サーバ - ユニファイド コンピューティング : Cisco Unified Computing System

Nexus 5000 および 1000V シリーズ スイッチ 設定例の UCS L2 マルチキャスト

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料に Cisco Unified Computing System (UCS)、Cisco Nexus 1000V シリーズ スイッチ(N1kV)、および Cisco Nexus 5000 シリーズ スイッチ(N5k)のセットアップに仮想計算機(VM)のためのレイヤ2 (L2)マルチキャストを設定し解決する方法を記述されています。

Cisco TAC エンジニア Vishal Mehta 著

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • マルチキャストの基本
  • Cisco UCS
  • N1kV
  • N5k

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco Nexus 5020 シリーズ スイッチのバージョン 5.0(3)N2(2a)
  • Cisco UCS バージョン 2.1(1d)
  • シスコ仮想インターフェイス カード(VIC)を搭載した Cisco UCS B200 M3 ブレード サーバ 1240
  • vSphere 5.1 (ESXi および vCenter)
  • Cisco N1kV バージョン 4.2(1)SV2(1.1a)

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドまたはパケット キャプチャ設定が及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

背景説明

マルチキャストは最初ネットワークからのマルチプルホストがマルチキャスト アドレスを定期講読するレイヤ3 (L3)機能性を使用するために設計されました。 新しい傾向が同じ VLAN のホストを渡るマルチキャストアプリケ− ションに加わる VM 間のトラフィックフロー L2 マルチキャスト機能を使用することである。 そのようなマルチキャストトラフィックは同じ L2 ドメインの内にとどまり、ルータを必要としません。

クエリを起こす VLAN にマルチキャスト ルータがないとき、querier メンバーシップクエリを送信するためにインターネット グループ管理 プロトコル (IGMP) スヌーピングを設定して下さい。 IGMP Snooping は UCS、N1kV および N5k でデフォルトで有効に なります。 L2 マルチキャストのスコープに UCS か N5k で、依存 querier IGMP Snooping を有効に することができます。 UCS の外にマルチキャストレシーバーがある場合、N5k のスヌーピングク エリアを設定して下さい。

querier IGMP Snooping が有効に なるとき、IP Multicast トラフィックを受信したいと思うホストからの IGMP レポート メッセージを引き起こす定期的な IGMP クエリを送信します。 IGMP Snooping はこれらの IGMP レポートを適切なフォワーディングを確立するために受信します。

IGMP Snooping ソフトウェアはこのトラフィックの受信に興味を起こさせられるホストかその他のデバイスに接続されるインターフェイスを検出するために VLAN 内の IGMP プロトコルメッセージを検査します。 インターフェイス 情報を利用して、IGMP Snooping は全体の VLAN のフラッドを避けるためにマルチアクセス LAN 環境の帯域幅の使用量を減らすことができます。 IGMP Snooping 機能はマルチキャスト可能 な ルータに IGMPメンバーシップレポートのフォワーディングの管理を助けるために接続されるポートをトラッキングします。 また、IGMP Snooping ソフトウェアはトポロジーの変更通知に応答します。

設定

VM のための L2 マルチキャストを設定するためにこのセクションを使用して下さい。

ネットワーク構成

この例のネットワーク セットアップについてのいくつかの注記はここにあります:

  • UCS は仮想ポート チャネル(vPC)によって N5k に接続されます。

  • Operating System (OS)はホストの両方でインストールされている VMware ESXi 5.1 です。 各ホストに Microsoft Windows の VM が 2012 ゲスト OS あります。

  • マルチキャストのソースはマルチキャストIPアドレス 239.14.14.14 にホスト IP アドレス 172.16.16.222 (UCS ブレード 1/5)の MCAST VM (IP アドレス 172.16.16.226)、それ送信 します トラフィックをです。

  • マルチキャストレシーバーはホスト IP アドレス 172.16.16.220 (UCS ブレード 1/6)の AD-1 VM (IP アドレス 172.16.16.224)、およびホスト IP アドレス 172.16.16.222 (UCS ブレード 1/5)の TEST VM (IP アドレス 172.16.16.228)です

  • querier IGMP Snooping は 172.16.16.233 の IP アドレスで N5k とまた UCS で 172.16.16.2 の IP アドレスで設定されます。

同じ VLAN (16)の 2 queriers を設定する必要がありません。 UCS の外にマルチキャストレシーバーがある場合、N5k のスヌーピングク エリアを設定して下さい。 マルチキャストトラフィックが UCS ドメインの内にある場合、Cisco Unified Computing System マネージャ(UCSM)のスヌーピングク エリアを作成して下さい。


: querier 選択プロセスを説明する N5k IGMPクエリアは RFC 4605 ごとに選ばれます。

N5k IGMPクエリア 設定

N5k の IGMPクエリアの設定例はここにあります:

vlan 16

  ip igmp snooping querier 172.16.16.2

!

int vlan 16

  ip address 172.16.16.2/24

  no shut

querier IP アドレスは Switched Virtual Interface のためである必要はないしそれは VLAN 16 の同じ サブネット内の別の IP アドレスである場合もあります。


: 特定のバージョンのための IGMPクエリアを設定する方法についての情報に関しては Cisco Nexus 5000 シリーズ NX-OS ソフトウェア コンフィギュレーション ガイド設定 IGMP Snooping セクションを参照して下さい。

UCS IGMPクエリア 設定

UCS のための IGMPクエリアを設定するためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. ここに示されているように UCSM の LAN タブの下で新しいマルチキャスト ポリシーを、作成して下さい:



  2. マルチキャスト ポリシー N1k-MCAST に VLAN 16 を適用して下さい:



  3. N1kV に関しては、IGMP Snooping が(デフォルトで有効に なる)で VLAN 16 有効に なることを確認して下さい。 設定は N1kV で基本 L2 マルチキャストをサポートするためにされてはなりません。

: VideoLAN クライアント(VLC) Media Player はマルチキャストを示すために使用されます。 詳細については流れるマルチキャストのために VLC プレイヤーを使用する方法で VLC Media Player をマルチキャスト ビデオ技術情報を流すのに使用する方法を参照して下さい。

確認

設定が正しく機能することを確認するためにこのセクションを使用して下さい。

N1kV の確認

マルチキャストレシーバー TEST VM および AD-1 VM が MCAST が VM トラフィックのソースをたどるマルチキャスト ストリーム 239.14.14.14 に加入したことを確認して下さい。 このイメージはマルチキャストレシーバー TEST VM がストリームを受け取ることを示します:



N1kV スヌーピング出力はマルチキャストレシーバーのグループ アドレスおよび Veths を、マルチキャストトラフィックのソースをたどる VM のない Veth 示したものです(予想通り):



この N1kV 出力はマルチキャストおよび IGMPクエリアのためのアクティブポートを示したものです:



水平なホストでマルチキャストトラフィックが加わる VM によって受信されることを確認できます。 この出力は仮想 な 監視プログラムモジュール(VSM)のモジュール 3 にある VM AD-1 を示したものです、:



この出力は VSM のモジュール 4 にある VM TEST を示したものです、:


UCS の確認

この UCS 出力はマルチキャストおよびグループ アドレスのためのアクティブポートを示したものです:



VLAN 16 のためのこの UCS スヌーピング出力は N5k の querier だけ現在アクティブであることを querier UCSM および N5k で設定される、示しますことを確認し(予想通り):


N5k の確認

N5k で、そのマルチキャスト グループアドレス 239.14.14.14 を確認すればアクティブな port-channel は UCS ファブリックに相互接続します接続されます(FIs):


トラブルシューティング

このセクションでは、設定のトラブルシューティングに役立つ情報を提供します。

L2 ドメインのマルチキャストについての基本的な警告のリストはここにあります:

  • IGMP Snooping がスイッチで有効に ならない場合、マルチキャストトラフィックは L2 ドメイン内のブロードキャストです。

  • IGMP Snooping が有効に なる場合、querier マルチキャストソースおよびレシーバが含まれている VLAN のアップリンク スイッチで動作する必要があります。

  • VLAN に IGMPクエリアがない場合、N1kV および UCS はマルチキャストを転送しません。 これは Cisco Technical Assistance Center (TAC)ケースで見られるもっとも一般的な ミスコンフィギュレーションです。

  • デフォルトで、IGMP Snooping は N1kV および UCS 両方で有効に なります。

  • UCS バージョン 2.1 および それ 以降を使うと、IGMP Snooping は VLAN ごとのイネーブルまたはディセーブルであり IGMPクエリアは UCS レベルで設定することができます。


Document ID: 117360