スイッチ : Cisco Nexus 7000 シリーズ スイッチ

FabricPath プロキシ レイヤ2 学習および MAC アドレス プロキシコンフィギュレーション例

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料はリリース 6.2(2) で学ぶプロキシ L2 をか追加される FabricPath ドメインの MAC スケーラビリティを拡大することを可能にするプロキシ MAC ラーニング 機能記述したものです。 この機能は FabricPath の M シリーズモジュールのより大きい MACテーブルを、利用することを可能にします。 FabricPath は M シリーズモジュールでサポートされません、まだ M シリーズモジュールの MACテーブルを活用できます。

Al ブライアントによって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

前提条件

要件

Cisco は FabricPath 基本概念のナレッジがあることを推奨します。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Nexus 7000 リリース 6.2(2) かあとで脊柱およびリーフ スイッチ
  • NX-OS リリース 6.2(2)
  • M1/M2 + F1 仮想デバイス コンテキスト(VDC)または M1/M2 + 脊柱(L2/L3 境界)の F2E VDC

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

背景説明

同じ VDC に M シリーズモジュールおよび F1 または F2e があるとき、MACアドレス学習は F シリーズモジュールのコア ポートにデフォルトで発生します。 これはリモートMAC 学習呼出されます。 このリモートMAC 学習 モードでは、F シリーズ MACテーブル キャパシティによる FabricPath ドメインの 16,000 の全ネットワーク MAC アドレスに制限されます。

リリース 6.2(2) およびそれ以降では、F2e が M シリーズモジュールと同じ VDC にある、F2e はレイヤ2 モードだけで動作します。 この場合、M シリーズモジュールのより大きい MACアドレステーブルが FabricPath ドメインの 128,000 までの総 MAC アドレスを学習するのに使用することができます。 発生するこれのためにプロキシ MAC ラーニング モードを有効に する必要があります。

プロキシ MAC ラーニングを有効に するために、で学んでいる脊柱とあらゆる F2 リーフ スイッチのコア ポート SOCs のすべてのコア ポート スイッチ チップ(SOCs)で学んでいるユーザは手動で リモートMAC を M1/M2 + F1 VDC または M1/M2 + F2E VDC 脊柱ディセーブルにし、FabricPath コア ポートMAC をディセーブルにする必要があります。

すべての標準的なイーサネット(CE)ポートで学習されるすべての FabricPath コア ポートへのすべてのローカルMACアドレスは同期されます。 リリース 6.1(2) およびあとで F2/F2E で変更され、リリース 6.2(2) およびあとで F1 で変更されるこれ。 以前のリリースでは、MAC ラーニングはコア ポートで完了しませんでした(F2 で学ぶブロードキャスト以外)。 これはあらゆるリーフ スイッチで上の状態を満たす 16,000 のローカルMACアドレスの制限を残します。 これはコア ポート学習をディセーブルにする時でさえ本当です。

機能利点

これらの表にテーブルエントリの数規定最大値があります:

  • F1/F2/F2e MAC アドレス Table-16、000 のエントリ; これは Nexus 7000 リーフ毎に 16,000 のローカルMACアドレスが vs Nexus 7000 リーフごとの 16,000 の全ネットワーク MAC アドレス(ローカルおよび遠隔)あることを可能にします。

  • M1/M2 MAC アドレス Table-128、000 のエントリ; これは典型的な設計の脊柱で 128,000 の全ネットワーク MAC アドレスがあることを可能にします(L2 は去りましたり、L3/SVI 脊柱)。 これは脊柱として M1/M2 + F1 VDC か M1/M2 + F2E VDC 仮定します。

設定

このセクションは MACアドレス学習を設定する方法を記述します。

: このセクションで使用されているコマンドの詳細を調べるには、Command Lookup Tool登録ユーザ専用)を使用してください。

ネットワーク図

で M1/M2 は + (F1 か F2e)脊柱 VDC を混合しました:

  1. すべての脊柱で学ぶリモートMAC をディセーブルにするために MACアドレステーブル fabricpath リモート学習コマンドを入力しないで下さい。

    • これは脊柱 F1/F2e モジュールがリモートMAC アドレスを学習することを防ぎます。
    • M1/M2 モジュールはまだルーテッドトラフィックからの MAC アドレスを学習します。
    • FabricPath ドメインのすべてのスイッチはリリース 6.2(2) を実行する必要があります。
    • これは毎 VDC 設定です。
  2. コア ポートだけとのすべての SOCs で学ぶ FabricPath コア ポートMAC をディセーブルにするためにハードウェア fabricpath MAC ラーニング モジュール <x> [ポートグループ <x>]コマンドを入力しないで下さい。

    • これは F1/F2e モジュールがマルチキャスト フレームで学ぶことを防ぎます。
    • M1/M2 モジュールはまだある特定の VLAN のための Switch Virtual Interface (SVI)が時 MAC アドレスをその送信/受信マルチキャストトラフィック学習します。
    • デフォルト/admin VDC、毎モジュールまたはポートグループで設定される。
    • 警告: CE ポート無しの SOCs のディセーブルだけ。 CE ポートが SOC にある場合、コア ポート学習をディセーブルにしないで下さい。 CE ポートが MAC アドレスを学習することができるようにそれが必要となります。

現在の F2 リーフ スイッチがあれば:

  1. 接続されるコア ポートとのすべての F2 SOCs で学ぶ FabricPath コア ポートMAC をディセーブルにするためにハードウェア fabricpath MAC ラーニング モジュール <x> [ポートグループ <x>]コマンドを入力しないで下さい。

    • これは F2 がブロードキャスト/マルチキャスト フレームで学ぶことを防ぎます。
    • 警告: CE ポート無しの SOCs のディセーブルだけ。 CE ポートが SOC にある場合、コア ポート学習をディセーブルにしないで下さい。 CE ポートが MAC アドレスを学習することができるようにそれが必要となります。

  2. F2 CE エッジポートの許可された VLANリストをプルーニングするためにスイッチポートトランクによって許可される VLAN .....コマンドを入力して下さい。

    • これは F2 CE ポートがある特定の VLAN のためのブロードキャストの各パケットを学ぶことを防ぎます。
    • これが必要となりませんが、それは最良 の 方法 MAC アドレス スケーラビリティを最大化するためにです。

また Cisco バグ ID CSCuj98135 を、N7K 参照して下さい: ユニキャストトラフィックのための中断プロキシ L3 フォワーディングを学ぶ FP プロキシ L2。

確認

現在、この設定に使用できる確認手順はありません。

トラブルシューティング

現在のところ、この設定に関する特定のトラブルシューティング情報はありません。

関連情報


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 117298