ワイヤレス / モビリティ : ワイヤレス メッシュ

屋内メッシュ導入ガイド

2014 年 4 月 2 日 - ライター翻訳版
その他のバージョン: PDFpdf | 機械翻訳版 (2013 年 8 月 21 日) | 英語版 (2014 年 4 月 7 日) | フィードバック

内容

      MAC アドレス
      前提条件
      インストール
      AP ログ
      ping テスト

概要

Lightweight アクセス ポイント 1242/1131 は、特定の屋内導入向けの、2 つの無線規格に対応する Wi-Fi インフラストラクチャ デバイスです。このデバイスは、Lightweight アクセス ポイント プロトコル(LWAPP)ベースの製品です。802.11b/g および 802.11a と互換性のある 2.4 GHz 帯と 5.8 GHz 帯の無線を提供します。無線の 1 つはアクセス ポイント(AP)のローカル(クライアント)アクセスに使用し、2 つ目の無線はワイヤレス バックホール用に設定できます。LAP1242/LAP1131 は、P2P、P2MP、およびメッシュ タイプのアーキテクチャをサポートします。

インストールを開始する前に、このガイドをよくお読みください。

このドキュメントでは、屋内メッシュ向けエンタープライズ ワイヤレス メッシュの導入について説明します。ワイヤレス エンドユーザは、このドキュメントを読めば、屋内メッシュの基礎、屋内メッシュを設定する場所、屋内メッシュの設定方法について理解できます。屋内メッシュは、ワイヤレス コントローラおよび Lightweight AP を使用して導入されたシスコ エンタープライズ ワイヤレス メッシュのサブセットです。

屋内メッシュは、Unified Wireless アーキテクチャに導入されたエンタープライズ メッシュ アーキテクチャのサブセットです。屋内メッシュは、現在人気を集めています。屋内メッシュでは、無線の 1 つ(通常は 802.11b/g)または有線イーサネット リンクを使用してクライアントに接続し、2 つ目の無線(通常は 802.11a)はクライアント トラフィックをバックホール接続に使用できます。バックホールは、シングル ホップまたは複数のホップで接続されます。屋内メッシュには、次のようなメリットがあります。

  • 各 AP までのイーサネット配線が不要になります。

  • AP ごとにイーサネット スイッチ ポートを用意する必要がなくなります。

  • 有線では接続を提供できない場所でのネットワーク接続。

  • イーサネット スイッチから 100 m の範囲内という制限がないため、柔軟に導入できます。

  • アドホック ワイヤレス ネットワークを容易に導入できます。

配線に関するコストの削減と上記の理由から、屋内メッシュは大規模小売店から大きな注目を集めています。

屋内メッシュは、インベントリ スペシャリストが小売店、製造工場、その他の会社の棚卸を行う際に利用されています。インベントリ スペシャリストが望んでいるのは、ハンドヘルド デバイスを使用してリアルタイム接続をできるように、カスタマー サイトに一時的な Wi-Fi ネットワークを迅速に導入することです。教育セミナー、会議、製造工場、およびホスピタリティ施設は、屋内メッシュ アーキテクチャが必要となる場所の一例です。

このガイドを最後まで読むと、屋内メッシュの使用場所と設定方法について理解することができます。また、NEMA エンクロージャの屋内メッシュが屋外メッシュの代替物でないことを理解できます。Autonomous AP で使用されるリンク ロールの柔軟性(シングル ホップ メッシュ)に対する屋内メッシュの優位性についても理解できます。

前提条件:

Cisco Unified Wireless Network、アーキテクチャ、および製品に関する知識があること。シスコ屋外メッシュ製品およびいくつかのメッシュ ネットワーキング関連用語に関する知識があること。

頭字語一覧
LWAPP Lightweight アクセス ポイント プロトコル:AP とワイヤレス LAN コントローラの間のコントロールおよびデータ トンネリング プロトコル。
WLAN コントローラ/コントローラ/WLC ワイヤレス LAN コントローラ:大量の管理対象エンドポイントを単一の統合システムにまとめることで WLAN のネットワーク管理を一元化および簡素化し、統合されたインテリジェント情報 WLAN ネットワーク システムを実現するシスコ デバイス。
RAP ルート アクセス ポイント/ルーフ アクセス ポイント:コントローラと他のワイヤレス AP の間のブリッジとして動作するシスコのワイヤレス デバイス。コントローラに有線接続されている AP。
MAP メッシュ AP:802.11a で RAP または MAP に無線接続するか 802.11b/g でサービス クライアントに無線接続するシスコのワイヤレス デバイス。
802.11a で他の AP への無線アクセスを提供する AP(RAP または MAP)。
ネイバー メッシュ ネットワーク上のすべての AP はネイバーであり、ネイバーを持ちます。RAP は、コントローラに有線接続されるため、ネイバーを持ちません。
コントローラから離れている AP は常に子になります。メッシュ ネットワークでは、子は 1 つの親と複数のネイバーを持ちます。親が使用不可能になった場合、次に容易度の値(ease value)が最も高いネイバーが親として選択されます。
SNR 信号対雑音比(SNR)
BGN ブリッジ グループ名
EAP Extensible Authentication Protocol(拡張認証プロトコル)
PSK 事前共有鍵
AWPP Adaptive Wireless Path Protocol

概要

Cisco 屋内メッシュ ネットワーク アクセス ポイントは、特定の屋内導入向けの、2 つの無線規格に対応する Wi-Fi インフラストラクチャ デバイスです。このデバイスは、Lightweight アクセス ポイント プロトコル(LWAPP)ベースの製品です。802.11b/g および 802.11a 規格と互換性のある 2.4 GHz 帯と 5.8 GHz 帯の無線を提供します。無線の 1 つ(802.11b/g)はアクセス ポイント(AP)のローカル(クライアント)アクセスに使用し、2 つ目の無線(802.11a)はワイヤレス バックホール用に設定できます。このデバイスは、異なるノード(無線装置)がバックホールを介して互いに通信しながらローカル クライアント アクセスも提供する、屋内メッシュ アーキテクチャを提供します。この AP は、ポイントツーポイントおよびポイントツーマルチポイント ブリッジング アーキテクチャにも使用できます。ワイヤレス屋内メッシュ ネットワーク ソリューションは、高いデータ レートと信頼性を最小のインフラストラクチャで実現できるため、大規模な屋内カバレッジに最適です。この製品の最初のリリースで導入された主要な基本的特徴を次に示します。

  • ホップ カウントが 3 の屋内環境向け。最大 4。

  • リレー ノードとエンドユーザ クライアントのホスト。802.11a 無線はバックホール インターフェイスとして使用され、802.11b/g 無線はクライアントへのサービス用に使用されます。

  • 屋内メッシュ AP のセキュリティ:EAP および PSK がサポートされます。

  • メッシュ環境内の LWAPP MAP は、イーサネットに接続した AP と同じようにコントローラと通信します。

  • ポイントツーポイント無線ブリッジング。

  • ポイントツーマルチポイント無線ブリッジング。

  • 最適な親の選択。SNR、EASE、および BGN

  • BGN の機能拡張。ヌルおよびデフォルト モード。

  • ローカル アクセス。

  • ブラックリストへの親の登録。除外リスト。

  • AWPP による自己修復。

  • イーサネット ブリッジング。

  • 4.0 リリースからの音声の基本サポート。

  • 動的周波数選択。

  • アンチ ストランド:default BGN および DHCP フェールオーバー。

注:次の機能はサポートされません。

  • 4.9 GHz パブリック セーフティ チャネル

  • 干渉を避けるルーティング

  • バックグラウンド スキャン

  • ユニバーサル アクセス

  • ワーク グループ ブリッジのサポート

屋内メッシュ ソフトウェア

屋内メッシュ ソフトウェアは、屋内 AP、特に屋内メッシュに対象が絞られている特殊なリリースです。このリリースでは、屋内 AP は、ローカル モードとブリッジ モードの両方で動作します。4.1.171.0 リリースに導入されている一部の機能はこのリリースに実装されていません。コマンドライン インターフェイス(CLI)、グラフィカル ユーザ インターフェイス(GUI:Web ブラウザ)に加え、ステート マシン自体に機能拡張が加えられています。これらの機能拡張の目的は、この新しい製品および機能の実行性に関してユーザの視点から貴重な情報を得ることにあります。

屋内メッシュに固有の機能拡張:

  • 屋内環境:屋内メッシュは LAP1242s および LAP1131 を使用して実装されます。これらは、イーサネット ケーブルを使用できない屋内環境で実装されます。簡単かつ迅速に実装でき、建物内のリモート エリア(たとえば、集配送センター、教育用セミナーまたは会議、製造工場、ホスピタリティ施設)へのワイヤレス カバレッジを提供できます。

  • ブリッジ グループ名(BGN)の機能拡張:ネットワーク管理者が屋内メッシュ AP のネットワークをユーザによって指定されたセクターに編成できるように、ブリッジ グループ名(BGN)と呼ばれるメカニズムが用意されています。BGN(実際はセクター名です)により、AP は、同じ BGN を持つ他の AP に接続します。BGN と一致する適切なセクターを検出できない場合、AP は、デフォルト モードで動作し、デフォルト BGN に応答する最適な親を選択します。この機能は、取り残された AP 条件(BGN の設定に誤りがある場合)に対処できるため、すでに現場から高い評価を得ています。4.1.171.0 ソフトウェア リリースでは、デフォルト BGN が使用されている AP では屋内メッシュ ノードとして動作せず、クライアント アクセスも提供しません。コントローラ経由でアクセスすると AP はメンテナンス モードになります。管理者が BGN を修正しない場合、AP は 30 分後にリブートします。

  • セキュリティの機能拡張:屋内メッシュ コードのセキュリティは、デフォルトで EAP(拡張認証プロトコル)用に設定されます。これは RFC3748 に規定されています。EAP プロトコルはワイヤレス LAN に限定されず、有線 LAN 認証にも使用できますが、通常はワイヤレス LAN に使用されます。802.11a/b/g ワイヤレス アクセス ポイントなどの 802.1X 対応 NAS(ネットワーク アクセス サーバ)デバイスによって EAP が起動されたとき、最新の EAP 方式では、セキュアな認証メカニズムを提供して、クライアントと NAS の間でセキュア PMK(ペアワイズ マスター キー)をネゴシエートできます。この PMK は、(AES ベースの)TKIP または CCMP 暗号化を使用するワイヤレス暗号化セッションに使用できます。

    4.1.171.0 より前のソフトウェア リリースでは、屋外メッシュ AP は PMK/BMK を使用してコントローラに参加していました。このプロセスには、3 つのサイクルが含まれていました。現在はサイクル数が減り、より高速なコンバージェンスが可能になりました。

    屋内メッシュ セキュリティの全体的な目標は、次のことを実現することにあります。

    • セキュリティのプロビジョニングに関するゼロ タッチの設定。

    • データ フレームのプライバシーおよび認証。

    • ネットワークとノード間の相互認証。

    • 屋内メッシュ AP ノードの認証のために標準 EAP 方式を使用する機能。

    • LWAPP と屋内メッシュ セキュリティの切り離し。

    新しいセキュリティ プロトコルをサポートするうえで必要な要素に対応するために、検出、ルーティング、および同期メカニズムが現在のアーキテクチャから機能拡張されています。

    屋内メッシュ AP は、他のメッシュ AP からの gratuitous ネイバー更新をスキャンおよびリスニングして他のメッシュ AP を検出します。ネットワークに接続されている任意の RAP または屋内 MAP は、(802.11 ビーコン フレームと似た)NEIGH_UPD フレーム内でコア セキュリティ パラメータをアドバタイズします。

    このフェーズが終了すると、屋内メッシュ AP とルート AP の間に論理リンクが確立されます。

  • WCS の機能拡張

    • 屋内メッシュ アラームが追加されました。

    • ホップ カウント、最悪 SNR 条件などの情報を示す屋内メッシュ レポートを生成できます。

    • 非常にインテリジェントな情報を示すリンク テスト(親から子、子から親)をノード間で実行できます。

    • 従来よりもはるかに多くの AP 情報が表示されます。

    • 潜在的なネイバーを表示することもできます。

    • ヘルス モニタリングが改善され、アクセスしやすくなりました。

サポート対象ハードウェアおよびソフトウェア

屋内メッシュの最小ハードウェア要件およびソフトウェア要件を次に示します。

  • Cisco LWAPP AP である AIR-LAP1242AG-A-K9 および AIR-LAP1131AG-A-K9 は、屋内メッシュ設定をサポートします。

  • Cisco Mesh Release 2 ソフトウェアは、エンタープライズ メッシュ(屋内および屋外製品)をサポートします。このソフトウェアは、Cisco コントローラ、Cisco 440x/210x、および WISM にのみインストールできます。

  • Cisco Enterprise Mesh Release 2 ソフトウェアは、Cisco.com からダウンロードできます。

屋内メッシュとOutdoor

屋内メッシュと屋外メッシュの間には、次のような顕著な違いがあります。

屋内メッシュ 屋外メッシュ
環境 屋内のみ。屋内用のハードウェア 屋外のみ。頑丈なハードウェア
ハードウェア LAP1242 および LAP1131AG を使用する屋内 AP LAP15xx および LAP152x を使用する屋外 AP
電力レベル 2.4 GHz:20 dbm、5.8 GHz:17 dbm 2.4 GHz:28 dbm、5.8 GHz:28 dbm
セル サイズ 約 46 m 約 305 m
実装の高さ 地面から約 3.6 m 地面から 9 〜 12 m

設定

新しいハードウェアを使用する場合は特に、実装を開始する前にこのガイドをよく読んでください。

コントローラ L3 モード

屋内メッシュ AP は、L3 ネットワークとして導入できます。

2500-deploy-guide-01.gif

最新のコードへのコントローラのアップグレード

次の手順を実行します。

  1. 屋内メッシュ ネットワークの Mesh Release 2 をアップグレードする場合は、4.1.185.0 または Mesh Release 1(Cisco.com で入手可能)で、ネットワークを運用している必要があります。

  2. コントローラの最新のコードをお使いの TFTP サーバにダウンロードします。コントローラの GUI インターフェイスから、[Commands] > [Download file] をクリックします。

  3. ファイル タイプで [code] を選択し、TFTP サーバの IP アドレスを指定します。ファイルのパスと名前を定義します。

    indoor-mesh-deploy-guide-02.gif

    注:サイズが 32 MB を超えるファイルの転送をサポートする TFTP サーバを使用してください(たとえば、tftpd32)。次の図に示すように、[File path] に「./」と入力します。

  4. 新しいファームウェアのインストールが終了したら、CLI で show sysinfo コマンドを使用して、新しいファームウェアがインストールされていることを確認します。

    indoor-mesh-deploy-guide-03.gif

    注:シスコではコントローラのダウングレードを公式にサポートしていません。

MAC アドレス

MAC フィルタリングは必ず使用する必要があります。この機能により、真の「ゼロ タッチ」の Cisco 屋内メッシュ ソリューションが実現されました。以前のリリースとは異なり、メッシュの画面には MAC フィルタリング オプションはありません。

indoor-mesh-deploy-guide-04.gif

注:MAC フィルタリングはデフォルトで有効になります。

無線装置への MAC アドレスの記録

ネットワークに導入するすべての屋内メッシュ AP 無線装置の MAC アドレスをテキスト ファイルに記録します。MAC アドレスは、AP の背面に示されています。ほとんどの CLI コマンドではコマンドとともに AP の MAC アドレスまたは名前を入力する必要があるため、MAC アドレスを記録しておくと将来テストを行うときに役立ちます。また、「建物番号-ポッド番号-AP タイプ:MAC アドレスの最後の 4 桁の 16 進文字」のように、AP の名前をより覚えやすい名前に変更することもできます。

コントローラへの MAC アドレスと無線装置の名前の入力

Cisco コントローラは、屋内 AP 認証 MAC アドレス リストを保持します。コントローラは、認証リストに含まれている屋内無線装置からの検出要求のみに応答します。ネットワークで使用するすべての無線装置の MAC アドレスをコントローラに入力します。

コントローラの GUI インターフェイスで、[Security] に移動し、画面の左側の [MAC filtering] をクリックします。次の図に示すように、[New] をクリックし、MAC アドレスを入力します。

indoor-mesh-deploy-guide-05.gif

さらに、[Description] に無線装置の名前(ロケーション、AP 番号など)を入力します。この説明は、いつでも簡単に参照できるように、無線装置が設置されている場所を示すためにも使用できます。

MAC フィルタリングの有効化

MAC フィルタリングはデフォルトで有効になります。

同じページで、セキュリティ モードとして EAP または PSK を選択することもできます。

スイッチの GUI インターフェイスから、次のパスを使用します。

GUI インターフェイスのパス:[Wireless] > [Indoor Mesh]

CLI では、次のコマンドでのみセキュリティ モードをチェックできます。

(Cisco Controller) > show network

indoor-mesh-deploy-guide-06.gif

L3 屋内メッシュの導入

L3 屋内メッシュ ネットワークで DHCP サーバ(内部または外部)を使用しない場合は、無線装置の IP アドレスを設定します。

L3 屋内メッシュ ネットワークで DHCP サーバを使用する場合は、コントローラを L3 モードで設定します。設定を保存し、コントローラをリブートします。DHCP サーバのオプション 43 を必ず設定してください。コントローラを再起動した後、新しく接続された AP は、DHCP サーバから IP アドレスを受け取ります。

コントローラのインターフェイスの定義

AP マネージャ

L3 の導入の場合は、AP マネージャを定義する必要があります。AP マネージャは、コントローラから AP への通信のソース IP アドレスとして動作します。

パス:[Controller] > [Interfaces] > [ap-manager] > [edit]

indoor-mesh-deploy-guide-07.gif

AP マネージャ インターフェイスには、管理インターフェイスと同じサブネットおよび VLAN 内の IP アドレスを割り当てる必要があります。

indoor-mesh-deploy-guide-08.gif

無線装置のロール

このソリューションにおける無線装置の主なロールには、次の 2 つがあります。

  • ルート アクセス ポイント(RAP):(スイッチ経由での)コントローラへの接続に使用する無線装置は、RAP のロールが与えられます。RAP は、LWAPP に対応した接続により、コントローラに有線接続されます。RAP は、任意のブリッジングまたは屋内メッシュ ネットワークの親ノードとなります。コントローラは、1 つ以上の RAP を持つことができ、それぞれの RAP が同じワイヤレス ネットワークまたは異なるワイヤレス ネットワークの親として機能します。同じ屋内メッシュ ネットワークに複数の RAP を配備して、冗長性を確保することもできます。

  • 屋内メッシュ アクセス ポイント(MAP):コントローラへの有線接続を持たない無線装置は、屋内メッシュ AP としてのロールが与えられます。この AP は、以前はポールトップ AP と呼ばれていました。MAP は(バックホール インターフェイスを介して)他の MAP へのワイヤレス接続を保持し、最終的に RAP とコントローラに接続されます。また、MAP は、LAN への有線イーサネット接続を保持し、(P2P または P2MP 接続を使用して)その LAN のブリッジ エンドポイントとしての役割を果たすこともできます。イーサネット ブリッジとして適切に設定されている場合は、この動作を同時に実行できます。MAP は、バックホール インターフェイス用に使用されていない帯域上のクライアントにサービスを提供します。

AP のデフォルト モードは MAP です。

注:無線装置のロールは、GUI または CLI を使用して設定できます。ロールを変更すると、AP はリブートします。

注:AP がスイッチに物理的に接続されている場合や、スイッチ上の AP を RAP または MAP として識別できる場合は、コントローラ CLI を使用して AP 上の無線装置のロールを事前に設定できます。

indoor-mesh-deploy-guide-09.gif

ブリッジ グループ名

ブリッジ グループ名(BGN)は、AP の関連付けを制御します。BGN を使用して無線装置を論理的にグループ分けしておくと、同じチャネルにある 2 つのネットワークが相互に通信することを防止できます。この設定はまた、同一セクター(領域)のネットワーク内に複数の RAP がある場合にも便利です。BGN には最大 10 文字までの文字列を指定できます。

製造段階で、工場出荷時のブリッジ グループ名が割り当てられます(ヌル値)。この値は表示されません。したがって、BGN を定義しない場合でも、無線装置はネットワークに参加できます。同一セクターのネットワーク内に(より大きなキャパシティを得るために)RAP が 2 つある場合は、別々のチャネルで 2 つの RAP に同じ BGN を設定することをお勧めします。

注:ブリッジ グループ名は、コントローラの CLI と GUI から設定できます。

indoor-mesh-deploy-guide-10.gif

BGN を設定すると、AP はリセットされます。

注:稼働中のネットワークでの BGN の設定は、慎重に行う必要があります。最も遠い距離にあるノード(末端のノード)から開始し、RAP に向かって設定してください。その理由は、マルチホップの途中から BGN の設定を開始すると、このポイントの先にあるノードは異なる BGN(古い BGN)を持つことになり、ドロップされるためです。

BGN を確認するには、次の CLI コマンドを発行します。


(Cisco Controller) > show ap config general <apname>

indoor-mesh-deploy-guide-11.gif

BGN は、コントローラ GUI を使用して設定または確認することもできます。

パス:[Wireless] > [All APs] > [Details]

indoor-mesh-deploy-guide-12.gif

この新しいリリースでは、AP の環境情報も表示されます。

セキュリティ設定

デフォルトの屋内メッシュ セキュリティ モードは EAP です。つまり、コントローラ上でこれらのパラメータを設定しないと、MAP は参加しません。

indoor-mesh-deploy-guide-13.gif

屋内メッシュの EAP 設定 CLI

indoor-mesh-deploy-guide-14.gif

PSK モードを保つ必要がある場合は、次コマンドを使用して PSK モードに戻します。

indoor-mesh-deploy-guide-15.gif

屋内メッシュの EAP の show コマンド

EAP モードのときは、次の show コマンドを使用して MAP 認証を確認できます。

indoor-mesh-deploy-guide-16.gif

(Cisco Controller) >show wlan 0 

indoor-mesh-deploy-guide-17.gif

(Cisco Controller) >show local-auth config

indoor-mesh-deploy-guide-18.gif

 (Cisco Controller) >show advanced eap

屋内メッシュの EAP の debug コマンド

EAP モードのすべての問題をデバッグするには、コントローラで次のコマンドを使用します。

indoor-mesh-deploy-guide-19.gif

インストール

前提条件

コントローラで推奨バージョンのコードが実行されている必要があります。ソフトウェア バージョンを確認するには、[Monitor] をクリックします。CLI を使用してソフトウェア バージョンを確認することもできます。

indoor-mesh-deploy-guide-20.gif

DHCP サーバ、ACS サーバ、WCS サーバなどのシステムに到達可能である必要があります。

インストール

  1. 管理 IP アドレスと同じサブネット上のレイヤ 3 ネットワークにすべての LAP(1131AG/1242AG)を接続します。すべての AP は、ローカル モードの AP としてコントローラに参加します。このモードで、プライマリ コントローラ名、セカンダリ コントローラ名、およびターシャリ コントローラ名を使用して AP をプライミングします。

    indoor-mesh-deploy-guide-21.gif

  2. AP のベース無線 MAC アドレス(たとえば、00:18:74:fb: 27:60)をキャプチャします。 27:60)

  3. AP をブリッジ モードで参加させるために、AP の MAC アドレスを追加します。

  4. [Security] > [MAC-filtering] > [New] をクリックします。

  5. コピーした MAC アドレスを追加し、MAC フィルタ リストおよび AP リストに AP を指定します。

  6. [AP Mode] リストから [Bridge] を選択します。

    indoor-mesh-deploy-guide-22.gif

  7. AP のリブートを確認するプロンプトが表示されます。

    indoor-mesh-deploy-guide-23.gif

  8. AP がリブートし、ブリッジ モードでコントローラに参加します。新しい AP ウィンドウには、追加の [MESH] タブがあります。[MESH] タブをクリックして、ロール、ブリッジ タイプ、ブリッジ グループ名、イーサネット ブリッジング、バック ホール インターフェイス、ブリッジ データ レートなどを確認します。

    indoor-mesh-deploy-guide-24.gif

  9. このウィンドウでは、AP ロール リストにアクセスし、適切なロールを選択します。この場合のデフォルトのロールは MAP です。

    • [Bridge Group name] はデフォルトで空白になっています。

    • バック ホール インターフェイスは 802.11a です。

    • ブリッジ データ レート(つまり、バック ホール データ レート)は 24 Mbps です。

  10. 目的の AP を RAP としてコントローラに接続します。目的の場所に無線装置(MAP)を導入します。無線装置の電源を入れます。コントローラ上のすべての無線装置を確認できます。

    indoor-mesh-deploy-guide-25.gif

  11. ノード間にラインオブサイトの状態を作るようにします。ラインオブサイトの状態が存在しない場合は、フレネル ゾーン の空間を作り、ニアラインオブサイトの状態にします。

  12. 同じ屋内メッシュ ネットワークに複数のコントローラが接続されている場合は、各ノードのプライマリ コントローラの名前を指定する必要があります。それ以外の場合、最初に識別されたコントローラがプライマリとなります。

電力とチャネルの設定

RAP にはバックホール チャネルを設定できます。MAP は、RAP チャネルに合わされます。ローカル アクセスは、MAP とは無関係に設定できます。

スイッチの GUI から、次のパスに従って移動します。[Wireless] > [802.11a radio] > [configure]

indoor-mesh-deploy-guide-26.gif

注:バックホールのデフォルトの Tx 電力レベルは、最大電力レベル(レベル 1)であり、無線リソース管理(RRM)はデフォルトでオフです。

RAP を併置している場合は、各 RAP で代替隣接チャネルを使用することをお勧めします。これにより、同一チャネル干渉を低減できます。

RF チェック

屋内メッシュ ネットワークでは、ノード間の親子関係を確認する必要があります。ホップは、2 つの無線装置間のワイヤレス リンクです。親子関係は、ネットワーク内を移動するのに応じて変化します。親子関係は、屋内メッシュ ネットワーク内の場所に依存します。

ワイヤレス接続(ホップ)においてコントローラにより近い無線装置が、ホップの他の側にある無線装置のとなります。マルチホップ システムでは、コントローラに接続されているノードが RAP()となる、ツリー型構造があります。第 1 ホップの反対側の隣接するノードはとなり、第 2 ホップ以降の後続のノードはその特定の親のネイバーとなります。

図 1:2 つのホップからなるネットワーク

indoor-mesh-deploy-guide-27.gif

図 1 では、わかりやすくするために AP 名が示されています。次のスクリーン ショットでは、RAP(fb:10) が調査されています。このノードは、(実際の導入における)屋内メッシュ AP(fa:60 および b9:20)を子として識別し、MAP ff:60 をネイバーとして識別しています。

スイッチの GUI インターフェイスから、次のパスに従って移動します。[Wireless] > [All APs] > [Rap1] > [Neighbor Info]。

indoor-mesh-deploy-guide-28.gif

屋内メッシュ ネットワークの親子関係が確立され、適切に保持されていることを確認します。

相互接続の確認

show Mesh は、ネットワーク内の相互接続を確認するための情報表示コマンドです。

これらのコマンドを各ノード(AP)でコントローラ CLI を使用して実行し、結果を Word ファイルまたはテキスト ファイルでアップロード サイトにアップロードする必要があります。

indoor-mesh-deploy-guide-29.gif

屋内メッシュ ネットワーク内で、マルチホップのリンクを選択し、RAP を出発点としてこれらのコマンドを発行します。コマンドの結果をアップロード サイトにアップロードします。

次の項に示す、すべてのコマンドは、図 1 の 2 つのホップからなる屋内メッシュ ネットワークに対して発行されています。

Show Indoor Mesh Path

このコマンドは、MAC アドレス、ノードの無線装置のロール、アップリンク/ダウンリンク(SNRUp、SNRDown)の信号対雑音比(dB)、および特定のパスのリンク SNR(dB)を表示します。

indoor-mesh-deploy-guide-30.gif

屋内メッシュ ネイバーのサマリーの表示

このコマンドは、MAC アドレス、親子関係、およびアップリンク/ダウンリンク SNR(dB)を表示します。

indoor-mesh-deploy-guide-31.gif

これで、ネットワークのノード間の関係を表示したり、各リンクの SNR 値を表示して RF 接続を確認したりできます。

AP コンソール アクセス セキュリティ

この機能により、AP のコンソール アクセスのセキュリティが強化されます。この機能を使用するには、AP 用のコンソール ケーブルが必要です。

次の項目がサポートされています。

  • 指定した AP にユーザ ID とパスワードの組み合わせをプッシュするための CLI。

    indoor-mesh-deploy-guide-32.gif

  • ユーザ名とパスワードの組み合わせをコントローラに登録されているすべての AP にプッシュするための CLI コマンド。

    indoor-mesh-deploy-guide-33.gif

これらのコマンドを使用することにより、コントローラからプッシュされたユーザ ID とパスワードの組み合わせを AP のリロード後も保持できます。AP をコントローラからクリアした場合、セキュリティ アクセス モードはありません。AP は、ログインが成功すると SNMP トラップを生成します。AP は、コンソールへのログインが 3 回続けて失敗した場合も SNMP トラップを生成します。

イーサネット ブリッジング

セキュリティ上、デフォルトでは MAP でイーサネット ポートがディセーブルになっています。イネーブルにするには、RAP およびその MAP でイーサネット ブリッジングを設定しなければなりません。

結果として、イーサネット ブリッジングは次の 2 つのシナリオに対してイネーブルにする必要があります。

  • 屋内メッシュ ノードをブリッジとして使用する場合。

  • イーサネット ポートを使用して MAP 上の任意のイーサネット デバイス(PC/ラップトップ、ビデオ カメラなど)を接続する場合。

パス:[Wireless] > 任意の AP をクリック > [Mesh]

indoor-mesh-deploy-guide-34.gif

ブリッジングを行うノード間の距離を設定するための CLI コマンドがあります。ホップごとにビデオ カメラなどのイーサネット デバイスを接続し、パフォーマンスを確認してみてください。

ブリッジ グループ名の拡張

意図していない「ブリッジ グループ名」を使用して AP が不適切にプロビジョニングされる場合があります。ネットワーク設計によって、この AP では、正しいセクターまたはツリーに到達して見つけることができない場合もあります。互換性のあるセクターに到達できない場合は、AP が取り残される可能性があります。

そのような取り残された AP を回復するために、3.2.xx.x コードでは「default」というブリッジ グループ名の概念が導入されました。基本的な概念としては、設定されたブリッジ グループ名を使用して他のどの AP にも接続できない AP は、ブリッジ グループ名として「default」という単語を使用して接続を試みます。3.2.xx.x 以降のソフトウェアが実行されているすべてのノードは、このブリッジ グループ名を持つ他のノードを受け入れます。

この機能は、新しいノードや不適切に設定されているノードを稼働中のネットワークに追加する場合にも役立ちます。

稼働中のネットワークがある場合は、異なる BGN を持つ事前設定済みの AP をネットワークに参加させます。この AP の MAC アドレスをコントローラに追加すると、この AP で「default」の BGN が使用されていることがコントローラに表示されます。

indoor-mesh-deploy-guide-35.gif

indoor-mesh-deploy-guide-36.gif

default BGN を使用している AP は、クライアントを関連付けて屋内メッシュの親子関係を形成する、通常の屋内メッシュ AP として動作することができます。

default BGN を使用しているこの AP が適切な BGN を持つ別の親を検出すると、その親への切り替えが行われます。

ログ:メッセージ、Sys、AP、およびトラップ

メッセージ ログ

メッセージ ログのレポート レベルを有効にします。コントローラ CLI から次のコマンドを発行します。

indoor-mesh-deploy-guide-37.gif

メッセージ ログを表示するには、コントローラ CLI から次のコマンドを発行します。

indoor-mesh-deploy-guide-38.gif

メッセージ ログをアップロードするには、コントローラ GUI インターフェイスを使用します。

  1. [Commands] > [Upload] をクリックします。

    indoor-mesh-deploy-guide-39.gif

  2. TFTP サーバの情報を入力します。このページでは、アップロードに関するさまざまなオプションと、送信するファイルを選択できます。

    • メッセージ ログ

    • イベント ログ

    • トラップ ログ

    • クラッシュ ファイル(存在する場合)

      クラッシュ ファイルの有無をチェックするには、[Management] > [Controller Crash] をクリックします。

    indoor-mesh-deploy-guide-40.gif

AP ログ

コントローラの該当する GUI ページに移動し、AP ログをチェックしてローカル AP の情報を探します(該当する場合)。

indoor-mesh-deploy-guide-41.gif

トラップ ログ

コントローラの該当する GUI ページに移動し、トラップ ログをチェックします。

indoor-mesh-deploy-guide-42.gif

パフォーマンス

スタートアップ コンバージェンス テスト

コンバージェンスは、次に示すように、最初に起動されてから WLAN コントローラとの間で安定した LWAPP 接続を確立するまでの、RAP/MAP による所要時間です。

コンバージェンス テスト コンバージェン時間(分:秒)
RAP MAP1 MAP2 MAP3
イメージのアップグレード 2:34 3:50 5:11 6:38
コントローラのリブート 0:38 0:57 1:12 1:32
屋内メッシュ ネットワークの電源投入 2:44 3:57 5:04 6:09
RAP リブート 2:43 3:57 5:04 6:09
MAP の再参加 3:58 5:14 6:25
親(同じチャネル)の MAP の変更 0:38

WCS

屋内メッシュ アラーム

WCS は、コントローラからのトラップに基づいて、屋内メッシュ ネットワークに関連するこれらのアラームおよびイベントを生成します。

  • Poor Link SNR

  • Parent Changed

  • Child moved

  • MAP Changes parent frequently

  • Console port event

  • MAC Authorization failure

  • Authentication failures

  • Child excluded Parent

[Mesh Links] をクリックします。屋内メッシュ リンクに関連するすべてのアラームが表示されます。

indoor-mesh-deploy-guide-43.gif

次のアラームは、屋内メッシュ リンクに適用されます。

  • Poor link SNR:このアラームは、リンクの SNR が 12 db を下回ると生成されます。ユーザはこのしきい値を変更できません。子または親のバックホール リンクで低い SNR が検出されると、トラップが生成されます。このトラップには、SNR 値と MAC アドレスが含まれます。アラームの重大度は Major です。信号強度が高いだけでは受信側のパフォーマンスを良好に保つことはできないため、信号対雑音比(SNR)は重要です。着信信号は、発生する雑音や干渉のどれよりも強力でなくてはなりません。たとえば、干渉が強かったり雑音レベルが高かったりすると、信号強度が高くても無線のパフォーマンスが下がることがあります。

  • Parent changed:このアラームは、子が別の親に移動したときに生成されます。親との関連付けが失われると、子は別の親に参加し、前の親と新しい親の両方の MAC アドレスを含むトラップを WCS に送信します。アラームの重大度:情報。

  • Child moved:このアラームは、子のロスト トラップを WCS が受け取った場合に生成されます。親 AP が子との関連付けを失ったことを検出し、子との通信ができなくなると、子のロスト トラップを WCS に送信します。このトラップには、子の MAC アドレスが含まれます。アラームの重大度:情報。

  • MAP parent changed frequently:このアラームは、屋内メッシュ AP が親を頻繁に変えた場合に生成されます。MAP の親変更カウンタが指定期間の間にしきい値を超えると、WCS にトラップを送信します。このトラップには、MAP の変更回数とその期間が含まれます。たとえば、2 分間に 5 回の変更があるとトラップが送信されます。アラームの重大度:情報。

  • Child Excluded Parent:このアラームは、子が親をブラックリストに登録したときに生成されます。子は、コントローラでの認証試行が一定回数失敗すると、親をブラックリストに登録できます。子は、ブラックリストに登録された親を記憶し、子がネットワークに参加するときに、ブラックリストに登録された親の MAC アドレスとブラックリストへの登録期間を含むトラップを送信します。

屋内メッシュ リンク以外のアラーム:

  • Console Port Access:コンソール ポートを使用すると、ユーザ名とパスワードを変更して、取り残された屋外 AP を回復できます。ただし、AP への認証されたユーザ アクセスをすべて防ぐために、WCS は、他ユーザがログインを試みるたびに、アラームを送信する必要があります。屋外に配置されている AP は物理的に脆弱なため、保護の目的でこのアラームが必要になります。このアラームは、ユーザが正常に AP のコンソール ポートにログインした場合、または続けて 3 回ログインに失敗した場合に生成されます。

  • MAC Authorization Failure:このアラームは、屋内メッシュに参加しようとした AP が、MAC フィルタ リストに登録されていないために認証に失敗したときに生成されます。WCS は、コントローラからトラップを受信します。トラップには、認証に失敗した AP の MAC アドレスが含まれます。

メッシュ レポートおよび統計情報

4.1.185.0 からの強化されたレポートおよび統計情報フレームワークが引き継がれています。

  • No Alternate Path

  • Mesh Node Hops

  • Packets error Stats

  • Packet Stats

  • Worst Node Hop

  • Worst SNR Links

indoor-mesh-deploy-guide-44.gif

No Alternate Path

通常、屋内メッシュ AP は複数のネイバーを持ちます。屋内メッシュ AP が親との関連付けを失った場合、AP は代替の親を検出できます。ネイバーが示されていない場合に親との関連付けを失うと、AP はどの親にも接続できなくなる場合もあります。そのため、代替の親を持たない AP を知っておくことはユーザにとって重要です。このレポートには、現在の親以外にネイバーを持たないすべての AP が示されます。

Indoor Mesh Node Hops

このレポートには、ルート AP(RAP)からのホップ数が表示されます。次の条件に基づいてレポートを作成できます。

  • [AP By Controller]

  • [AP By Floor]

Packet Error Rates

パケット エラーは、干渉やパケット廃棄によって発生します。パケット エラー率は、送信されたパケットの数と正常に送信されたパケットの数に基づいて計算されます。パケット エラー率はバックホール リンクで測定され、ネイバーと親の両方に関して収集されます。AP は、パケット情報をコントローラに定期的に送信します。AP は、親が切り替わるとすぐに、収集したパケット エラー情報をコントローラに送信します。WCS は、デフォルトで 10 分ごとにコントローラからのパケット エラー情報をポーリングし、最長で 7 日間データベースに格納します。WCS では、パケット エラー率はグラフとして表示されます。このパケット エラー グラフは、データベースに格納されている履歴データに基づきます。

Packet Stats

このレポートには、ネイバーから送信されたパケットの合計数と、ネイバーから正常に送信されたパケットの合計数のカウンタ値が表示されます。レポートは特定の条件に基づいて作成できます。

Worst SNR Links

ノイズの問題は、異なるタイミングで発生することがあります。また、ノイズは、異なるレートで増大したり、異なる期間にわたって継続したりすることがあります。次の図は、選択したインターフェイスに加えて無線 a と無線 b/g の両方に関してレポートを作成できることを示しています。このレポートには、デフォルトで 10 個の 最悪条件の SNR リンクが表示されます。表示する最悪条件のリンクの数は 5 〜 50 個の範囲で選択できます。このレポートは、直前の 1 時間、直前の 6 時間、前日、過去 2 日間、および最大 7 日間を指定して生成できます。データは、デフォルトで 10 分ごとにポーリングされます。データは、最長で 7 日間データベースに保持されます。[Neighbor Type] の選択基準では、[All Neighbors] または [Parent/Children only] を選択できます。

indoor-mesh-deploy-guide-45.gif

indoor-mesh-deploy-guide-46.gif

Worst Node Hops

このレポートには、デフォルトで 10 個の最悪条件のホップ数の AP が表示されます。AP のホップ数が多すぎる場合、リンクは脆弱である可能性があります。ユーザは、ルート AP からのホップ数が多い AP を隔離して、適切に対処できます。この [Number of Nodes] 基準は、5 〜 50 の範囲で変更できます。この図の [Report Type] フィルタ基準では、[Table Only] または [Table and Graph] を選択できます。

indoor-mesh-deploy-guide-47.gif

このレポートの結果を次の図に示します。

indoor-mesh-deploy-guide-48.gif

セキュリティ統計情報

屋内メッシュ セキュリティ統計情報は、AP の詳細ページの [Bridging info] セクションの下に表示されます。屋内メッシュ ノード セキュリティ統計情報テーブルのエントリは、子屋内メッシュ ノードが親屋内メッシュ ノードとの間で関連付けや認証を行ったときに作成されます。屋内メッシュ ノードとコントローラとの関連付けが解除されると、エントリは削除されます。

リンク テスト

WCS では、AP 間のリンク テストがサポートされています。任意の 2 つの AP を選択し、その 2 つの AP の間でリンク テストを実行できます。

これらの AP が RF ネイバーの場合は、リンク テストの結果が得られます。結果は、ページを完全に更新することなく、MAP 上のダイアログに表示されます。ダイアログは簡単に処理できます。

ただし、これらの 2 つの AP が RF ネイバーでない場合、WCS は、複合型の複数リンク テストを行うために 2 つの AP 間のパスを検出しようとはしません。

2 つのノード間のリンク上の矢印にマウスを合わせると、次のようなウィンドウが表示されます。

indoor-mesh-deploy-guide-49.gif

ノードツーノード リンク テスト

このリンク テスト ツールは、任意の 2 つの AP 間のリンク品質を確認するためのオンデマンド ツールです。WCS では、この機能は AP の詳細ページに追加されます。

AP の詳細ページの、リンクが横に表示されている [Indoor Mesh Link] タブに、リンク テストを実行するためのリンクが示されています。

コントローラ CLI リンク テスト ツールでは、オプションの入力パラメータとして、パケット サイズ、リンク テスト パケットの総数、テスト期間、およびデータ リンク レートを指定できます。リンク テスト用のこれらのオプション パラメータには、デフォルト値があります。ノードの MAC アドレスは、唯一の必須入力パラメータです。

リンク テスト ツールは、強度、送信されたパケット数、およびノード間で受信されたパケット数をテストします。リンク テスト用のリンクは、AP の詳細レポートに表示されます。このリンクをクリックすると、リンク テストの結果を示すポップアップ画面が表示されます。リンク テストは、親子とネイバー間に適用されます。

リンク テストの出力には、送信されたパケット数、受信されたパケット数、エラー パケット数(さまざまな理由のためのバケット)、SNR、ノイズ フロア、および RSSI が含まれます。

リンク テストでは、少なくとも次の詳細情報が GUI に表示されます。

  • 送信されたリンク テスト パケット数

  • 受信されたリンク テスト パケット数

  • 信号強度(dBm)

  • 信号対雑音比

オンデマンド AP ネイバー リンク

これは、WCS Map の新機能です。メッシュ AP をクリックすると、詳細情報を含むポップアップ ウィンドウが表示されます。次に [View Mesh Neighbors] をクリックすると、選択した AP のネイバー情報が取得され、選択した屋内メッシュ AP のすべてのネイバーを含む表が表示されます。

[View Mesh Neighbor] リンクをクリックすると、強調表示されている AP のすべてのネイバーが表示されます。このスナップショットには、すべてのネイバー、ネイバーのタイプ、および SNR 値が表示されます。

ping テスト

ping テストは、コントローラと AP の間で ping を実行するためのオンデマンド ツールです。ping テスト ツールは、AP の詳細ページと MAP の両方で使用できます。AP の詳細ページまたは MAP の AP 情報の [Run Ping Test] リンクをクリックすると、コントローラから現在の AP への ping を実行できます。

結論

エンタープライズ メッシュ(つまり、屋内メッシュ)は、有線イーサネットで接続を提供できない場所にシスコ ワイヤレス カバレッジを拡張するものです。エンタープライズ メッシュにより、ワイヤレス ネットワークの柔軟性および管理性が実現されます。

有線 AP で提供される機能のほとんどは、屋内メッシュ トポロジで提供されます。エンタープライズ メッシュは、同じコントローラ上で有線 AP と共存させることができます。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 111451