セキュリティ : Cisco E メール セキュリティ アプライアンス

どのようにある特定のドメインかホストに Cisco E メール セキュリティ アプライアンス(ESA)の配信率を制限できますか。

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料にある特定のドメインかホストにレートリミット配信にどのように記述されています。

スティーブン Fiebrandt およびジョン Yu によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

解決策

CLI の destconfig コマンドか GUI のメール Policies タブ宛先管理テーブルは特定のドメインかホストに Cisco E メール セキュリティ アプライアンスで制限する配達比率を設定するのに使用することができます。 このオプションを有効に することは時々リモートホストを oveloading 防ぐように推奨されます。

方法の CLI 例はドメイン「example.com」に比率配信を制限する下記にあります。

mail.example.com> destconfig
There are currently 2 entries configured.
Choose the operation you want to perform:
- NEW - Create a new entry.
- EDIT - Modify an entry.
- DELETE - Remove an entry.
- DEFAULT - Change the default.
- PRINT - Display all entries.
- CLEAR - Remove all entries.
[]> new
Enter the domain you wish to limit.
[]> example.com
Do you wish to configure a concurrency limit for example.com? [Y]>
Enter the max concurrency limit for "example.com".
[500]> 100
Do you wish to apply a recipient limit to this domain? [N]> y
Enter the number of minutes used to measure the recipient limit.
[60]> 60
Enter the max number of recipients per 60 minutes for "example.com".
[]> 1000
Select how you want to apply the limits for example.com:
1. One limit applies to the entire domain example.com
2. Separate limit for each mail exchanger IP address
[1]>
Select how the limits will be enforced:
1. System Wide
2. Per Virtual Gateway(tm)
[1]>
Do you wish to apply a specific TLS setting for this domain? [N]>
Do you wish to apply a specific bounce verification address tagging setting for this domain? [N]>
Do you wish to apply a specific bounce profile to this domain? [N]>

There are currently 3 entries configured
Choose the operation you want to perform:
- NEW - Create a new entry.
- EDIT - Modify an entry.
- DELETE - Remove an entry.
- DEFAULT - Change the default.
- PRINT - Display all entries.
- CLEAR - Remove all entries.
[]>
mail.example.com> commit

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 118177