コラボレーション エンドポイント : Cisco TelePresence System EX シリーズ

CA-42 USB データ ケーブルを使用した TelePresence EX/MX コンソール ケーブルの作成

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

このドキュメントでは、Nokia CA-42 USB データ ケーブルを使用して Cisco TelePresence EX90 コンソール ケーブルを作成する方法について説明します。 EX90 にコンソールをつなぐことにより、ハードウェア関連ではない問題を解決できる場合があります。 EX90 のコンソール ケーブルはデフォルトでは用意されていませんが、組み立てまたは購入することができます。

著者:Cisco エンジニア、Eric Aittala

前提条件

要件

このドキュメントに関する固有の要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Nokia CA-42 USB データ ケーブルまたは互換性のあるケーブル

    : Original Equipment Manufacturer(OEM)ケーブルを使用しない場合は、使用するケーブルに PL2303 チップが含まれていることを確認します。

  • RJ-45 圧着工具
  • RJ-45 端子
  • はんだごて(任意)
  • はんだ(任意)
  • ワイヤ ストリッパ(任意)

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

関連製品

このドキュメントは、次の Cisco TelePresence モデルで使用することができます。

  • EX90
  • EX60
  • E20
  • MX200
  • MX300

EX90 コンソール ケーブルの作成

ここでは、CA-42 USB のデータ ケーブルで EX90 コンソール ケーブルを作成する方法について説明します。

ケーブルのピン配置の確認

ケーブルを作成する前に、TXRX、および GRD を探します。

Nokia OEM ケーブルのピン配置を次に示します。

この例で使用されている互換性のある非 OEM ケーブルのピン配置を次に示します。

: 互換性のあるケーブルのワイヤーであっても、このドキュメントで示されている色と異なる場合があります。

ケーブルの準備

使用するケーブルのピン配置が分からない場合は、コネクタを切り離して、ケーブルから数インチ離します。

  1. TXRX、および GND を探すには、マルチメータを使用します。



  2. TXRX、および GND の被膜をはがします。

    ヒント: 作業しやすくするために、ワイヤーの両端をハンダ付けすることをお勧めします。



ケーブルの作成

ケーブルの USB 側で RJ-45 を圧着します。 圧着する前に、TXRX、および GND が正しい位置にあることを確認してください。

ケーブル ドライバのインストール

OEM ケーブル ドライバ

Prolific の Web サイトから CA-42 OEM ケーブル用のドライバをダウンロードします。 ユーザ名/パスワードとして guest/guest を使用します。 [PL2303 USB to Serial Drivers] のリンクをクリックします。

  • Microsoft(MS)Windows の場合、このファイルは以下の場所にあります。 PL2303_Prolific_DriverInstaller_v1.7.0.zip. このファイルには、すべての MS Windows ドライバが含まれています。

  • Macintosh の場合、オペレーティング システム(OS)のレベルに応じて適切なドライバを探してください。

互換性のあるケーブル ドライバ



Document ID: 117177