会議 : Cisco Unified MeetingPlace

MeetingPlace 8 と WebEx タイプ 2 の統合の設定例

2014 年 3 月 14 日 - ライター翻訳版
その他のバージョン: PDFpdf | 機械翻訳版 (2013 年 9 月 13 日) | 英語版 (2010 年 12 月 17 日) | フィードバック

概要

このドキュメントでは、次の方法について説明します。

  • Cisco MeetingPlace 8 Application Server のインストール

  • Cisco MeetingPlace 8 Application Server の設定と、タイプ 2/WebEx スケジューリング インターフェイスを使用する WebEx サイトとの統合

このドキュメントは、使用可能なすべての設定オプションを包括的に説明することではなく、ラボ環境での実際的な設定例を示すことを目的としています。

全般的な説明については、『Cisco Unified MeetingPlace、リリース 8.0』の Wiki ページを参照してください。WebEx との統合の詳細については、『Cisco Unified MeetingPlace リリース 8.0 - 統合』を参照してください。

前提条件

要件

Cisco MeetingPlace のコラボレーションとネットワーキング プロトコルに関する基本的な知識が必要です。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、Cisco MeetingPlace 8 に基づくものです。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。対象のネットワークが実稼働中である場合には、どのような作業についても、その潜在的な影響について確実に理解しておく必要があります。

ネットワーク図

このドキュメントでは、次のネットワーク構成を使用しています。

meetingplace8-webex-type2-01.gif

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

MeetingPlace 8.0 AppServer のインストール

Cisco Unified Communications メディアの確認

メディア チェックを実行するには、次の手順を実行します。

インストールには次の 2 つの CD を使用します。

  • Cisco Unified MeetingPlace Hardware Media Server installation and configuration

  • Cisco Unified MeetingPlace Application Server installation

最初に Cisco Unified MeetingPlace Hardware Media Server installation and configuration の CD を挿入します。表示された画面で [Check Media] をクリックします。

インストール作業を進める前に、メディア チェックを実行してインストール メディアを確認することを強くお勧めします。

meetingplace8-webex-type2-02.gif

メディア チェックが開始され、インストールによりパーティションがフォーマットされます。

meetingplace8-webex-type2-03.gif

次に、パッケージのインストールが自動的に開始されます。

meetingplace8-webex-type2-04.gif

パッケージのンストール後に、ドライバのロードが開始されます。

meetingplace8-webex-type2-05.gif

最後に実行されるのはファイル システムのマウント プロセスです。

meetingplace8-webex-type2-a.gif

ネットワーク設定パラメータと NTP パラメータの入力

ネットワーク設定パラメータと NTP パラメータを入力するには、次の手順を実行します。

  1. Cisco Unified Communications の [Welcome] 画面が表示されたら、[Next] をクリックします。

    meetingplace8-webex-type2-07.gif

  2. [Network Setup] 画面で、プライマリ DNS、ホスト名、IP アドレスの詳細情報を入力します。

    meetingplace8-webex-type2-08.gif

  3. [Next] をクリックします。

  4. サーバ所在地のタイムゾーンを入力します。

    meetingplace8-webex-type2-09.gif

  5. [Next] をクリックします。

  6. [Date and Time] タブで日時を指定します。

    meetingplace8-webex-type2-10.gif

  7. [Network Time Protocol] タブに移動します。

  8. NTP サーバを追加して設定セクションの入力を完了します。NTP サーバを使用することを強くお勧めします。

    meetingplace8-webex-type2-11.gif

OS の設定セクションが完了したら、Cisco MeetingPlace Application CD の挿入を求めるメッセージが表示されます。「Cisco MeetingPlace のインストール」の手順を実行してください。

Cisco MeetingPlace のインストール

Cisco MeetingPlace をインストールするには、次の手順を実行します。

  1. DVD ドライブに Cisco MeetingPlace DVD を挿入します。

    注:このウィンドウには「Cisco Unified Communications DVD」と記載されていますが、これは Cisco MeetingPlace Application CD と同じものです。

    meetingplace8-webex-type2-12.gif

  2. MeetingPlace のインストール ウィザードが開始されたら、[Next] をクリックします。

    meetingplace8-webex-type2-14.gif

  3. MeetingPlace のライセンス契約書を確認し、[I accept the terms of the License Agreement] を選択して [Next] をクリックします。

    meetingplace8-webex-type2-15.gif

  4. 以前に設定したネットワーク設定パラメータを確認し、正しければ [Next] をクリックします。

    meetingplace8-webex-type2-16.gif

  5. DNS の設定を確認し、正しければ [Next] をクリックします。

    meetingplace8-webex-type2-17.gif

  6. ネットワーク設定全体を確認できる画面が表示されます。すべての情報が正しければ、[Next] をクリックします。

    meetingplace8-webex-type2-18.gif

  7. Aplication Server の root ユーザのパスワードを入力します。

    meetingplace8-webex-type2-19.gif

  8. [Next] をクリックします。

  9. Application Server の mpxadmin アカウントのパスワードを入力します。

    インストール完了後に ssh を介して Application Server に接続する場合は、「mpxadmin」とそのパスワードを使用してログインします。その後、ユーザを「root」に変更できます。

    meetingplace8-webex-type2-20.gif

  10. [Next] をクリックします。

  11. Application Server の Web 管理者のパスワードを入力します。

    meetingplace8-webex-type2-21.gif

  12. メディア サーバのタイプを選択して [Next] をクリックします。

    表示されるオプションには、次のものがあります。

    • [Express]:Application Server のソフトウェア ミキシング

    • [Hardware]:外部ハードウェアを会議に使用(3500 シリーズ メディア サーバ: 3515/3545)

    meetingplace8-webex-type2-22.gif

    アプリケーションのインストールが開始される前に、設定の確認画面が表示されます。

    meetingplace8-webex-type2-23.gif

  13. [Install] をクリックします。

    次のように、インストールの進捗状況を示す 4 つの画面が表示されます。

    meetingplace8-webex-type2-24.gif

    meetingplace8-webex-type2-25.gif

    meetingplace8-webex-type2-26.gif

    meetingplace8-webex-type2-27.gif

  14. インストールの完了を示す画面が表示されたら、[Done] をクリックします。

    meetingplace8-webex-type2-28.gif

  15. [Reboot] をクリックしてサーバをリブートします。

    meetingplace8-webex-type2-29.gif

Cisco MeetingPlace 8.0 の設定

Cisco MeetingPlace を設定するには、次の手順を実行します。

  1. x.x.x.x/admin の形式を使用して Application Server の管理インターフェイスにログインします(x.x.x.x は Application Server の IP アドレスまたは FQDN)。

    meetingplace8-webex-type2-30.gif

    Cisco MeetingPlace が起動します。

    meetingplace8-webex-type2-31.gif

    デフォルトでは、6 個の音声ライセンスと 6 個の ビデオ ライセンスを提供するデモ ラインセンスで稼働します。

    meetingplace8-webex-type2-b.gif

    meetingplace8-webex-type2-32.gif

  2. シスコのアカウント チームまたはシスコのローカル セールス チームからフル ライセンスを取得します。

    meetingplace8-webex-type2-33.gif

  3. プロビジョニング済みのフル ライセンスを取得したら、Application Server の管理ページからこれをアップロードします。[Maintenance] > [Licenses] > [Install Licenses] をクリックします。

  4. [CUCMAdmin] ページで、[Device] >[Trunk] に進んで Cisco Unified CallManager の SIP トランクを作成し、Application Server を接続先に指定します。

    1. [Trunk Type] ドロップダウン リストから [SIP Trunk] を選択します。

    2. [Device Protocol] ドロップダウン リストから [SIP] を選択します。

    3. [Trunk Service Type] ドロップダウン リストから [None] を選択します。

    4. 完了したら、[Next] をクリックします。

    meetingplace8-webex-type2-34.gif

  5. [SIP Information] ウィンドウの [Destination Address] を入力します。この宛先フィールドに入力する IP アドレスは、MeetinPlace Application Server の IP アドレスです。この例では、IP アドレスは 10.48.80.178 です。変更を適用するために [Save] をクリックします。

    meetingplace8-webex-type2-35.gif

  6. SIP トランクを作成すると、そのトランクが [Find and List Trunks] 画面に表示されます。CCM 管理ページから [Device/Trunk] ページに移動すると、追加したばかりのものも含めて、使用可能なすべての SIP トランクが表示されます。

    meetingplace8-webex-type2-36.gif

  7. MeetingPlace SIP トランクのルート パターンを作成します。次の手順を実行します。

    1. CCM 管理ページから、[Call Routing] > [Route Hunt] > [Route Pattern] に移動します。

    2. MeetingPlace に入るためにパイロットとして使用するルート パターンを入力し、これをステップ 4 で作成した MP8-SIP トランクに関連付けます。

    この例では、ルート パターンは 6666 です。

    meetingplace8-webex-type2-37.gif

  8. MeetingPlace Application Server で、[System Configuration] > [Flex Fields Configuration] > [SIP Configuration] を選択し、MeetingPlace 8.0 SIP CallControl の設定を行います。SIP プロキシ サーバのホスト名または IP アドレスを使用します。これは、Cisco Unified CallManager の IP アドレスに対応しています。設定が終了したら、[Save] をクリックします。

    meetingplace8-webex-type2-38.gif

  9. Application Server の MAC アドレスを使用して、Cisco Unified CallManager のビデオ コンファレンス ブリッジを設定します。[Cisco Unified CM Administration] ページで、[Media Resources] > [Conference Bridge] > [Add New ] に移動し、[Video Conference Bridge] を選択します。ステップ 10 の MAC アドレスの画像を参照してください。

    meetingplace8-webex-type2-39.gif

  10. [System Configuration] > [Call Configuration] > [Ad-Hoc Cisco Unified Communications Manager Configuration] を選択し、Application Server の MAC アドレスを取得します。

    meetingplace8-webex-type2-40.gif

  11. この MAC アドレスを、[Software Conference Bridge Info] の [MAC Address] フィールドに入力します。

    meetingplace8-webex-type2-41.gif

Cisco MeetingPlace 8 の使用パラメータ

[System Configuration] > [User Configuration] > [Reservationless Meetings] を選択します。

[Enable reservationless meetings] が [Yes] に設定されていることを確認してください。WebEx を通じてスケジュールが作成される会議は、reservationless(予約なし)だけです。

meetingplace8-webex-type2-c.gif

Cisco MeetingPlace 8 の会議リソース パラメータ

インストール時には [Express Media Server] が選択されます。ハードウェアのメディア サーバに移行する計画がない限り、この設定は変更しないでください。

meetingplace8-webex-type2-45.gif

[Enable ad-hoc video] が [Yes] に設定されていることを確認します。

meetingplace8-webex-type2-g.gif

WebEx を通じてスケジュールが作成される会議アプリケーションは reservationless だけなので、reservationless のポートには十分な値を設定し、変更を保存します。

meetingplace8-webex-type2-47.gif

Cisco MeetingPlace 8 のディレクトリの設定

Cisco MeetingPlace のディレクトリを設定するには、次の手順を実行します。

  1. [Cisco Unified MeetingPlace Administration Center] に移動して [User Configuration] > [Directory Service] > [Directory Service Configuration] を選択し、AXL 経由で Cisco Unified CallManager ディレクトリにアクセスできるようにします。

    ここで使用する AXL のユーザ ID は、AXL 権限を持つ Cisco Unified CallManager のユーザです。通常は、ccmadministrator または AXL 権限を持つその他の Cisco Unified CallManager ユーザを使用できます。

  2. AXL のユーザ ID とパスワードを入力します。ユーザ ID/パスワードと AXL URL を入力したら、[Save] をクリックして設定を保存します。

    meetingplace8-webex-type2-48.gif

    同期が完了すると、MeetingPlace に Cisco Unified CallManager データベースのユーザが表示されます。

    meetingplace8-webex-type2-49.gif

Cisco MeetingPlace 8 のユーザ グループの設定

Cisco MeetingPlace 8 のユーザ グループを設定するには、次の手順を実行します。

  1. [System Configuration] > [User Configuration] > [User Group] > [Edit User Group] を選択します。[Use reservationless] が [Yes] に設定されていることを確認します。これは、WebEx を通じてスケジュールが作成される会議は reservationless だけであるためです。

    meetingplace8-webex-type2-d.gif

  2. Cisco Unified CallManager の設定を完了するには、Cisco Unified CallManager の管理ページから、[System] > [Service Parameters] > [CallManager (Active)] > [Clusterwide Parameters (Feature – Conference)] を選択し、[Minimum Video Capable Participants] を [0] に設定します。

    meetingplace8-webex-type2-53.gif

Cisco MeetingPlace 8 と WebEx の統合の設定

Cisco MeetingPlace 8 と WebEx を統合するには、次の手順を実行します。

  1. Web ブラウザから WebEx のログイン ページに移動します。この例では、URL は https://brussels-ciscolab.webex.com/admin です。ユーザ名とパスワードを入力し、[Log in] をクリックします。

    meetingplace8-webex-type2-54.gif

    [Welcome] ページが表示されます。

    meetingplace8-webex-type2-55.gif

  2. [Manage Users] の下の [Add User] をクリックして、WebEx サイトに admin ユーザを追加します。

    meetingplace8-webex-type2-e.gif

  3. サイト管理者として admin ユーザを追加するには、[Site administrator] を選択します。

    注:ユーザ名は admin です。その他の値にしないでください。Meetingplace 8 は admin を使用するようにハードコードされています。このユーザがここに指定されていなかったり、異なるユーザが指定されたりすると、統合は失敗します。

    注:MeetingPlace の Web GUI へのログインに使用するものとは異なるパスワードを選択することもできます。ただし、ここに入力するパスワードは、統合する WebEX 側で MeetingPlace に設定するものと同じパスワードにする必要があります。

    ユーザが作成されたら、右下隅の [Add] ボタンをクリックします。

    meetingplace8-webex-type2-57.gif

  4. ステップ 3 で設定した WebEX admin ユーザのパスワードを設定するために、[System Configuration] > [Flex Fields Configuration] > [Cisco WebEx Configuration] > [Cisco WebEx Site and Server] を選択します。

    設定画面の残りの設定が完了していない場合、[Cisco WebEx site version] は [T26] になります。これは、正常な動作です。これを [T27] に変更するには、残りの設定手順を完了する必要があります。

    meetingplace8-webex-type2-58.gif

  5. Webex サイトで [Site Settings] をクリックし、このサイトが MeetingPlace との統合用に設定されていることを確認します。この例では、Brussels-ciscolab.webex.com サイトが MeetingPlace との統合用に設定されています。

    meetingplace8-webex-type2-59.gif

  6. WebEx サイトで [Site Settings] をクリックし、[Productivity Tools] セクションに移動します。[Productivity Tools] > [Installation Options] を選択し、[Automatically install Productivity Tools when hosts log in to the site] をオフにします。

    meetingplace8-webex-type2-60.gif

  7. Application Server の管理ページから [Cisco WebEx Certificate] ページに進み、[Create Certificate] をクリックします。

    最初のリンクは証明書をダウンロードできる URL を示しています。まず、証明書を作成してから、その証明書をローカル PC にアップロードします。最初のリンクをクリックしてください。これにより、証明書をローカルに保存できます。

    meetingplace8-webex-type2-61.gif

  8. [Save] をクリックして証明書をローカルに保存します。

    meetingplace8-webex-type2-f.gif

  9. MeetingPlace で作成したばかりの MeetingPlace 8 証明書を、WebEx サイトにインポートします。

    meetingplace8-webex-type2-63.gif

  10. アップロードの完了後に [Site Certificate Manager] ハイパーリンクをクリックすると、目的の証明書が表示されます。

    meetingplace8-webex-type2-64.gif

  11. Application Server に移動します。

  12. [Cisco WebEx Site and Server] で、Cisco WebEx サイトの正しい管理者パスワードを設定し、TSP をリセットします。これにより、[TSP Primary host] に IP アドレスが入力されます(次の画面を参照)。さらに、[WebEx site version] が [26] から [27] に変更されます。

    meetingplace8-webex-type2-65.gif

SSO によるディレクトリの統合

この MeetingPlace の実装には、ディレクトリ サービスと SSO の統合機能が含まれています。そのため、MeetingPlace のユーザは、MeetingPlace サイト(http://<appservername/appweb)での起動時に、シングル サインオン(SSO)で WebEX サイトにログインできます。

SSO を有効にしたディレクトリの設定

ディレクトリの SSO を有効に設定するには、次の手順を実行します。

  1. WebEx サイトに移動して [Site Settings] を選択します。

  2. [Allow user to store personal information for joining meetings and call-back] をオンにします。

  3. [default WebEx Target Page URL] を [http://site.webex.com] に設定し、[SSO service login URL] と [SSO error URL] に正しいアプリケーション サーバが表示されていることを確認します。

    これらの値が正しくない場合は、サイトが適切にプロビジョニング されていません。WebEX のサポートにお問い合わせください。このサイトのホスト名は、アプリケーション サーバのホスト名と一致している必要があります。

    meetingplace8-webex-type2-69.gif

ユーザが MeetingPlace にログインすると、対応するユーザ アカウントが自動的に WebEx サイトで作成されます。ディレクトリ サービスを統合するために WebEX でユーザ アカウントをインポートする必要はありません。この例では、MeetingPlace システム に 2 人のユーザ(Alfa と Beta)が存在します。

meetingplace8-webex-type2-73.gif

  1. WebEx の [Site Administration] の [Edit User List] では、リストにユーザ Beta が表示されません。

    meetingplace8-webex-type2-74.gif

  2. http://<appservername>/appweb に移動し、自分のユーザ名とパスワードを使用してログインします。

    注:プロファイルに電子メール アドレスを指定する必要があります。そうしないと、次のエラー メッセージが表示されます。

    meetingplace8-webex-type2-71.gif

  3. ユーザ Beta として Cisco Unified Meeting Place にログインします。

    meetingplace8-webex-type2-75.gif

  4. MeetingPlace から WebEx サイトにリダイレクトされ、WebEx インターフェイスを使用して会議のスケジュールを作成できるようになります。

    meetingplace8-webex-type2-72.gif

  5. Cisco Unified MeetingPlace に正常にログインできると、ユーザ Beta も WebEX サイトに追加されます。

    meetingplace8-webex-type2-76.gif

確認

現在、この設定に使用できる確認手順はありません。

トラブルシューティング

ここでは、設定に関するトラブルシューティングについて説明します。

問題:WebEx サイトとサーバでの通信エラー

[WebEx Site and Server] に通信エラーが表示された場合、これを解決するには次の手順を実行します。

meetingplace8-webex-type2-66.gif

  1. /var/mp/web/root.out, appweb.out のログ ファイルに移動します。

  2. 次に示す http 通信エラーを探します。

    java.net.SocketException: SOCKS
    server general failure
  3. WebEx サイト名が正しく、かつ http://<sitename>.webex.com がブラウザから到達可能であることを確認します。

問題:WebEx Audio Recorder での通信エラー

WebEx Audio Recorder に通信 エラーが発生した場合、これを解決するには次の手順を実行します。

meetingplace8-webex-type2-67.gif

  1. /var/mp/web/root.out, appweb.out のログ ファイルに移動します。

  2. 次に示す http 通信エラーを探します。

    java.net.SocketException: SOCKS
    Can't connect to SOCKS
    Proxy:socks.cisco.com
  3. プロキシ設定でプロキシ サーバのホスト名とポートが正しいことを確認します。デフォルト ポートは 1080 です。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 112184