スイッチ : Cisco Nexus 7000 シリーズ スイッチ

FabricPath 予約パス転送は VPC+ によってエミュレートされるスイッチ ID があるように確認します

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料に予約パス転送(RPF)チェックのために使用するべきエミュレートされたスイッチ ID (ESID)かのどのインターフェイスを判別する方法を記述されています。

著者:Cisco TAC エンジニア、Al Bryant

Prerequsities

要件

Cisco は FabricPath 基本的な用語および概念のナレッジがあることを推奨します。 具体的には、ユーザはおよび使用されるかどのようにフォワーディング タグ(FTAGs)について詳しく知っているはずです。 FTAGs に関する詳細については、Multidestination ツリーを FTAG についてはマッピング することを参照して下さい。

: 用語 FTAG、ツリーおよび FTAG ツリーはこの資料で相互に使用されます。 この資料が書かれていた時、FTAG1 だけおよび FTAG2 が設定されました。 将来追加 FTAGs があるかもしれません。

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は Nexus 7000 に基づいています。 いくつかのコマンドは他の Nexus プラットフォームで変わるかもしれませんが概念は変わりません。

トポロジ

: これはただの部分的なトポロジーです。 Spine2 に接続されるもう一つの Spine1 が Leaf1 および Leaf2 両方あり、が、この資料から簡単にするために除かれます。 Spine1 は FTAG1 および Spine2 のためのルートです FTAG2 のためのルートです。

背景説明

FabricPath ドメインでは、各スイッチはスイッチ ID (SID)によって識別されます。 設定される仮想ポート Channel+ (vPC+)の場合には各ピア スイッチに 2 SID があります。 物理的 な スイッチのための 1 つおよび vPC+ によって形成される論理的なスイッチのための 1。 論理的な SID は両方の同位で共有され、ESID として知られています。

multidestination パケットが vPC+ インターフェイスで受信され、FabricPath ドメインに転送されるとき、パケットは FabricPath ヘッダとカプセル化され、ソース SID は ESID に設定 されます。 このパケットが FabricPath コア ポートで受信されればパケットを確認するために、RPF チェックは正しいインターフェイスで受け取られました実行された。 つまり、RPF チェックは受け取られたインターフェイスにパケットのソース SID および FTAG をクロスレファレンスします。 それが RPF インターフェイスで受け取られなかった場合、パケットは RPF チェック失敗し、廃棄されます。

RPF チェックは未知のユニキャスト、マルチキャストおよびブロードキャストパケットを含む multidestination パケットのためにだけ始まります。 ユニキャスト パケットの RPF チェックは等コスト複数の経路を用いるマルチプルインターフェイス入って来ことができるので実行された。 Multidestination パケットは FTAG ツリーに基づいてソース SID 毎に 1 つのインターフェイスしか入って来必要がありません。

この資料では、ESID のための RPF チェックは調査されます。 ESID は vPC+ ドメインを表します。 これは 2 つの物理的 な スイッチで構成されているそれが 1 論理的なスイッチであることを意味します。 トポロジーダイアグラムを考察する場合、2 つの物理リンクから一般的に事実である 1 ESID があることがわかります。 、RPF チェック FTAG ツリーに基づいて 1 つのインターフェイスで受け入れられるべき割り当て multidestination パケットだけ覚えていて下さい。

手順

ステップ 1: RPF 状態をチェックして下さい

この例では、Spine2 は FTAG2 のためのルートです。 最初に、ESID 34 の電流 RPF インターフェイスのためのチェック Spine2 および FTAG2。 RPF ステータスをチェックするソフトウェアとハードウェアにある 2 つの場所があります。 出力は両方ともその Eth4/41 が FTAG2 のための RPF インターフェイスであることを、ESID 34 示します。

ソフトウェア チェック

Spine2# show l2 multicast trees

<snip>

ftag/2, topo/0, Switch-id 34), uptime: 04:55:59, isis
Outgoing interface list: (count: 1, '*' is the preferred interface)
* Interface Ethernet4/41, [RPF] [admin distance/115] uptime: 02:09:32, isis

ハードウエア チェック

最初に、VDC 数およびモジュールをパケット 入力判別して下さい。

Spine2# show vdc

Switchwide mode is m1 f1 m1xl f2 m2xl

vdc_id vdc_name state mac type lc

------ -------- ----- ---------- --------- ---
6 Spine2 active 84:78:ac:0b:60:46 Ethernet f2

それから、受信インターフェイスのモジュールへの付加ハードウェア状態をチェックするため。

Spine2# attach module 4

module-4# show fabricpath unicast routes vdc 6 ftag 2 switchid 34
Route in VDC 6
---------------
--------------------------------------------------------------------------------
FTAG | SwitchID | SubSwitchID | Loc/Rem | RPF | RPF Intf | Num Paths | Merge V
--------------------------------------------------------------------------------
0002 | 0034 | 0000 | Remote | Yes | Eth4/41 | 0 | 1
--------------------------------------------------------------------------------
PD Information for Prefix:

FE num | ADDR TYPE | HTBL ADDR | TCAM ADDR | SWSI
----------------------------------------------------------
10 | HASH TABLE | 00001440 | 000000ff | 0000124c
11 | HASH TABLE | 00001440 | 000000ff | 0000124c
--------------------------------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------------------------------

呼び出します。 vPC+ アフィニティーをチェックして下さい

両方とも ESID の一部のとき Spine2 が Eth4/45 に Leaf2 の代りに Eth4/41 に Leaf1 をなぜ選択したか理解するために、最初にアフィニティーの概念を理解して下さい。

非vPC+ セットアップでは、multidestination パケットは Tree1 であるトポロジーの最初のツリーで主に転送されます。 vPC+ 環境では、各ツリーに(FTAG1 か FTAG2) 1 または他のピア スイッチのためのアフィニティーがあります。 この場合、ブロードキャスト、未知のユニキャストおよび非 IP マルチキャスト フレームは特定ピア スイッチにアフィニティーがあるツリーを横断します。

どのピアが FTAG2 のためのアフィニティーがあるかチェックする必要があります。 これを、ログインは vPC+ ドメインでリーフの 1 にするために切り替えます。 チェックはどちらかのピア スイッチから両方ともピアのアフィニティー、また専有物を知るはずであるのですることができます。

Leaf1# show fabricpath isis database detail | i Affinity|Hostname|Nickname

<snip>

Hostname : Leaf2 Length : 5
Affinity :
Nickname: 34 Numgraphs: 1 Graph-id: 1 Nickname :
Priority: 0 Nickname: 4 BcastPriority: 64
Priority: 0 Nickname: 34 BcastPriority: 0
Nickname Migration :

Hostname : Leaf1 Length : 5
Affinity :
Nickname: 34 Numgraphs: 1 Graph-id: 2
Nickname Migration :
Nickname :
Priority: 0 Nickname: 3 BcastPriority: 64
Priority: 0 Nickname: 34 BcastPriority: 0

この情報を利用して multidestination フレームが Leaf1 で受信されれば、スイッチは FTAG2 ツリーに沿ってそれを転送することがわかります。 フレームが Leaf2 で受信される場合、FTAG1 ツリーに沿って転送されます。

FTAG ツリーに関する詳細については、Multidestination ツリーを FTAG についてはマッピング することを参照して下さい。

この情報は Spine2 で ESID 34 のための RPF 状態を構築するために使用されます。 これは FTAG2 ESID 34 のために RPF インターフェイスとして Eth4/41 使用されますです。 

アフィニティー選択

FTAG アフィニティーはこの方式と選択されます:

  • SID の基づく序列法があります。 SID は割り当てられる疑わしいシャーシへの MAC アドレスのプールから得られます。

  • 最も低いシステム ID に高いランクがあります。

  • 従って最も低いシステム ID および高いランクとの vPC+ ピアに、FTAG1 のためのアフィニティーがあります。

  • 従って第 2 最も低いシステム ID におよび二番目に高いランクは、FTAG2 のためのアフィニティーがあります。

結論

RPF 状態は各ピアの vPC+ アフィニティー状態に従って構築されます。 ある特定の FTAG のための ESID への RPF インターフェイスはアフィニティーとピアにスイッチを接続するインターフェイスです。



Document ID: 117297