非同期転送モード(ATM) : ATM トラフィック管理

ATM PVC の両方のルータ エンドで同じトラフィック シェーピング値を使用する必要がありますか

2003 年 2 月 13 日 - ライター翻訳版
その他のバージョン: PDFpdf | 機械翻訳版 (2013 年 8 月 21 日) | 英語版 (2007 年 11 月 15 日) | フィードバック

目次

概要
PVC は単方向ですか
設定
show コマンドとコンフィギュレーション ノート
ルータでの入力値と出力値の指定
関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション
関連情報


概要

一般的なハブとスポーク WAN のトポロジでは、トラフィック フローのボリュームは非対称で、リモート サイトからのトラフィックよりも、リモート サイトに流れるトラフィックの方が多くなっています。 このような構成では、nrt-VBR PVC の 2 つのルータ エンドで異なる Peak Cell Rate(PCR; ピーク セルレート)と Sustained Cell Rate(SCR; 平均セルレート)のトラフィック シェーピング値を使用する、非対称の Permanent Virtual Circuit(PVC; 相手先固定接続)を用意することで、利益が得られる場合があります。

このアプリケーション ノートの目的は、非対称 PVC の設定例を説明することです。  ATM スイッチ ネットワークで実装が適切に行われていない場合は、PVC の速度が遅い方のエンドでは、パフォーマンスに影響を与える可能性がある CRC エラーが発生する場合があります。

PVC は単方向ですか

ATM 仮想接続は、2 つの単方向サブリンクから構成されます。  接続は、同じ VPI/VCI を両方向で割り当てますが、各方向で異なる量の帯域幅を割り当てることができます。 このような接続を「非対称」と呼びます。

設定

LS1010 ATM スイッチでの次の設定例は、固有の PCR=SCR 値を有する、2 つのルータを使用します。
  • 中央サイト : 7 MB PCR=SCR、LS1010 ポート 0/0/0 に接続
  • リモート サイト : 3.5 MB PCR=SCR、LS1010 ポート 1/0/0 に接続
LS1010 の設定
atm connection-traffic-table-row index 63999 vbr-nrt pcr 3500 scr0 3500  mbs 200
atm connection-traffic-table-row index 64000 vbr-nrt pcr 7000 scr0 7000  mbs 200
!
interface ATM1/0/0
 no atm auto-configuration
 no atm ilmi-keepalive
 atm pvc 5 100 rx-cttr 63999 tx-cttr 64000  interface  ATM0/0/0 5 100 

show コマンドとコンフィギュレーション ノート

  • show atm connection-traffic-table:Cisco キャンパス ATM スイッチは、connection-traffic-table-row(CTTR)値からなる別のテーブルに、各接続に関するトラフィック パラメータを格納します。  まずトラフィック パラメータの値を設定し、CTTR テーブルの行にインデックス番号を割り当てる必要があります。  これらの CTTR 行を表示するには、次のコマンドを使用します。
    ls1010-2#show atm connection-traffic-table
    Row      Service-category    pcr        scr/mcr       mbs         cdvt
    1            ubr          7113539        none                     none
    2            cbr              424                                 none
    3            vbr-rt           424         424          50         none
    4            vbr-nrt          424         424          50         none
    5            abr              424           0                     none
    6            ubr              424        none                     none
    63997        cbr             1741                                 none
    63998        vbr-rt          5000        2500-0       none        none
    63999        vbr-nrt         3500        3500-0       200         none
    64000        vbr-nrt         7000        7000-0       200         none
    2147483645*  ubr                0        none                     none
    2147483646*  ubr                1        none                     none
    2147483647*  ubr          7113539        none                     none
     
  • atm pvc コマンドは、VC の各区間に対してtx-cttr パラメータおよび rx-cttr パラメータを使用できます。 では、どちらの方向が送信で、どちらの方向が受信になるでしょうか。  スイッチ ファブリックが中心の構図となります。  つまり、rx はインターフェイスからスイッチ ファブリックに向かい、tx はスイッチ ファブリックから出てインターフェイスに向かいます。
  • 同じトラフィック シェーピングの結果を実現する、複数の方法があります。  つまり、次のコマンドは同じ結果になります。

    int atm 1/0/0

  •   atm pvc 5 100 rx-cttr 63999 tx-cttr 64000 int atm 0/0/0 5 100
      atm pvc 5 100 int atm 0/0/0 5 100 rx-cttr 64000 tx-cttr 63999
      atm pvc 5 100 rx-cttr 63999 int atm 0/0/0 5 100 rx-cttr 64000
     
  • 接続の非対称のパラメータを確認するには、show atm vc int x/y/z vpi vci コマンドを使用します。
0/0/0 - rx is 7MB
0/0/0 - tx is 3.5MB

1/0/0 - tx is 7MB
1/0/0 - rx is 3.5 MB

ls1010-2#sh atm vc int atm 0/0/0 5 100

Interface: ATM0/0/0, Type: oc3suni
VPI = 5  VCI = 100
Status: DOWN
Time-since-last-status-change: 1d14h
Connection-type: PVC
Cast-type: point-to-point
Packet-discard-option: disabled
Usage-Parameter-Control (UPC): pass
Wrr weight: 2
Number of OAM-configured connections: 0
OAM-configuration: disabled
OAM-states:  Not-applicable
Cross-connect-interface: ATM1/0/0, Type: ds3suni_Quad
Cross-connect-VPI = 5
Cross-connect-VCI = 100
Cross-connect-UPC: pass
Cross-connect OAM-configuration: disabled
Cross-connect OAM-state:  Not-applicable
Threshold Group: 3, Cells queued: 0
Rx cells: 0, Tx cells: 0
Tx Clp0:0,  Tx Clp1: 0
Rx Clp0:0,  Rx Clp1: 0
Rx Upc Violations:0, Rx cell drops:0
Rx Clp0 q full drops:0, Rx Clp1 qthresh drops:0
Rx connection-traffic-table-index: 64000
Rx service-category: VBR-NRT (Non-Realtime Variable Bit Rate)
Rx pcr-clp01: 7000
Rx scr-clp0 : 7000
Rx mcr-clp01: none
Rx      cdvt: 1024 (from default for interface)
Rx       mbs: 200
Tx connection-traffic-table-index: 63999
Tx service-category: VBR-NRT (Non-Realtime Variable Bit Rate)
Tx pcr-clp01: 3500
Tx scr-clp0 : 3500
Tx mcr-clp01: none
Tx      cdvt: none
Tx       mbs: 200

ls1010-2#show atm vc int atm 1/0/0 5 100

Interface: ATM1/0/0, Type: ds3suni_Quad
VPI = 5  VCI = 100
Status: DOWN
Time-since-last-status-change: 1d14h
Connection-type: PVC
Cast-type: point-to-point
Packet-discard-option: disabled
Usage-Parameter-Control (UPC): pass
Wrr weight: 2
Number of OAM-configured connections: 0
OAM-configuration: disabled
OAM-states:  Not-applicable
Cross-connect-interface: ATM0/0/0, Type: oc3suni
Cross-connect-VPI = 5
Cross-connect-VCI = 100
Cross-connect-UPC: pass
Cross-connect OAM-configuration: disabled
Cross-connect OAM-state:  Not-applicable
Threshold Group: 3, Cells queued: 0
Rx cells: 0, Tx cells: 0
Tx Clp0:0,  Tx Clp1: 0
Rx Clp0:0,  Rx Clp1: 0
Rx Upc Violations:0, Rx cell drops:0
Rx Clp0 q full drops:0, Rx Clp1 qthresh drops:0
Rx connection-traffic-table-index: 63999
Rx service-category: VBR-NRT (Non-Realtime Variable Bit Rate)
Rx pcr-clp01: 3500
Rx scr-clp0 : 3500
Rx mcr-clp01: none
Rx      cdvt: 1024 (from default for interface)
Rx       mbs: 200
Tx connection-traffic-table-index: 64000
Tx service-category: VBR-NRT (Non-Realtime Variable Bit Rate)
Tx pcr-clp01: 7000
Tx scr-clp0 : 7000
Tx mcr-clp01: none
Tx      cdvt: none
Tx       mbs: 200

  • 実装が適切でない場合、速度が遅い方の受信側インターフェイスでは入力廃棄が発生する可能性があります。  特に PA-A3  は、トラフィック シェーピングの値に基づいて、VC に合計受信バッファのサブセットを割り当てます。   実装が不適切な非対称 VC が原因で、VC が想定よりも多くのパケットを受信する場合、これらの受信バッファがいっぱいになります。  ルータは後続のパケットを廃棄する必要があり、また show atm vc 出力で InPktDrops カウンタを増やします。   PVC が InPktDrops のログを記録している場合、ATM スイッチ ネットワークと両方のルータ エンドにおけるトラフィック シェーピングの設定をチェックします。
  • 2600 および 3600 シリーズ用の OC-3 および DS-3 ネットワーク モジュールは、異なるアーキテクチャを使用しています。 これらモジュールは、VC に割り当てられた受信バッファの数の割り当て量を設定せず、したがって ATM ネットワークで VC が適切に設定されていない場合も、入力廃棄を報告しません。

ルータでの入力値と出力値の指定

ATM ルータ インターフェイスは、Switched Virtual Circuit(SVC; 相手先選択接続)の確立に、Q.2931 などのシグナリング プロトコルを使用します。  シグナリング プロトコルは、複数の Information Element(IE; 情報要素)を含む SETUP メッセージを送信することで、SVC プロセスを開始します。 IE の目的は、接続の特性を伝達することです。

トラフィック記述子 IE により、順方向および逆方向の PCR、順方向および逆方向の SCR、順方向および逆方向の MBS を含む、接続のトラフィック パラメータがネゴシエートされます。 ATM ルータ インターフェイスで SVC を設定する場合、vbr-nrt コマンドでは input-pcr、input-scr、および input-mbs の各パラメータが使用できます。  コマンドの完全な構文は次のとおりです。

vbr-nrt output-pcr output-scr output-mbs [input-pcr] [input-scr] [input-mbs]

次の例では、5 MB の出力 PCR および SCR と、2.5 MB の入力 PCR および SCR を指定します。

7200-1.3(config-subif)#svc LESLIE nsap 47.00918100000000E04FACB401.00E04FACB401.00
7200-1.3(config-if-atm-vc)#vbr-nrt 5000 5000 94 ?
  <1-45000>  Input Peak Cell Rate(PCR) in Kbps
  <cr>

7200-1.3(config-if-atm-vc)#vbr-nrt 5000 5000 94 2500 ?
  <1-2500>  Input Sustainable Cell Rate(SCR) in Kbps

7200-1.3(config-if-atm-vc)#vbr-nrt 5000 5000 94 2500 2500 ?
  <1-65535>  Input Maximum Burst Size(MBS) in Cells

PVC のトラフィック パラメータを指定する際には、VC はシグナリングを実行していないため、同一の vbr-nrt 設定文がこれらの値を設定するオプションを提供していないことに注意します。

7200-1.3(config)#int atm 6/0.2
7200-1.3(config-subif)#pvc 1/100

7200-1.3(config-if-atm-vc)#vbr-nrt 5000 5000 ?
  <1-65535>  Maximum Burst Size(MBS) in Cells
  <cr>
 

7200-1.3(config-if-atm-vc)#vbr-nrt 5000 5000 94 ?
  <cr>


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 10401