ビデオ : Cisco Prime Network Registrar 8.2

Cisco Prime Network Registrar 8.2 互換性考慮事項を用いる Cisco プライム記号 IPAM 8.1.2

2015 年 8 月 24 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 4 月 23 日) | フィードバック


目次


概要

このテクニカルノートは Cisco Prime Network Registrar 8.2 と Cisco Prime Network Registrar IPAM 8.1.2 の互換性を文書化します。 それは IPAM 8.1.2 が可能にするために IPAM 管理/リモート エージェントのインストール時に Cisco Prime Network Registrar 8.2 とはたらくことを行う必要がある変更を説明します。

この資料はまた IPAM 8.1.2 と使用することができる Cisco Prime Network Registrar 8.2 機能を識別したものです。

はじめに

要件

Cisco Prime Network Registrar 8.2 SDK パッケージが IPAM Cisco Unified Mobile Agent の「cnrsdk」フォルダを取り替えるのに使用する必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

Cisco Prime Network Registrar 8.2 との IPAM 8.1.2 -セットアップ

IPAM 8.1.2 を Cisco Prime Network Registrar 8.2 とはたらかせます IPAM エグゼクティブ/リモート エージェントの「cnrsdk」フォルダ(<INC-HOME>/cnrsdk)は最新の Cisco Prime Network Registrar 8.2 SDK パッケージと取り替えられなければなりません。 IPAM 8.1.2 から始まって Cisco Prime Network Registrar を管理する IPAM Cisco Unified Mobile Agent の使用は 8.x 必須です。 従ってそれは IPAM 8.1.2 リモート エージェントのだけ cnrsdk フォルダを取り替えることを足ります。

これらは IPAM Cisco Unified Mobile Agent の「cnrsdk」フォルダの置換の手順です:

  1. IPAM 8.1.2 リモート エージェントを停止して下さい。

    Linux/Solaris 用: <INC-HOME>/etc/incontrol 停止

    Windows の場合: Windows サービス コントローラを IPAM サービスを停止するのに使用して下さい。

    デフォルトで <INC-HOME> ディレクトリのための:

    Windows: C:\Program Files\Cisco\Cisco プライム記号ネットワークレジストラ IPAM

    Linux/Solaris: /opt/incontrol

  2. <INC-HOME>/cnrsdk フォルダへのナビゲートか IPAM Cisco Unified Mobile Agent サーバのサブディレクトリ。

  3. 「cnrsdk」フォルダまたはサブディレクトリのすべてのファイル/フォルダを、ないフォルダまたはサブディレクトリ自体を取除いて下さい。

  4. Cisco Prime Network Registrar 8.2 SDK パッケージをコピーして下さい(例えば: <INC-HOME>/cnrsdk フォルダへの Linux のための cnrsdk-8.2.1311191408-Linux.tar)。

  5. Cisco Prime Network Registrar 8.2 SDK パッケージを得て下さい。

  6. IPAM 8.1.2 Cisco Unified Mobile Agent を開始して下さい。

    Linux/Solaris 用: <INC-HOME>/etc/incontrol 開始する(IPAM エージェントを開始するために「incadmin」ユーザとしてログオンする必要があります)

    Windows の場合: Windows サービス コントローラを IPAM サービスを開始するのに使用して下さい。

    「cnrsdk」フォルダが Cisco Prime Network Registrar 8.2 SDK と取り替えられれば、IPAM 8.1.2 は Windows および Linux プラットフォームの Cisco Prime Network Registrar 8.2 と使用することができます。

Solaris ユーザ向け:

IPAM Cisco Unified Mobile Agent の「cnrsdk」フォルダの置換に加えて IPAM 8.1.2 を Solaris 環境の Cisco Prime Network Registrar 8.2 とはたらかせます、<INC-HOME>/etc フォルダの「shrc」ファイルの LD_LIBRARY_PATH の値は修正する必要があります。 値を修正するために次の手順に LD_LIBRARY_PATH 従って下さい:

  1. IPAM 8.1.2 Cisco Unified Mobile Agent を停止して下さい。

    Linux/Solaris では: <INC-HOME>/etc/incontrol 停止

    Windows では: Windows サービス コントローラを IPAM サービスを停止するのに使用して下さい

  2. <INC-HOME>/etc フォルダの「shrc」ファイルを開いて下さい。

  3. Cisco Prime Network Registrar 8.2 ローカルクラスタの「ライブラリ」フォルダを含むために LD_LIBRARY_PATH の値を修正して下さい。

    LD_LIBRARY_PATH の既存の値:

    LD_LIBRARY_PATH=$LD_LIBRARY_PATH: $INCHOME/cnrsdk/lib;

    LD_LIBRARY_PATH の New 値:

    LD_LIBRARY_PATH=$LD_LIBRARY_PATH:$INCHOME/cnrsdk/lib:/opt/nwreg2/local/lib; (Cisco Prime Network Registrar のインストール ディレクトリがならデフォルト ディレクトリ)

  4. IPAM 8.1.2 Cisco Unified Mobile Agent を開始して下さい。

    Linux/Solaris では: <INC-HOME>/etc/incontrol 開始する(IPAM エージェントを開始するために「incadmin」ユーザとしてログオンする必要があります)

    Windows では: Windows サービス コントローラを IPAM サービスを開始するのに使用して下さい。

    上記のステップが「cnrsdk」フォルダを取り替えた後実行されれば、IPAM 8.1.2 は Solarisプラットフォームの Cisco Prime Network Registrar 8.2 と使用することができます。

Cisco Prime Network Registrar 8.2 の新しい 機能

次の新しい 機能は主なネットワークレジストラ 8.2 と導入されます:

  1. DNS データベース機能拡張

  2. DNS 意見

  3. DNS 列挙

  4. CDNS ドメイン リダイレクト

  5. DHCID RR サポート

  6. DHCPv6 ダイナミック リース 通知

  7. DHCPv6 フェールオーバー

  8. 拡張 な Web UI

主なネットワークレジストラ 8.2 と使用された場合主な IPAM 8.1.2 に関する制限事項

このセクションは IPAM 8.1.2 が Cisco Prime Network Registrar 8.2 を管理するのに使用されているときサポートされないか、または使用することができない Cisco Prime Network Registrar 8.2 機能を説明しています。 また Cisco Prime Network Registrar 8.2 の DHCP および DNSサーバの非難された属性のリストが含まれています。 これらの属性は IPAM 8.1.2 で IPAM 8.1.2 を Cisco Prime Network Registrar 8.2 と互換性を持たせるために設定するべきではありません。

サポートされていない Cisco Prime Network Registrar 8.2 機能

IPAM 8.1.2 が Cisco Prime Network Registrar 8.2 を管理すればのに使用されている場合次の機能は Cisco Prime Network Registrar 8.2 で設定するべきではないし、使用することができません:

  1. DNS 意見

  2. DNS 列挙

Cisco Prime Network Registrar 8.2 の DNS 意見か DNS 列挙オブジェクトを設定することは IPAM 8.1.2 の DNS 配備タスクの失敗に終わります。

IPAM 8.1.2 で設定されないべき非難された属性

Cisco Prime Network Registrar 8.2 で非難されるいくつかの DHCP/DNS 属性があります。 非難された属性の値が IPAM 8.1.2 の DHCP/DNS サーバページで設定される場合、DHCP/DNS 配備タスクは失敗します。 非難された属性の次のリストは IPAM 8.1.2 で設定するべきではありません。

DNSサーバ 設定 ページ

次の属性は Cisco Prime Network Registrar 8.2 の DNSサーバ ページで非難されます。 IPAM 8.1.2 のこれらの属性を設定することは DNS 配備タスクの失敗に終わります。

基本および拡張モード属性:

auth-db-cache-kbytes
checkpoint-interval (Zone Checkpoint Interval)
fake-ip-name-response (Fake responses for IP address-like names)
hide-subzones (Hide Subzones)
notify-defer-cnt (NOTIFY max. changes to accumulate)

巧妙なモード属性:

auth-reconnect
check-parent-zone-acl
config-db-checkpoint-interval
config-db-purge-logs-interval
changeset-db-cache-partitions
changeset-db-cache-size
changeset-db-checkpoint-interval
changeset-db-err-log-enabled
changeset-db-heap-size
changeset-db-hist-max-trim-count
changeset-db-history-kept
changeset-db-log-buffer-size
changeset-db-log-size
changeset-db-logs-trimming-interval
changeset-db-max-age
changeset-db-max-rr-size
changeset-db-reads-per-transaction
changeset-db-transaction-interval
checkpoint-min-interval
chset-db-lock-count
do-incr-zone-load
enforce-min-ttl
full-reload-recovery-options
ha-dns-error-handling
ha-dns-failure-detection-timeout
ha-dns-max-connect-timeout
ha-dns-max-frame-size
ha-dns-max-records
ha-dns-max-retries
ha-dns-min-zone-size
ha-dns-serial-gap-delay
ha-dns-wait-between-retries
ha-dns-zonesync-check-interval
ha-dns-zonesync-failed-timeout
hierarchical-alphabetic-rr-ordering
htrim-ddns-between-htrims
htrim-zone-max-hist-allowed
htrim-zone-size-check-interval
htrim-zone-size-to-travel
ixfr-min-zone-size
optimistic-ddns-responses
optimize-zone-lookup
relax-ixfr-query-validation
relax-cname-rules
round-trip-time-limit
synthesize-aaaa-records
use-update-optimization
zone-checkpoint-file-buf-ksize
zone-db-cache-kbytes

Cisco Prime Network Registrar 8.2 では、DNSサーバ アトリビュート「アクティビティ カウンター ログ設定アクティビティ概略型」およびフラグとして次の値の「アクティビティ カウンター ログ設定」」はとして「2 つの属性に分割されました。 以前のリリースのそれが一緒のすべてのフラグとの一つの属性(アクティビティ カウンター ログ設定)だった一方。

「アクティビティ概略型」(統計型)アトリビュートのフラグ:

sample
total

「アクティビティ カウンター ログ設定」(統計情報設定)アトリビュートのフラグ:

performance
query
errors
security
maxcounters
ha
ipv6
datastore

IPAM 8.1.2 ではフラグ「サンプル」および「合計」がアトリビュート「アクティビティ カウンター ログ設定」に選択されれば、DNS 配備タスクはエラーと失敗します。 このアトリビュートの残りのフラグは IPAM 8.1.2 で設定 し、設定は正常に押すことができます。

/リバースゾーン 設定 ページ順方向に編集して下さい

次の属性および設定 オプションは編集で Cisco Prime Network Registrar 8.2 の順方向/リバースゾーン ページ非難されました。 IPAM 8.1.2 のこれらの属性を設定することは DNS 配備タスクの失敗に終わります。

基本および拡張モード アトリビュート:

checkpoint-interval
checkpoint-min-interval
dynamic
scvg-ignore-restart-interval
scvg-interval
scvg-max-records
scvg-max-records-searched
scvg-no-refresh-interval
scvg-pause-interval
scvg-refresh-interval

巧妙なモード属性:

full-reload-recovery-options
name-protection

セカンダリ ゾーン 設定 ページを編集して下さい

次の属性は Cisco Prime Network Registrar 8.2 の編集セカンダリ ゾーン ページから非難されました。 これらの属性の値は IPAM 8.1.2 で値が設定 される場合 DNS 配備タスクが失敗するので設定するべきではありません。

基本および拡張モード属性:

checkpoint-interval
checkpoint-min-interval

巧妙なモード属性:

full-reload-recovery-options

HA DNS ペア設定 ページ

Cisco Prime Network Registrar 8.2 のいくつかの DNS データベース機能拡張の実装の一部として、次の HA-DNS 属性は DNSサーバ ページから HA ペア ページに移られます。 Cisco Prime Network Registrar 8.2 の DNS HA ペアが IPAM 8.1.2 によって管理されれば DNS 配置タスクが失敗するので次の属性が IPAM 8.1.2 の DNSサーバ ページで設定するべきではないこと助言されます。

巧妙なモード属性:

ha-dns-error-handling
ha-dns-failure-detection-timeout
ha-dns-max-connect-timeout
ha-dns-max-frame-size
ha-dns-max-records
ha-dns-max-retries
ha-dns-min-zone-size
ha-dns-serial-gap-delay
ha-dns-wait-between-retries
ha-dns-zonesync-check-interval
ha-dns-zonesync-failed-timeout

DHCP Server ページ

次の属性は Cisco Prime Network Registrar 8.2 の DHCPv6 フェールオーバー 機能の一部として DHCP Server ページから非難されます。 これらの属性の値が IPAM 8.1.2 で設定 されれば DHCP 配備タスクは失敗します。

基本および拡張モード属性:

ip-history-detail
	failover-bulking
failover-poll-interval
failover-poll-timeout

巧妙なモード属性:

failover
failover-allow-ack-on-update
failover-remote-port
failover-update-retry-time
failover-control-retry-time
failover-update-retry-count
failover-control-retry-count
failover-send-batch-updates
failover-skip-ack-on-update
udp-send-packet-size

DHCPサーバ アトリビュートは「Cisco Prime Network Registrar 8.2 でトラップを」持っています DHCPv6 フェールオーバーの一部としてそれに追加された 2 つの New フラグを(address6-conflict 及び prefix6-conflict)有効に しました。 Cisco Prime Network Registrar 8.2 のフェールオーバー ペアが IPAM 8.1.2 によってそして「イネーブルになったトラップに」追加される New フラグ管理されればアトリビュートは DHCP Server ページで有効に することができません。

DNS 配備タスク

の IPAM 8.1.2 と以前のリリース、DNS 配備タスクが実行されたとき、ユーザは Cisco Prime Network Registrar の全体のゾーン データが IPAM からの新しいゾーン データと取り替えられなければならない場合「上書きゾーンのオプションを選択できます。

Cisco Prime Network Registrar 8.2 が IPAM 8.1.2 によって管理される場合、タスクの失敗に終わるのでオプション「上書きゾーンが DNS 配備タスクの間に選択するべきではないことが助言されます。

要約

IPAM 8.1.2 のすべてのサポートされる機能は Cisco Prime Network Registrar 8.2 と IPAM 8.1.2 Cisco Unified Mobile Agent の「cnrsdk」フォルダかサブディレクトリが上記されているようにアップデートされる場合正しく動作します。

Cisco Prime Network Registrar 8.2 の次の新しい 機能は IPAM 8.1.2 によって管理される Cisco Prime Network Registrar 8.2 インストールで使用することができます:

  1. CDNS ドメイン リダイレクト

  2. DHCID RR サポート

  3. DHCPv6 ダイナミック リース 通知

  4. DHCPv6 フェールオーバー(セクションの制限を除く「トラップ」アトリビュートに関して 4.2.5 は有効に しました)

  5. 拡張 な Web UI

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 117365