1   Enabled

: 次に同様に Wireless LAN (WLAN)のための mutlicast 直接第 1 を、グローバルに 有効に して下さい。

WLC でデバッグするイネーブル

RRC が正しくネゴシエートされること、そしてメディア ストリームが許可されることを確認するために WLC のデバッグを有効にすることができます。 これらは実行できる最も有用な debug コマンドです:

  • デバッグ メディア ストリーム エラー-このコマンドはメディア ストリーム プロセスで生じるあらゆるエラーに関して情報を提供したものです。

  • デバッグ メディア ストリーム イベント-このコマンドは発生するさまざまなステート の 変化についての情報を提供したものです。

  • デバッグ メディア ストリーム rrc -このコマンドは交換される RRC メッセージについての情報を提供したものです。

  • デバッグ コール許可ワイヤレス全コマンド アクセス カード(CAC)デバッグに関してこのコマンド 情報を提供します。

  • debug ip igmp group_address -このコマンドは加入 プロセスについての情報を提供したものです。

Debug コマンド の 出力例

コントローラは最初に IGMP 加入 メッセージを送信 すれば クライアントのための MGID エントリを作成します:

*May 7 22:42:23.632: %IOSXE-7-PLATFORM: 1 process wcm: mscbApMac =
 dca5.f4ec.df30 client_mac_addr = 0017.7c2f.b86e slotId = 0 vapId =
 2 mgid = 4161 numOfSGs = 2, rrc_status = 3
*May 7 22:42:23.632: %IOSXE-7-PLATFORM: 1 process wcm:
 0017.7c2f.b86e mc2uc update client 0017.7c2f.b86e radio dca5.f4ec.df30
 destIp 239.1.1.1 srcIp 0.0.0.0 mgid 4161 slot 0 vapId 2 vlan 12

完全、WLC はこの特定のマルチキャストIPアドレスがメディア ストリーミングのために設定される理解し、RRC プロセスをことを始めます:

*May 7 22:42:23.632: %IOSXE-7-PLATFORM: 1 process wcm:
 msPolicyGetRrcQosSupport 1 4 4
*May 7 22:42:23.632: %IOSXE-7-PLATFORM: 1 process wcm:
 msPolicyPlatform not AP 1100
*May 7 22:42:23.632: %IOSXE-7-PLATFORM: 1 process wcm:
 0017.7c2f.b86e mc2uc qos admit 1 qos 4 pri 4
*May 7 22:42:23.632: %IOSXE-7-PLATFORM: 1 process wcm:
 0017.7c2f.b86e mc2uc submit client client
 0017.7c2f.b86eradio dca5.f4ec.df30 destIp
 239.1.1.1 mgid 4161vapId 2 vlan 12
*May 7 22:42:23.632: %IOSXE-7-PLATFORM: 1 process wcm:
 0017.7c2f.b86e FindRequestByClient not found dest
 239.1.1.1 client 0017.7c2f.b86e radio dca5.f4ec.df30
 source 0.0.0.0 slot 0
*May 7 22:42:23.632: %IOSXE-7-PLATFORM: 1 process wcm:
 dca5.f4ec.df30 Creating request 3611 for radio
 dca5.f4ec.df30

*May 7 22:42:23.632: %IOSXE-7-PLATFORM: 1 process wcm:
 0017.7c2f.b86e Creating request 3611 for client
 0017.7c2f.b86e

WLC はそれから RRC 要求を送信 します:

*May 7 22:42:23.632: %IOSXE-7-PLATFORM: 1 process wcm:
 rrcEngineInsertAdmitRequest dest 239.1.1.1 mgid 4161
 
request 3611
*May 7 22:42:23.632: %IOSXE-7-PLATFORM: 1 process wcm:
 0017.7c2f.b86e rrcEngineSendMeasureMetricsRequest sent
 request 3611 to radio dca5.f4ec.df30,
 minRate = 6000, maxRetryPercent = 80

: この出力はフローに必要である WLC がメトリックを規定 することを示したものです。

ストリームが許可される前に AP および WLC は今さまざまなチェックを行います。 このチェックはストリームの最大数に達するかどうか確かめるために実行された:

*May 7 22:42:23.637: %IOSXE-7-PLATFORM: 1 process wcm:
 rrcEngineFindRequest look for request 3611
*May 7 22:42:23.637: %IOSXE-7-PLATFORM: 1 process wcm:
 rrcEngineFindRequest found request 3611
*May 7 22:42:23.638: %IOSXE-7-PLATFORM: 1 process wcm:
 dca5.f4ec.df30 rrcEngineProcessRadioMetrics start
 radio dca5.f4ec.df30 request 3611
*May 7 22:42:23.638: %IOSXE-7-PLATFORM: 1 process wcm:
 dca5.f4ec.df30 done rrcEngineProcessRadioMetrics
 radio dca5.f4ec.df30 request 3611
*May 7 22:42:23.643: %IOSXE-7-PLATFORM: 1 process wcm:
 rrcEngineRemoveAdmitRequest request 3611
*May 7 22:42:23.643: %IOSXE-7-PLATFORM: 1 process wcm:
 p_video = 0, p_voice = 0, pb = 476, video_qo = 0,
 video_l_r_ratio = 0, video_no = 0
*May 7 22:42:23.643: %IOSXE-7-PLATFORM: 1 process wcm:
 video_delay_hist_severe = 0, video_pkt_loss_discard =
 0, video_pkt_loss_fail = 0
*May 7 22:42:23.643: %IOSXE-7-PLATFORM: 1 process wcm:
 radio_tx_q_max_size = 1, radio_tx_q_limit = 5684,
 vi_tx_q_max_size = 0, current_rate = 52
*May 7 22:42:23.643: %IOSXE-7-PLATFORM: 1 process wcm:
 msPolicyGetStreamParameters streamName video_stream
 bandwidth 1000 pakSize 1200
*May 7 22:42:23.643: %IOSXE-7-PLATFORM: 1 process wcm:
 0017.7c2f.b86e Admit video: number of streams on
 radio is 0, number of streams on client is 0

このチェックはビデオ キューのためのパケットロスがしきい値を超えたかどうか確かめるために実行された:

*May 7 22:42:23.643: %IOSXE-7-PLATFORM: 1 process wcm:
 0017.7c2f.b86e Checking Link Stats for AP
 dca5.f4ec.df30(0) : pkt_loss = 0, video_pps = 0
*May 7 22:42:23.643: %IOSXE-7-PLATFORM: 1 process wcm:
 0017.7c2f.b86e pkt_discard = 0, num_video_streams = 0
*May 7 22:42:23.643: %IOSXE-7-PLATFORM: 1 process wcm:
 0017.7c2f.b86e Link Stats Criteria PASSED for AP
 dca5.f4ec.df30(0)

このチェックは AP の帯域幅を確認するために実行された:

*May 7 22:42:23.643: %IOSXE-7-PLATFORM: 1 process wcm: 
 0017.7c2f.b86eRequested Video Media Time for AP
 dca5.f4ec.df30(0) : cfg_stream_bw = 1000 kbps
*May 7 22:42:23.643: %IOSXE-7-PLATFORM: 1 process wcm:
 0017.7c2f.b86e current_rate = 26 Mbps, new_stream_pps
 = 104 pps, video_pkt_size = 1200 bytes => req_mt
 = 3354 MT
*May 7 22:42:23.643: %IOSXE-7-PLATFORM: 1 process wcm:
 0017.7c2f.b86e RRC Video BW Check for AP
 dca5.f4ec.df30(0) : current chan/voice/video MT =
 14875/0/0 MT
*May 7 22:42:23.643: %IOSXE-7-PLATFORM: 1 process wcm:
 0017.7c2f.b86e mt remain 16375 readmit_bias 0
 current_video_mt 0 media_time_req 3354
 video_mt_limit 15625

基準すべてが渡されれば、ストリームは是認されます。 役立つ許可されるストリームを監察するために SNMP が使用されれば SNMP はトラップがメディア ストリームが許可されること知らせるために送信 されることを是認します

*May 7 22:42:23.643: %IOSXE-7-PLATFORM: 1 process wcm:
 0017.7c2f.b86e Video Stream Admitted: passed all
 the checks

*May 7 22:42:23.643: %IOSXE-7-PLATFORM: 1 process wcm:
 0017.7c2f.b86e Mapping wme code 1 to history code 0
*May 7 22:42:23.643: %IOSXE-7-PLATFORM: 1 process wcm:
 0017.7c2f.b86e Admit video: request 3611 radio
 dca5.f4ec.df30, decision 1 admission 2

*May 7 22:42:23.643: %IOSXE-7-PLATFORM: 1 process wcm:
 mStreamBandMc2ucAdmit besteffort 1
*May 7 22:42:23.643: %IOSXE-7-PLATFORM: 1 process wcm:
 0017.7c2f.b86e Approve Admission on radio
 dca5.f4ec.df30 request 3611 vlan 12 destIp
 239.1.1.1 decision 1 qos 4 admitBest 1

*May 7 22:42:23.643: %IOSXE-7-PLATFORM: 1 process wcm:
 0017.7c2f.b86e RRC Admission: Add history record with
 cause code 0 destIp 239.1.1.1
*May 7 22:42:23.643: %IOSXE-7-PLATFORM: 1 process wcm:
 0017.7c2f.b86e Sending SNMP admit trap

ストリーム 情報は WLC データベースに今追加され、Quality of Service (QoS)値はビデオ ストリームのために設定 されます:

*May 7 22:42:23.643: %IOSXE-7-PLATFORM: 1 process wcm:
 bcastRrcHandleClientStatus: group = 239.1.1.1
 clientmac = 0017.7c2f.b86eapmac = dca5.f4ec.df30
 vlanId = 12 status = 2 qos = 4 mgid = 4161
*May 7 22:42:23.643: %IOSXE-7-PLATFORM: 1 process wcm:
 0017.7c2f.b86e RRC clientRecord add clientMac
 0017.7c2f.b86e #of streams 1
*May 7 22:42:23.643: %IOSXE-7-PLATFORM: 1 process wcm:
 0017.7c2f.b86e RadioInsertStreamRecord # of streams
 is 1 on radio dca5.f4ec.df30
*May 7 22:42:23.643: %IOSXE-7-PLATFORM: 1 process wcm:
 0017.7c2f.b86e Recording request 3611 destIp
 239.1.1.1 qos 4 vlan 12 violation-drop 1 priority 4
 sourceIp 0.0.0.0 client 0017.7c2f.b86e radio
 dca5.f4ec.df30 slotId 0
*May 7 22:42:23.643: %IOSXE-7-PLATFORM: 1 process wcm:
 0017.7c2f.b86e done rrcEngineProcessClientMetrics
 client 0017.7c2f.b86e radio dca5.f4ec.df30 request
 3611
*May 7 22:42:23.643: %IOSXE-7-PLATFORM: 1 process wcm:
 locking mgid Tree in file bcast_process.c line 1988
*May 7 22:42:23.643: %IOSXE-7-PLATFORM: 1 process wcm:
 unlocking mgid Tree in file bcast_process.c line 2096
*May 7 22:42:23.643: %IOSXE-7-PLATFORM: 1 process wcm:
 spamLradSendMgidInfo: ap = dca5.f4ec.df30 slotId = 0,
 apVapId = 2, numOfMgid = 1 mc2ucflag = 1, qos = 4

WLC は IGMP 加入 メッセージ アップストリームを転送し、他のコンポーネントをアップデートします:

*May 7 22:42:23.645: (l2mcsn_process_report) Allocating MGID for Vlan:
 12 (S,G): :239.1.1.1
*May 7 22:42:23.645: (l2mcast_wireless_alloc_mcast_mgid) Vlan: 12 Source:
 0.0.0.0 Group: 239.1.1.1
*May 7 22:42:23.645: (l2mcast_wireless_alloc_mcast_mgid) Source: 0.0.0.0
 Group: 239.1.1.1 Vlan: 12 Mgid: 4161
*May 7 22:42:23.645: (l2mcast_wireless_track_and_inform_client) Protocol:
 IGMPSN Client-address: 10.105.132.254 (S,G,V): 0.0.0.0 239.1.1.1 12 Port:
 Ca0, MGID: 4161 Add: Add
*May 7 22:42:25.399: IGMP(0): Set report delay time to 0.2 seconds for
 239.1.1.1 on Vlan12

WLC の MGID エントリを確認して下さい

形成する MGID エントリを確認するために提示ワイヤレス マルチキャスト グループ summary コマンドを入力して下さい:

5760#show wireless multicast group summary

IPv4 groups
-------------
MGID    Source     Group         Vlan
--------------------------------------
4160     0.0.0.0      239.1.1.1     12

仕様 MGID エントリと関連付けられるクライアントについてのより多くの詳細を受け取るために、提示ワイヤレス マルチキャスト グループ group_address VLAN vlan_id コマンドを入力して下さい:

5760#show wireless multicast group 239.1.1.1 vlan 12
Source : 0.0.0.0
Group : 239.1.1.1
Vlan : 12
MGID : 4160

Number of Active Clients : 1
Client List -------------

Client MAC Client IP Status
--------------------------------------------
0017.7c2f.b86e 10.105.132.254 MC2UC_ALLOWED

AP の同じ情報を確認するために、提示 capwap mcast mgid ID 4161 コマンドを入力して下さい:

3602_lw# show capwap mcast mgid id 4161
rx pkts = 6996
tx packets:
wlan : 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15
slots0 : 0 6996 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
slots1 : 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
slots2 : 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

Normal Mcast Clients:
Reliable Mcast Clients:
Client: 0017.7c2f.b86e --- SlotId: 0 WlanId: 1 --- Qos User Priority: 4
 State: ADMITTED
History - Retry Pct: 6 5 13 10 Rate (500 Kbps): 116 116 116 116

: この出力はクライアントがクライアントが 4.の QoS 優先順位でリストする信頼できる Mcast に追加されることを示したものです

AP のビデオ品質を解決して下さい

ビデオ品質問題が報告されるとき、解決するために AP のこのデータを確認できます:

  • AP のビデオ送信キュー統計情報を表示するために show controller dot11radio 0 txq コマンドを入力して下さい:

    3602_lw#show controller dot11radio 0 txq
    (Output clipped)
            ---- Active ------ In-Progress --------------- Counts ----
    Cnt       Quo Bas Max Cl Cnt Quo Bas Sent Discard Fail Retry Multi
    Uplink     0 64 0 0 0   0 5   0   0     0      0   0 
    Voice      0 512  0   0 0 60 0 3350   0     2      6   0
    Video     0 1024 0   0 0   0 200 50406   0     0    878 2589
    Best       0 1024  0   0 0 200 0 126946 0     0 20780 5170

    ビデオ キュー統計情報を書き留めることは重要です。 パケットの数を比較して下さいパケットの数によって送信される壊れる伝達が再試行された原因である。

  • 特定のクライアントのためのパラメータを表示するために show controller dot11radio 0 client コマンドを入力して下さい:

    3602_lw#show controller dot11radio 0 client

                  RxPkts KBytes Dup Dec Mic TxPkts KBytes Retry RSSI SNR
    0017.7c2f.b86e 99600 24688 1276 0 0 168590 157253 341  46 46
  • show controller dot11radio 0 コマンド 出力を使うと、またビデオ 伝送メトリックを表示できます。 毎サンプリング 周期に現われる Q ドロップおよび正常な、壊れる伝達の数を書き留めて下さい:

    Dot11 Current Video Transmission Metrics:
    Arrivals:106 Q-Drops:0 Tries:129 Agg:129 Success:106 Fail:0

    Dot11 5-second Video Transmission Metrics:
    Arrivals:147 Tries:195 Agg:195 Success:147 Fail:0
    Radio-Q-Peak:9 Video-Q-Peak:32 Video-Q-Drops:0
    Delay - Tot Msec:1392 10/20/40/40+ Msec:136/15/12/6

    Dot11 1-second Video Transmission Metrics:
    Q-util:71 max-tx-time:22 p-chan:483 p-video:8 L/r:18911

WLC によって否定されるフロー

このセクションは不十分な帯域幅がストリーム許可へあるときプロセスを説明します発生する。 WLC は設定された限界に対してストリーム 要件を確認し、ストリームを否定します:

May 8 10:29:36.890: %IOSXE-7-PLATFORM: 1 process wcm: 0017.7c2f.b86e
 RRC Video BW Check for AP dca5.f4ec.df30(0) : current
 chan/voice/video MT = 16563/0/0 MT

May 8 10:29:36.890: %IOSXE-7-PLATFORM: 1 process wcm: 0017.7c2f.b86e
 mt remain 14687 readmit_bias 0 current_video_mt 0 media_time_req
 2392 video_mt_limit 1562
May 8 10:29:36.890: %IOSXE-7-PLATFORM: 1 process wcm: 0017.7c2f.b86e
 RRC Video BW Check Failed: Insufficient Video BW for AP
 dca5.f4ec.df30(0)

May 8 10:29:36.890: %IOSXE-7-PLATFORM: 1 process wcm: 0017.7c2f.b86e
 Video Stream Rejected. Bandwidth constraint.

May 8 10:29:36.890: %IOSXE-7-PLATFORM: 1 process wcm: 0017.7c2f.b86e
 Mapping wme code 8 to history code 1
May 8 10:29:36.890: %IOSXE-7-PLATFORM: 1 process wcm: 0017.7c2f.b86e
 Deny Admission on radio dca5.f4ec.df30 request 3633 destIp
 239.1.1.1 vlan 12

: テストの目的で、ビデオ ストリーミングのために許可される最大帯域幅はこの例の 1,000 キロビット/秒に変更されます。

フローが他のどの原因が原因で否定される、WLC はまた SNMPトラップを送信 しますとき同じようなメッセージが現れ:

May 19 10:29:36.890: %IOSXE-7-PLATFORM: 1 process wcm: 0017.7c2f.b86e
 Sending SNMP deny trap

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 117719