セキュリティ : Cisco Web セキュリティ アプライアンス

「再認証」ボタンは WebUI によってそれを有効に することの後でさえも示しません

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

目次

Kei Ozaki および Siddharth Rajpathak によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

質問:

「再認証」ボタンは WebUI によってそれを有効に することの後でさえも現われません

症状: 再認証ボタンは Block ページで WebUI によってそれを有効に することの後でさえも現われません

「再認証」機能は正しく操作するために EUN ファイルの特別なストリングがあるように要求します。 オン ボックス EUN ページを使用しながら、再認証ボタンはいつも現われる必要があります。

カスタム EUN ページを、場合によっては使用しながら、必須ストリングはそこにそうかもしれません(例: より古いバージョンで作成されるカスタム EUN テンプレートを)および使用していればこれにより再認証ボタンは現われました。

必要とされる特別なストリングは下記にとしてあります:

  • %か。R -再auth コメントの開始するを示します
  • %#R -再auth コメントの終わりを示します

上のタグの間のコメントは「再認証」がの下で「GUI > ネットワーク > 認証」有効に なるとき示します


AsyncOS バージョン 7.1.x および それ 以上で、再認証ボタンは次の EUN ページに書かれています。

  • ERR_BLOCK_DEST
  • ERR_WEBCAT
  • ERR_CONTINUE_UNACKNOWLEDGED

FTP によって WSA からそれにの後でサンプル/標準 EUN ページを接続ダウンロードし及び再認証ストリングがカスタム EUN ページから抜けているかどうか見るために検査できます。

もし必要なら、編集します必要な再認証ストリングを入力し、次に新しいカスタム EUN をアクティブにするカスタム EUN を渡すことができます。 ユーザガイドからの接続された抜粋は方法で手順を EUN ページを修正し次にアクティブにする提供します。

EUN ページを修正し次にアクティブにする方法。


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 118138