セキュリティ : Cisco Web セキュリティ アプライアンス

FTP か SCP によって押される Cisco コンテンツ セキュリティ アプライアンス モデルのログファイルに何が起こりますか。

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

ジョン Yu および Ivo Sabev によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

質問

FTP か SCP によって押される Cisco コンテンツ セキュリティ アプライアンス モデルのログファイルに何が起こりますか。

ログファイルは「最大ファイルサイズ」達するとき、「.s」拡張で終了するファイルへの「.c」拡張で(c = 電流)終了するファイルから名前を変更されます設定される(s = 保存される)。 このプロセスは「ロールオーバーと言われます」。

ログを FTP か SCP によって押されるために設定するとき保存された(.s)ファイルはロールオーバー時に指定の宛先 サーバに押され、それからアプライアンスから削除されます。

参考資料

ログ サブスクリプション上の圧延に関する詳細については、Cisco コンテンツ セキュリティ製品 サポートの AsyncOS ユーザガイドを参照して下さい。


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 118047