音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unity Connection

リリースによる ViewMail for Microsoft Outlook 機能性 付加

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料は ViewMail for Microsoft Outlook (VMO)の前のバージョンで設定された機能変更を説明しましたりしかし VMO の最新リリースでまだ可能性のあるものです。 VMO のための新しく、変更された機能性は whent リリース ノートにそれ最初に導入されます説明があります。 ただし、VMO リリースノートドキュメンテーションの新しい バージョンにこれらの変更が伝達されません。 前の機能変更の情報を見つけることはいつか困難です。 この資料の目標は 1 位置の変更の概略を提供することです。

著者:Cisco TAC エンジニア、Scott Hills

VMO は 8.6(4) 新しい機能をリリースします

VMO のだけテキストとの応答のためのサポート

VMO では 8.5(7) およびそれ以前を、テキスト音声 メッセージのための機能だけとの応答サポートされませんリリースして下さい。 VMO を使うと 8.6(4) およびそれ以降を、テキスト音声 メッセージのための機能だけによって応答サポートされますリリースして下さい。 VMO は、通常の電子メールとしてのみテキストの応答を考慮し、それぞれの受信者に送信します。

: テキスト VMO の機能だけとの応答はセキュア メッセージを使用しません。

VMO のためのテキストだけ応答を有効に するために、これらのステップを完了して下さい:

  1. タイプ DWORD のシステム レジストリ値を次のように設定します。

    [HKEY_CURRENT_USER\Software\Cisco Systems\ViewMail for Outlook\ VoiceMailReplywithText]
    "VoiceMailReplywithText" = "1"


  2. 接続 Simple Mail Transfer Protocol (SMTP) ドメインに送られるすべてのメールが適切な接続サーバにルーティングされるように Microsoft Exchange 環境 ルーティング ルールを設定して下さい。

  3. Exchange 内のユーザの団体電子メールに電子メールを中継で送るために接続を設定して下さい。 詳細については、Cisco Unity Connection リリース 8.x 資料のためのユーザ 移動、 追加および変更 ガイドCisco Unity Connection 8.x セクションのメッセージ アクションを参照して下さい。

  4. 非単一 インボックス(SIB)ユーザ向けの SMTP プロキシアドレスを設定して下さい。 詳細については、Cisco Unity Connection リリース 8.x 資料のためのユーザ 移動、 追加および変更 ガイドCisco Unity Connection 8.x セクションの SMTP プロキシアドレスを参照して下さい。

グループ Exchangeポスト アクセス演劇メッセージのためのサポート

VMO リリース 8.5(7) およびそれ以前の他のユーザのメールボックスにアクセスする代表者権限がある場合そのユーザの音声 メッセージを再生できません。 VMO リリース 8.6(4) および特派員 49 およびそれ以降の設計の Cisco Unity Connection リリース 8.5(1) の他のユーザのメールボックスにアクセスする代表者権限がある場合ユーザのインボックスからのそのユーザの音声 メッセージを再生できます。

: グループ Exchangeポスト アクセス演劇メッセージはセキュア メッセージを使用しません。

グループ Exchangeポストを有効に するために演劇メッセージ 機能性に、完了しますこれらのステップをアクセスして下さい:

  1. タイプ DWORD のシステム レジストリ値を次のように設定します。

    [HKEY_CURRENT_USER\Software\Cisco Systems\ViewMail for Outlook\ VoiceMailTUI
    "VoiceMailTUI" = "1"


  2. 他のユーザにメール アクセスに委託するために Exchange のユーザを設定して下さい。

VMO は 8.6(5) 新しい Functionaility をリリースします

VMO の Cisco Unity 音声メール添付ファイルのためのサポート

Cisco VMO では Cisco Unity ユーザが Cisco Unity Connection に移行するとき 8.6(4) およびそれ以前を、彼ら接続の音声メールをすることができませんリリースして下さい。 従って、Cisco Unity 音声メールおよび .wav ファイルはそれらの VMO 制御なしで目に見えますのでだけ Microsoft Outlook の添付ファイル。

Cisco VMO によって 8.6(5) およびそれ以降をリリースして下さい、移行された Cisco Unity ユーザは非セキュア音声メールをすることができ、VMO を使うと .wav ファイルの添付は接続機構をします。 Cisco Unity からの Cisco Unity Connection への移行に関する詳細については、再構成データの移動によって Cisco Unity からの Cisco Unity Connection 8.x への次第に移行を参照し、Cisco Unity Connection のためのガイドをアップグレードして下さい

: 添付ファイルのサイズが大きい場合遅延が生じるかもしれません。

移行された Cisco Unity ユーザは音声メールおよび .wav ファイルの添付のこれらの型をすることができます:

  • Cisco Unity Connection 音声メール
  • Cisco Unity 音声メール
  • .wav ファイルの添付

特派員 14 およびそれ以降を設計している特派員 18 およびそれ以降を設計している Cisco Unity から Cisco Unity Connection リリース 8.6(1) にまたは Cisco Unity Connection リリース 8.6(2) 移行するとき VMO 演劇接続機構が付いている Cisco Unity 非セキュア音声 メッセージを再生できます。 これには Cisco Unity から Unity 接続に移行されない音声 メッセージが含まれています。

演劇接続機構は既にあっている接続音声 メッセージ、Cisco Unity 音声 メッセージおよび .wav 添付ファイルでだけ利用できます。 ただし、ユーザはそれぞれ Cisco Unity 音声 メッセージおよび .wav ファイルの添付を答え、転送できません。

Cisco Unity セキュア メッセージは VMO か Media Player によって再生することができません。 それらをするように試みるときこの暗号化 された メッセージは再生されます:

「この音声 メッセージはセキュアで、Cisco Unity サポートされているクライアントの使用によってだけことができます遊ぶ。 エラーのこのメッセージを受け取った場合、それをすぐに削除し、知らせて下さい送信側を」。

VMO の Cisco Unity 音声メール接続機構をするために、タイプ DWORD のシステム 登録値をで設定して下さい:

[HKEY_CURRENT_USER\Software\Cisco Systems\ViewMail for Outlook\ VoiceMailUpload_Play]
"VoiceMailUpload_Play" = "1"

: システム Registry 鍵 VoiceMailUpload_PLay のデフォルト値は 0 です。 登録値が 0 に設定 される場合、Cisco Unity Connection 音声メールだけない Cisco Unity 音声メールされ。

VMO の単一 サインオンのためのサポート

Cisco VMO リリース 8.6(4) およびそれ以前の Cisco Unity Connection と接続されることを試みるときログオン資格情報を入力して下さい。

Cisco VMO リリース 8.6(5) およびそれ以降は、単一 サインオンと統合ときログオン資格情報を入力する必要なしで VMO を使用するために、アクセス権を得ることを可能にします。 アクティブ ディレクトリに認証される場合、Cisco Unity Connection に自動的に同様に接続されます。

以下に注意すべき事項を一部紹介します。

  • シングル サインオン 機能は特派員 17 およびそれ以降を設計していれば特派員 18 およびそれ以降を設計していれば VMO リリース 8.6(5) およびそれ以降および接続リリース 8.6(1) または接続リリース 8.6(2) がある場合その時だけ有効に なります。

  • 単一 サインオンの Cisco VMO リリース 8.6(5) およびそれ以降は SIB ユーザ向けだけに適当です。

レジストリ エディタのシングル サインオン 機能をディセーブルにするために、これらのステップを完了して下さい:

  1. Windows XP のタイプ DWORD のシステム 登録値をで設定して下さい:

    [HKEY_CURRENT_USER\Software\Cisco Systems\ViewMail for
    Outlook\Profiles\User Name\Server\VoiceMailRequiresUserNameAndPassword]
    "VoiceMailRequiresUserNameAndPassword" = "1"


    : Windows 7 のタイプ DWORD のシステム 登録値を設定するために、このパスを使用して下さい: [HKEY_CURRENT_USER \ソフトウェア\シスコシステムズ\ ViewMail for Outlook \プロファイル\ Outlook \サーバ\ユーザネーム\]。



  2. Outlook を再起動し、手動で Cisco VMO ページのユーザネームおよび Password フィールドを入力して下さい。

: システム Registry 鍵 VoiceMailRequiresUserNameAndPassword のデフォルト値は 0 です。 登録値が 1 に設定 される場合、VMO のシングル サインオン 機能は無効です。

送信 された 項目 フォルダの音声 メッセージの同期

VMO を使うと 8.6(5) およびそれ以降を、特派員 17 およびそれ以降を設計する Cisco Unity Connection リリース 8.6(1) リリースすれば特派員 18 およびそれ以降を設計する接続リリース 8.6(2) は Exchange によって送信 される 項目 フォルダのユーザが送信 する 音声 メッセージのコピーを維持します。 音声 メッセージは接続によって送信 される 項目 フォルダでまた目に見えます。 Exchange の音声 メッセージは項目 フォルダを送信 し、Unity 接続によって送信 される フォルダは毎時間同期されます。 さらに、Exchange によって送信 される 項目 フォルダの音声 メッセージはコンピュータによってしか再生することができません。 音声 メールボックスに音声 メッセージを送るとき、音声 メッセージは接続によって送信 される 項目 フォルダで目に見えるようになります。 ただし、それは Exchange によって送信 される 項目 フォルダと同期されて得ません。

デフォルトで、接続によって送信 される 項目 フォルダとの Exchange によって送信 される 項目 フォルダの音声 メッセージの同期は有効に なりません。 機能を有効に するために、システム設定> 進み、> Cisco Unity Connection 管理のメッセージング ページ変更します送信されたメッセージをナビゲート して下さい: 大きい値に設定 する保持期間(幾日で)よりゼロ。

詳細については、Cisco Unity Connection 8.x 詳細設定資料のメッセージング コンフィギュレーションセクションを参照して下さい。

: Exchange の音声 メッセージを再生することは電話が付いている項目 フォルダを、グループ Exchangeポスト アクセス演劇メッセージ 機能性を有効に する必要があります送信 しました。 詳細な情報に関しては、グループ Exchangeポスト アクセス演劇メッセージのためのセクション サポートを参照して下さい。

グループ Exchangeポスト アクセス演劇メッセージのためのサポート

VMO リリース 8.5(7) およびそれ以前の他のユーザのメールボックスにアクセスする代表者権限がある場合そのユーザの音声 メッセージを再生できません。 特派員 18 およびそれ以降を設計していれば VMO リリース 8.6(5) および特派員 17 およびそれ以降か接続リリース 8.6(2) の設計の Cisco Unity Connection リリース 8.6(1) の他のユーザのメールボックスにアクセスする代表者権限がある場合ユーザのインボックスからのそのユーザの音声 メッセージを再生できます。

: グループ Exchangeポスト アクセス演劇メッセージはセキュア メッセージを使用しません。

グループ Exchangeポストを有効に するために演劇メッセージ 機能性に、完了しますこれらのステップをアクセスして下さい:

  1. タイプ DWORD のシステム レジストリ値を次のように設定します。

    [HKEY_CURRENT_USER\Software\Cisco Systems\ViewMail for Outlook\ VoiceMailTUI
    "VoiceMailTUI" = "1"


  2. 他のユーザにメール アクセスに委託するために Exchange のユーザを設定して下さい。

VMO は 8.6(7) 新しい Functionaility をリリースします

Cisco VMO との IPv6 のためのサポート

Cisco VMO では 8.6(6) およびそれ以前をリリースして下さい、IPv4 上のネットワーク通信は Outlook と Cisco Unity Connection リリース 8.6(x) およびそれ以前の間でサポートされます。 Cisco VMO では 8.6(7) およびそれ以降をリリースして下さい、IPv4 および IPv6 両方上のネットワーク通信は Outlook と Cisco Unity Connection リリース 9.0 およびそれ以降の間でサポートされます。 音声メール サーバ名 フィールドでこれらのどちらかを入力することができます:

  • IPv4 アドレス/ホスト名
  • IPv6address/Hostname

最良 の 方法として、Cisco は音声メール サーバ名 フィールドで及び角カッコ間の IPv6 アドレスを入力することを推奨します。

VMO の IPv6 サポートに関する詳細については、互換性 マトリックスを参照して下さい: ユーザワークステーションの Cisco Unity Connection およびソフトウェア

Cisco VMO のフェールオーバー 機能のためのサポート

Cisco VMO では 8.6(6) およびそれ以前を、音声メールサーバ アップデートされます Cisco Unity Connection クラスタ ステータスに関係なくユーザが定義する音声メールサーバ値とリリースして下さい。

Cisco VMO によって 8.6(7) およびそれ以降を、音声メールサーバ自動的にアップデートされます Cisco Unity Connection クラスタ ステータスに基づいて現在のプライマリ Cisco Unity Connection サーバによってリリースして下さい。

Cisco Unity Connection フェールオーバー 機能を使用する前に、それに注意して下さい:

  • Cisco Unity Connection フェールオーバー 機能は特派員 27 およびそれ以降を設計していれば VMO リリース 8.6(7) およびそれ以降および接続リリース 8.6(2) がある場合その時だけ有効に なります。

  • Cisco Unity Connection フェールオーバー 機能は Cisco VMO リリース 8.6(7) およびそれ以降の SIB ユーザ向けだけに適当です。

  • Cisco Unity Connection フェールオーバー 機能を使用したいと思う場合単一 サインオンは有効に する必要があります。 詳細については、Cisco ViewMail for Microsoft Outlook リリース 8.6(5) 文書に関するリリース ノートOutlook(VMO)セクションのための ViewMail の単一 サインオンを参照して下さい。

  • Cisco Unity Connection フェールオーバー 機能が有効に なる場合、VMO の音声メール サーバ名 フィールドは読み取り専用です。

レジストリ エディタの Unity 接続フェールオーバー 機能を有効に するために、タイプ DWORD のシステム 登録値をで設定して下さい:

[HKEY_CURRENT_USER\Software\Cisco Systems\ViewMail for
Outlook\Profiles\User Name\Server\VoiceMailSSOCxnFailOverMode]
"VoiceMailSSOCxnFailOverMode" = "1"

: システム Registry 鍵 VoiceMailSSOCxnFailOverMode のデフォルト値は 0 です。 登録値が 1 に設定 される場合、VMO の Cisco Unity Connection フェールオーバー 機能は有効に なります。

VMO の厳密な単一 サインオンのためのサポート

ユーザ認証が有効に なる 単一 サインオンの Cisco VMO リリース 8.6(5) および 8.6(6) に失敗した場合 VMO はユーザ名 および パスワード フィールドをアップデートすることを可能にします。

ユーザ認証が有効に なる厳密な単一 サインオンの Cisco VMO リリース 8.6(7) およびそれ以降に失敗した場合 VMO はユーザ名 および パスワード フィールドをアップデートすることを可能にしません。

厳密な単一 サインオンを使用する前に、確認して下さい:

レジストリ エディタの厳密なシングル サインオン 機能を有効に するために、タイプ DWORD のシステム 登録値をで設定して下さい:

[HKEY_CURRENT_USER\Software\Cisco Systems\ViewMail for
Outlook\Profiles\User Name\Server\VoiceMailSSOStrictMode]
"VoiceMailSSOStrictMode" = "1"

: システム Registry 鍵 VoiceMailSSOStrictMode のデフォルト値は 0 です。 登録値が 1 に設定 される場合、VMO の厳密なシングル サインオン 機能は有効に なります。

関連情報


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 117317