セキュリティ : Cisco E メール セキュリティ アプライアンス

ESA に関する FAQ: ESA の Sophos アンチウィルス エラーコードのアラートを得るとき何をする必要がありますか。

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料は Cisco E メール セキュリティ アプライアンス(ESA)の Sophos アンチウィルス エンジンからのエラーコードの意味を記述したものです。

ジャッキー Fleming およびエンリコ Werner によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

ESA の Sophos アンチウィルス エラーコードのアラートを得るとき何をする必要がありますか。

AsyncOS は Sophos アンチウィルス エンジンが電子メール メッセージをスキャンしない時はいつでもエラーコードのアラートを生成します。  各コードは特定のエラー状態を、示します(以下を参照):

  • 0x8004020F -従ってメッセージは未知形式、unscannable でした。

  • 0x8004021A -メッセージはスキャンすることができない形式にあります。

  • 0x8007000E -メッセージは可能性が高い余りに大きかったですまたは余りにも多く含まれている項目に入り込み、スキャナーはスキャンを完了する前にメモリを使い果たしました。 これは多分アプライアンスが重負荷の下にあったときに発生しました。

  • 0x80040210 -スキャナーはメッセージを開くことができなかったし従ってメッセージは unscannable でした。

これらのケースのそれぞれでは、メッセージがこのメッセージに適用された Unscannable メッセージ オプションを使用してメッセージと一致した着信か発信 メール ポリシーによって判別されるように、スキャンされたことを理解しておくことは重要です。

ポリシーによっては、いくつかの異なるアクションは発生したかもしれません。 それがサイトのために適切であることを確認するために unscannable メッセージのためのポリシーを検討したいと思うかもしれません。 

メッセージを識別し、転送できれば場合 Ciscoカスタマー カスタマ・サポートは形式の検討に興味があります。 システムは自動的にこれらのメッセージを保存しません、そう一般的にこれらのメッセージを収集する方法は取得され、検討することができるファイルにこれらのメッセージを記録 することを Unscannable メッセージ設定のアーカイブ操作が可能にすることです。

入るべきメッセージがある場合 Ciscoカスタマー カスタマ・サポートに連絡するため。


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 117849