ルータ : Cisco ASR 1000 シリーズ アグリゲーション サービス ルータ

ASR 1000 の OTV のマルチキャストの設定例

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

このドキュメントでは、Cisco アグリゲーション サービス ルータ(ASR)1000 プラットフォームでオーバーレイ トランスポート仮想化(OTV)マルチキャスト モードを設定する方法について説明します。 OTV は複数のサイトにレイヤ 2(L2)トポロジを拡張するため、デバイスはレイヤ 3(L3)プロバイダーを介して L2 で通信できます。 サイト 1 内のデバイスは、サイト 2 内のデバイスと同じブロードキャスト ドメイン内に存在していると認識します。

著者:Cisco TAC エンジニア、デニー・マクラフリン。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • イーサネット仮想接続(EVC)の設定
  • ASR プラットフォームの基本的な L2 設定と L3 設定
  • Internet Group Management Protocol(IGMP)バージョン 3 と Protocol Independent Multicast(PIM)の基本設定

使用するコンポーネント

このドキュメント内の情報は、Cisco IOS® バージョン asr1000rp1-adventerprise.03.09.00.S.153-2.S.bin が搭載された ASR 1002 に基づくものです。

ASR 1000 に OTV 機能を実装するためには、システムが次の要件を満たしている必要があります。

  • Cisco IOS-XE バージョン 3.5S 以降
  • 1542 以上の最大伝送単位(MTU)

    : OTV は、Do Not Fragment ビット(DF ビット)を含む 42 バイトのヘッダーをすべてのカプセル化パケットに追加します。 オーバーレイを介して 1500 バイトのパケットを伝送するには、中継ネットワークが 1542 以上の最大伝送単位(MTU)をサポートしている必要があります。 OTV 経由のフラグメンテーションを可能にするには、otv fragmentation join-interface <interface> を有効にする必要があります。

  • サイト間のユニキャストおよびマルチキャスト到達可能性

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

設定

ここでは、OTV マルチキャスト モードの設定方法について説明します。

基本的な L2/L3 接続を使用したネットワーク構成図

基本的な L2/L3 接続

基本構成から始めます。 ASR の内部インターフェイスは、dot1q トラフィックのサービス インスタンス用に設定されます。 OTV Join インターフェイスは、外部 WAN L3 インターフェイスです。

ASR-1
interface GigabitEthernet0/0/0
 description OTV-WAN-Connection
 mtu 9216
 ip address 172.17.100.134 255.255.255.0
 negotiation auto
 cdp enable

ASR-2
interface GigabitEthernet0/0/0
 description OTV-WAN-Connection
 mtu 9216
 ip address 172.16.64.84 255.255.255.0
 negotiation auto
 cdp enable

OTV が 42 バイトのヘッダーを追加するため、インターネット サービス プロバイダー(ISP)がサイト間で最小 MTU サイズを渡していることを確認する必要があります。 この検証を行うには、DF ビットをセットした 1542 のパケット サイズを送信します。 これにより、パケット上で必要なペイロードと do not fragment タグが ISP に渡されるため、OTV パケットをシミュレートできます。 DF ビットなしで ping できない場合は、ルーティングに問題があります。 DF ビットなしで ping できるが、DF ビットを設定すると ping できない場合は、MTU に問題があります。 成功したら、OTV ユニキャスト モードをサイト ASR に追加することができます。

ASR-1#ping 172.17.100.134 size 1542 df-bit
Type escape sequence to abort.
Sending 5, 1514-byte ICMP Echos to 172.17.100.134, timeout is 2 seconds:
Packet sent with the DF bit set
!!!!!
Success rate is 100 percent (5/5), round-trip min/avg/max = 1/1/2 ms

内部インターフェイスは、L2 dot1q タグ付きパケット用のサービス インスタンスを使用して設定された L2 ポートです。 内部サイト ブリッジ ドメインも作成します。 この例では、タグなし VLAN1 です。 内部サイト ブリッジ ドメインは、同じサイト内の複数の OTV デバイスの通信に使用されます。 これにより、デバイス同士が通信して、どのデバイスがブリッジ ドメイン用の Authoritative Edge Device(AED)かを決定できます。

サービス インスタンスは、オーバーレイを使用するブリッジ ドメインに設定する必要があります。

ASR-1
interface GigabitEthernet0/0/1
 no ip address
 negotiation auto
 cdp enable
 service instance 1 ethernet
  encapsulation untagged
  bridge-domain 1
 !
 service instance 50 ethernet
  encapsulation dot1q 100
  bridge-domain 200
 !
 service instance 51 ethernet
  encapsulation dot1q 101
  bridge-domain 201


ASR-2
interface GigabitEthernet0/0/2
 no ip address
 negotiation auto
 cdp enable
 service instance 1 ethernet
  encapsulation untagged
  bridge-domain 1
 !
 service instance 50 ethernet
  encapsulation dot1q 100
  bridge-domain 200
 !
 service instance 51 ethernet
  encapsulation dot1q 101
  bridge-domain 201

OTV マルチキャストの最小設定

これは、いくつかのコマンドだけで OTV と Join /内部インターフェイスをセットアップできる基本構成です。

ローカル サイト ブリッジ ドメインを設定します。 この例では、LAN 上の VLAN1 です。 サイト識別子は物理的な場所ごとに異なります。 この例では、物理的に独立している 2 つのリモートの場所が存在します。 それに応じて、サイト 1 とサイト 2 が設定されます。 マルチキャストを OTV の要件に従って設定する必要もあります。

ASR-1

Config t
otv site bridge-domain 1
otv site-identifier 0000.0000.0001
ip multicast-routing distributed
ip pim ssm default

interface GigabitEthernet0/0/0
  ip pim passive
  ip igmp version 3


ASR-2

Config t
otv site bridge-domain 1
otv site-identifier 0000.0000.0002
ip multicast-routing distributed
ip pim ssm default
interface GigabitEthernet0/0/0
 ip pim passive
 ip igmp version 3

それぞれの側のオーバーレイを作成します。 オーバーレイを設定して、Join インターフェイスを適用し、コントロールとデータ グループをそれぞれの側に追加します。

拡張する 2 つのブリッジ ドメインを追加します。 必要なのは 2 つの VLAN だけで、サイト ブリッジ ドメインは拡張しないことに注意してください。 ブリッジ ドメインの 200 と 201 を呼び出すオーバーレイ インターフェイス用に別のサービス インスタンスを作成します。 dot1q タグの 100 と 101 をそれぞれ適用します。

ASR-1

Config t
interface Overlay1
 no ip address
 otv join-interface GigabitEthernet0/0/0
otv control-group 225.0.0.1 otv data-group 232.10.10.0/24

service instance 10 ethernet
  encapsulation dot1q 100
  bridge-domain 200
  service instance 11 ethernet
  encapsulation dot1q 101
  bridge-domain 201


ASR-2

Config t
interface Overlay1
 no ip address
 otv join-interface GigabitEthernet0/0/0
otv control-group 225.0.0.1 otv data-group 232.10.10.0/24
 service instance 10 ethernet

  encapsulation dot1q 100
  bridge-domain 200
  service instance 11 ethernet
  encapsulation dot1q 101
  bridge-domain 201

: オーバーレイ インターフェイス上でサイト VLAN を拡張しないでください。 そうした場合は、2 つの ASR が競合します。これは、それぞれのリモート側が同じサイト内に存在していると認識しているためです。

この段階で、ASR / ASR OTV 間のマルチキャスト隣接関係が構築され、機能するようになります。 ネイバーが検出されるため、ASR は拡張が必要な VLAN に対して AED 対応にする必要があります。

ASR-1#show otv
Overlay Interface Overlay1
 VPN name                 : None
 VPN ID                   : 2
 State                    : UP
 AED Capable              : Yes
 IPv4 control group       : 225.0.0.1
 Mcast data group range(s): 232.10.10.0/24
 Join interface(s)        : GigabitEthernet0/0/0
 Join IPv4 address        : 172.17.100.134
 Tunnel interface(s)      : Tunnel0
 Encapsulation format     : GRE/IPv4
 Site Bridge-Domain       : 1
 Capability               : Multicast-reachable
 Is Adjacency Server      : No
 Adj Server Configured    : No
 Prim/Sec Adj Svr(s)      : None


ASR-2#show otv
Overlay Interface Overlay1
 VPN name                 : None
 VPN ID                   : 2
 State                    : UP
 AED Capable              : Yes
 IPv4 control group       : 225.0.0.1
 Mcast data group range(s): 232.10.10.0/24
 Join interface(s)        : GigabitEthernet0/0/0
 Join IPv4 address        : 172.16.64.84
 Tunnel interface(s)      : Tunnel0
 Encapsulation format     : GRE/IPv4
 Site Bridge-Domain       : 1
 Capability               : Multicast-reachable
 Is Adjacency Server      : No
 Adj Server Configured    : No
 Prim/Sec Adj Svr(s)      : None

OTV 検証

このセクションでは、設定が正常に機能していることを確認します。

OTV を使用したネットワーク構成図

検証コマンドと想定される出力

この出力は VLAN 100 および 101 が拡張されていることを示しています。 ASR は AED であり、VLAN をマッピングする内部インターフェイスとサービス インスタンスが出力に表示されています。

ASR-1#show otv vlan
Key:  SI - Service Instance

Overlay 1 VLAN Configuration Information
 Inst VLAN  Bridge-Domain  Auth  Site Interface(s)
 0    100   200            yes   Gi0/0/1:SI50
 0    101   201            yes   Gi0/0/1:SI51
 Total VLAN(s): 2
 Total Authoritative VLAN(s): 2


ASR-2#show otv vlan
Key:  SI - Service Instance

Overlay 1 VLAN Configuration Information
 Inst VLAN  Bridge-Domain  Auth  Site Interface(s)
 0    100   200            yes   Gi0/0/2:SI50
 0    101   201            yes   Gi0/0/2:SI51
 Total VLAN(s): 2
 Total Authoritative VLAN(s): 2

検証するために、VLAN を拡張して、サイト間 ping を実行します。 ホスト 192.168.100.2 はサイト 1 に、ホスト 192.168.100.3 はサイト 2 に配置されています。 最初のいくつかの ping は失敗することが予想されます。これは、Address Resolution Protocol(ARP)がローカルと OTV を越えてもう一方の側にまで構築されるためです。

LAN-SW1#ping 192.168.100.3
Type escape sequence to abort.
Sending 5, 100-byte ICMP Echos to 192.168.100.3, timeout is 2 seconds:
...!!
Success rate is 40 percent (2/5), round-trip min/avg/max = 1/5/10 ms


LAN-SW1#ping 192.168.100.3
Type escape sequence to abort.
Sending 5, 100-byte ICMP Echos to 192.168.100.3, timeout is 2 seconds:
!!!!!
Success rate is 100 percent (5/5), round-trip min/avg/max = 1/4/10 ms


LAN-SW1#ping 192.168.100.3 size 1500 df-bit
Type escape sequence to abort.
Sending 5, 1500-byte ICMP Echos to 192.168.100.3, timeout is 2 seconds:
Packet sent with the DF bit set
!!!!!
Success rate is 100 percent (5/5), round-trip min/avg/max = 1/4/10 ms

MAC テーブルと OTV ルーティング テーブルがローカル デバイスで正しく構築されていることを確認するには、show otv route コマンドを使用してリモート デバイスの MAC アドレスを参照します。

LAN-SW1#show int vlan 100
Vlan100 is up, line protocol is up
  Hardware is Ethernet SVI, address is 0c27.24cf.abd1 (bia 0c27.24cf.abd1)
  Internet address is 192.168.100.2/24


LAN-SW2#show int vlan 100
Vlan100 is up, line protocol is up
  Hardware is Ethernet SVI, address is b4e9.b0d3.6a51 (bia b4e9.b0d3.6a51)
  Internet address is 192.168.100.3/24


ASR-1#show otv route vlan 100

Codes: BD - Bridge-Domain, AD - Admin-Distance,
       SI - Service Instance, * - Backup Route

OTV Unicast MAC Routing Table for Overlay1

 Inst VLAN BD     MAC Address    AD    Owner  Next Hops(s)
----------------------------------------------------------
 0    100  200    0c27.24cf.abaf 40    BD Eng Gi0/0/1:SI50
 0    100  200    0c27.24cf.abd1 40    BD Eng Gi0/0/1:SI50 <--- Local mac is
pointing to the physical interface
 0    100  200    b4e9.b0d3.6a04 50    ISIS   ASR-2
 0    100  200    b4e9.b0d3.6a51 50    ISIS   ASR-2        <--- Remote mac is
pointing across OTV to ASR-2

4 unicast routes displayed in Overlay1

----------------------------------------------------------
4 Total Unicast Routes Displayed


ASR-2#show otv route vlan 100

Codes: BD - Bridge-Domain, AD - Admin-Distance,
       SI - Service Instance, * - Backup Route

OTV Unicast MAC Routing Table for Overlay1

 Inst VLAN BD     MAC Address    AD    Owner  Next Hops(s)
----------------------------------------------------------
 0    100  200    0c27.24cf.abaf 50    ISIS   ASR-1
 0    100  200    0c27.24cf.abd1 50    ISIS   ASR-1           <--- Remote mac is
pointing across OTV to ASR-1
 0    100  200    b4e9.b0d3.6a04 40    BD Eng Gi0/0/2:SI50
 0    100  200    b4e9.b0d3.6a51 40    BD Eng Gi0/0/2:SI50 <--- Local mac is
pointing to the physical interface

4 unicast routes displayed in Overlay1

----------------------------------------------------------
4 Total Unicast Routes Displayed

一般的な問題

出力内の OTV Does Not Form エラー メッセージは、ASR が AED 対応ではないことを示しています。 これは、ASR が OTV 経由で VLAN を転送しないことを意味します。 これにはいくつかの原因が考えられますが、最も一般的な原因は ASR がサイト間を接続していないことです。 L3 接続とブロックされている可能性のあるマルチキャスト トラフィックをチェックします。 この状況は、内部サイト ブリッジ ドメインが設定されていない場合にも発生する可能性があります。 これは、サイト上で唯一の ASR かどうかが判断できないために、ASR が AED になれない状態です。

ASR-1#show otv
Overlay Interface Overlay1
 VPN name                 : None
 VPN ID                   : 2
 State                    : UP
 AED Capable              : No, overlay DIS not elected <--- Not Forwarding
 IPv4 control group       : 225.0.0.1
 Mcast data group range(s): 232.0.0.0/8
 Join interface(s)        : GigabitEthernet0/0/0
 Join IPv4 address        : 172.17.100.134
 Tunnel interface(s)      : Tunnel0
 Encapsulation format     : GRE/IPv4
 Site Bridge-Domain       : 1
 Capability               : Multicast-reachable
 Is Adjacency Server      : No
 Adj Server Configured    : No
 Prim/Sec Adj Svr(s)      : None


ASR-2#show otv
Overlay Interface Overlay1
 VPN name                 : None
 VPN ID                   : 2
 State                    : UP
 AED Capable              : No, overlay DIS not elected <--- Not Forwarding
 IPv4 control group       : 225.0.0.1
 Mcast data group range(s): 232.0.0.0/8
 Join interface(s)        : GigabitEthernet0/0/0
 Join IPv4 address        : 172.16.64.84
 Tunnel interface(s)      : Tunnel0
 Encapsulation format     : GRE/IPv4
 Site Bridge-Domain       : 1
 Capability               : Multicast-reachable
 Is Adjacency Server      : No
 Adj Server Configured    : No
 Prim/Sec Adj Svr(s)      : None

トラブルシューティング

このセクションでは、設定のトラブルシューティングに役立つ情報を提供します。

OTV Hello を確認するための Join インターフェイス上でのパケット キャプチャの作成

ASR 上のオンボード パケット キャプチャ デバイスを使用すれば、潜在的な問題のトラブルシューティングが容易になります。

アクセス コントロール リスト(ACL)を作成して、キャプチャの影響と過飽和状態を最小限に抑えます。 2 つのサイト間のマルチキャスト Hello だけをキャプチャするようにセットアップされます。 ネイバーの Join インターフェイスと一致するように IP アドレスを調整します。

ip access-list extended CAPTURE
 permit ip host 172.16.64.84 host 225.0.0.1
 permit ip host 172.17.100.134 host 225.0.0.1

両方の ASR で両方向の Join インターフェイスを調べるようにキャプチャをセットアップします。

monitor capture 1 buffer circular access-list CAPTURE interface g0/0/0 both

キャプチャを開始するには、次のコマンドを入力します。

monitor capture 1 start

*Nov 14 15:21:37.746: %BUFCAP-6-ENABLE: Capture Point 1 enabled.

<wait a few min>

monitor capture 1 stop

*Nov 14 15:22:03.213: %BUFCAP-6-DISABLE: Capture Point 1 disabled. 

show mon cap 1 buffer brief

バッファ出力は、キャプチャ内の Hello がキャプチャされたインターフェイスを出るところを示しています。 この出力は、マルチキャスト アドレス 225.0.0.1 宛ての Hello を示しています。 これが設定されたコントロール グループです。 キャプチャ内の最初の 13 パケットを検査して、単方向の出力しか存在しないことを確認してください。 172.17.100.134 からの Hello は無視されます。 コア内のマルチキャストの問題が解決されると、ネイバー Hello がパケット番号 14 で表示されます。

ASR-1#show mon cap 1 buff bri
 -------------------------------------------------------------
 #   size   timestamp     source             destination   protocol
 -------------------------------------------------------------
   0 1456    0.000000   172.17.100.134   ->  225.0.0.1        GRE
   1 1456    8.707016   172.17.100.134   ->  225.0.0.1        GRE
   2 1456   16.880011   172.17.100.134   ->  225.0.0.1        GRE
   3 1456   25.873008   172.17.100.134   ->  225.0.0.1        GRE
   4 1456   34.645023   172.17.100.134   ->  225.0.0.1        GRE
   5 1456   44.528024   172.17.100.134   ->  225.0.0.1        GRE
   6 1456   52.137002   172.17.100.134   ->  225.0.0.1        GRE
   7 1456   59.819010   172.17.100.134   ->  225.0.0.1        GRE
   8 1456   68.641025   172.17.100.134   ->  225.0.0.1        GRE
   9 1456   78.168998   172.17.100.134   ->  225.0.0.1        GRE
  10 1456   85.966005   172.17.100.134   ->  225.0.0.1        GRE
  11 1456   94.629032   172.17.100.134   ->  225.0.0.1        GRE
  12 1456  102.370043   172.17.100.134   ->  225.0.0.1        GRE
  13 1456  110.042005   172.17.100.134   ->  225.0.0.1        GRE
  14 1456  111.492031   172.16.64.84     ->  225.0.0.1        GRE <---Mcast core
fixed and now see neighbor hellos

  15 1456  111.493038   172.17.100.134   ->  225.0.0.1        GRE
  16 1456  112.491039   172.16.64.84     ->  225.0.0.1        GRE
  17 1456  112.501033   172.17.100.134   ->  225.0.0.1        GRE
  18  116  112.519037   172.17.100.134   ->  225.0.0.1        GRE
  19  114  112.615026   172.16.64.84     ->  225.0.0.1        GRE
  20  114  112.618031   172.17.100.134   ->  225.0.0.1        GRE
  21 1456  113.491039   172.16.64.84     ->  225.0.0.1        GRE
  22 1456  115.236047   172.17.100.134   ->  225.0.0.1        GRE
  23  142  116.886008   172.17.100.134   ->  225.0.0.1        GRE
  24  102  117.290045   172.17.100.134   ->  225.0.0.1        GRE
  25 1456  118.124002   172.17.100.134   ->  225.0.0.1        GRE
  26 1456  121.192043   172.17.100.134   ->  225.0.0.1        GRE
  27 1456  122.443037   172.16.64.84     ->  225.0.0.1        GRE
  28 1456  124.497035   172.17.100.134   ->  225.0.0.1        GRE
  29  102  126.178052   172.17.100.134   ->  225.0.0.1        GRE
  30  142  126.629032   172.17.100.134   ->  225.0.0.1        GRE
  31 1456  127.312047   172.17.100.134   ->  225.0.0.1        GRE
  32 1456  130.029997   172.17.100.134   ->  225.0.0.1        GRE
  33 1456  131.165000   172.16.64.84     ->  225.0.0.1        GRE
  34 1456  132.591025   172.17.100.134   ->  225.0.0.1        GRE
  35  102  134.832010   172.17.100.134   ->  225.0.0.1        GRE
  36 1456  135.856010   172.17.100.134   ->  225.0.0.1        GRE
  37  142  136.174054   172.17.100.134   ->  225.0.0.1        GRE
  38 1456  138.442030   172.17.100.134   ->  225.0.0.1        GRE
  39 1456  140.769025   172.16.64.84     ->  225.0.0.1        GRE
  40 1456  141.767010   172.17.100.134   ->  225.0.0.1        GRE
  41  102  144.277046   172.17.100.134   ->  225.0.0.1        GRE
  42 1456  144.996003   172.17.100.134   ->  225.0.0.1        GRE
          
ASR-1#
2#show mon cap 1 buff bri

OTV ASR 上の Mroute 状態の確認

OTV ネイバー間のマルチキャスト ルーティング状態を構築する場合は、適切な PIM 状態にする必要があります。 ASR 上の予想される PIM 状態を確認するには、次のコマンドを使用します。

ASR-1#show otv
Overlay Interface Overlay1
 VPN name                 : None
 VPN ID                   : 2
 State                    : UP
 AED Capable              : No, overlay DIS not elected
 IPv4 control group       : 225.0.0.1
 Mcast data group range(s): 232.0.0.0/8
 Join interface(s)        : GigabitEthernet0/0/0
 Join IPv4 address        : 172.17.100.134
 Tunnel interface(s)      : Tunnel0
 Encapsulation format     : GRE/IPv4
 Site Bridge-Domain       : 1
 Capability               : Multicast-reachable
 Is Adjacency Server      : No
 Adj Server Configured    : No
 Prim/Sec Adj Svr(s)      : None

前回と同じエラー( AED capable: No, overlay DIS not elected)に注意してください。 この意味は、ASR が AED フォワーダになれないということです。これは、ASR がそのピアに関する十分な情報を入手していないためです。 内部インターフェイスが起動していない、サイト ブリッジ ドメインがダウンしている/作成されていない、または 2 つのサイトが ISP 上でお互いを認識できないことが考えられます。

ASR-1 を調査して問題を特定します。 PIM ネイバーが表示されないことを示しています。 この現象は、このネイバーが機能していたとしても生じることが想定されます。 原因は、PIM が Join インターフェイス上でパッシブに動作していることです。 PIM パッシブは、OTV 用の Join インターフェイスでサポートされる唯一の PIM モードです。

ASR-1#show ip pim neigh
PIM Neighbor Table
Mode: B - Bidir Capable, DR - Designated Router, N - Default DR Priority,
      P - Proxy Capable, S - State Refresh Capable, G - GenID Capable
Neighbor          Interface                Uptime/Expires    Ver   DR
Address                                                            Prio/Mode

ASR-1 上で PIM インターフェイスが設定されていることを確認するには、次のコマンドを入力します。

ASR-1#show ip pim int  

Address          Interface                Ver/   Nbr    Query  DR     DR
                                          Mode   Count  Intvl  Prior
172.17.100.134   GigabitEthernet0/0/0     v2/P   0      30     1      172.17.100.134
172.17.100.134   Tunnel0                  v2/P   0      30     1      172.17.100.134
0.0.0.0          Overlay1                 v2/P   0      30     1      0.0.0.0

ASR の mroute 状態は、リンクのマルチキャスト ステータスに関する豊富な情報を提供します。 この出力では、ネイバーが ASR mroute テーブル上の S,G エントリとして表示されていません。 コントロール グループの mroute カウントを表示したときも、ローカル Join インターフェイスだけが送信元として表示されます。 このカウントは転送合計と一緒に受信されたパケットに対応することに注意してください。 これは、マルチキャスト ドメインのローカル側で起動して転送していることを意味します。

ASR-1#show ip mroute
IP Multicast Routing Table
Flags: D - Dense, S - Sparse, B - Bidir Group, s - SSM Group, C - Connected,
       L - Local, P - Pruned, R - RP-bit set, F - Register flag,
       T - SPT-bit set, J - Join SPT, M - MSDP created entry, E - Extranet,
       X - Proxy Join Timer Running, A - Candidate for MSDP Advertisement,
       U - URD, I - Received Source Specific Host Report,
       Z - Multicast Tunnel, z - MDT-data group sender,
       Y - Joined MDT-data group, y - Sending to MDT-data group,
       G - Received BGP C-Mroute, g - Sent BGP C-Mroute,
       Q - Received BGP S-A Route, q - Sent BGP S-A Route,
       V - RD & Vector, v - Vector
Outgoing interface flags: H - Hardware switched, A - Assert winner
 Timers: Uptime/Expires
 Interface state: Interface, Next-Hop or VCD, State/Mode

(*, 225.0.0.1), 00:20:29/stopped, RP 0.0.0.0, flags: DC
  Incoming interface: Null, RPF nbr 0.0.0.0
  Outgoing interface list:
    Tunnel0, Forward/Sparse-Dense, 00:20:29/00:02:55
    GigabitEthernet0/0/0, Forward/Sparse-Dense, 00:20:29/Proxy

(172.17.100.134, 225.0.0.1), 00:16:25/00:02:19, flags: T
  Incoming interface: GigabitEthernet0/0/0, RPF nbr 0.0.0.0
  Outgoing interface list:
    GigabitEthernet0/0/0, Forward/Sparse-Dense, 00:16:25/Proxy
    Tunnel0, Forward/Sparse-Dense, 00:16:25/00:02:55

(*, 224.0.1.40), 00:20:09/00:02:53, RP 0.0.0.0, flags: DPC
  Incoming interface: Null, RPF nbr 0.0.0.0
  Outgoing interface list: Null

ASR-1#show ip mroute count
Use "show ip mfib count" to get better response time for a large number of mroutes.

IP Multicast Statistics
3 routes using 1828 bytes of memory
2 groups, 0.50 average sources per group
Forwarding Counts: Pkt Count/Pkts per second/Avg Pkt Size/Kilobits per second
Other counts: Total/RPF failed/Other drops(OIF-null, rate-limit etc)

Group: 225.0.0.1, Source count: 1, Packets forwarded: 116, Packets received: 117
  Source: 172.17.100.134/32, Forwarding: 116/0/1418/1, Other: 117/1/0

Group: 224.0.1.40, Source count: 0, Packets forwarded: 0, Packets received: 0

コアなマルチキャスト問題が解決されれば、ASR からの想定される出力が表示されます。

ASR-1#show otv
Overlay Interface Overlay1
 VPN name                 : None
 VPN ID                   : 2
 State                    : UP
 AED Capable              : Yes
 IPv4 control group       : 225.0.0.1
 Mcast data group range(s): 232.0.0.0/8
 Join interface(s)        : GigabitEthernet0/0/0
 Join IPv4 address        : 172.17.100.134
 Tunnel interface(s)      : Tunnel0
 Encapsulation format     : GRE/IPv4
 Site Bridge-Domain       : 1
 Capability               : Multicast-reachable
 Is Adjacency Server      : No
 Adj Server Configured    : No
 Prim/Sec Adj Svr(s)      : None

まだ PIM ネイバーは存在せず、物理インターフェイス、オーバーレイ インターフェイス、およびトンネル インターフェイスがローカル PIM インターフェイスのままです。

ASR-1#show ip pim neigh
PIM Neighbor Table
Mode: B - Bidir Capable, DR - Designated Router, N - Default DR Priority,
      P - Proxy Capable, S - State Refresh Capable, G - GenID Capable
Neighbor          Interface                Uptime/Expires    Ver   DR
Address                                                            Prio/Mode
ASR-1#show ip pim int  

Address          Interface                Ver/   Nbr    Query  DR     DR
                                          Mode   Count  Intvl  Prior
172.17.100.134   GigabitEthernet0/0/0     v2/P   0      30     1      172.17.100.134
172.17.100.134   Tunnel0                  v2/P   0      30     1      172.17.100.134
0.0.0.0          Overlay1                 v2/P   0      30     1      0.0.0.

mroute テーブルとカウンタがマルチキャスト状態に関する情報を提供します。 出力は、Join インターフェイスだけでなく、コントロール グループ内の OTV ネイバーも送信元として表示します。 リモート サイトの [Reverse Path Forwarding (RPF) Neighbor (NBR)] フィールドにもランデブー ポイント(RP)が表示されていることを確認してください。 また、転送カウンタと受信カウンタが一致します。 2 つの送信元でグループ受信合計を合算する必要があります。

ASR-1#show ip mroute      
IP Multicast Routing Table
Flags: D - Dense, S - Sparse, B - Bidir Group, s - SSM Group, C - Connected,
       L - Local, P - Pruned, R - RP-bit set, F - Register flag,
       T - SPT-bit set, J - Join SPT, M - MSDP created entry, E - Extranet,
       X - Proxy Join Timer Running, A - Candidate for MSDP Advertisement,
       U - URD, I - Received Source Specific Host Report,
       Z - Multicast Tunnel, z - MDT-data group sender,
       Y - Joined MDT-data group, y - Sending to MDT-data group,
       G - Received BGP C-Mroute, g - Sent BGP C-Mroute,
       Q - Received BGP S-A Route, q - Sent BGP S-A Route,
       V - RD & Vector, v - Vector
Outgoing interface flags: H - Hardware switched, A - Assert winner
 Timers: Uptime/Expires
 Interface state: Interface, Next-Hop or VCD, State/Mode

(*, 225.0.0.1), 00:25:16/stopped, RP 0.0.0.0, flags: DC
  Incoming interface: Null, RPF nbr 0.0.0.0
  Outgoing interface list:
    Tunnel0, Forward/Sparse-Dense, 00:25:16/00:02:06
    GigabitEthernet0/0/0, Forward/Sparse-Dense, 00:25:16/Proxy

(172.16.64.84, 225.0.0.1), 00:04:09/00:02:50, flags: T
  Incoming interface: GigabitEthernet0/0/0, RPF nbr 172.17.100.1
  Outgoing interface list:
    Tunnel0, Forward/Sparse-Dense, 00:04:09/00:02:06

(172.17.100.134, 225.0.0.1), 00:21:12/00:01:32, flags: T
  Incoming interface: GigabitEthernet0/0/0, RPF nbr 0.0.0.0
  Outgoing interface list:
    GigabitEthernet0/0/0, Forward/Sparse-Dense, 00:21:12/Proxy
    Tunnel0, Forward/Sparse-Dense, 00:21:12/00:02:06

(*, 224.0.1.40), 00:24:56/00:02:03, RP 0.0.0.0, flags: DPC
  Incoming interface: Null, RPF nbr 0.0.0.0
  Outgoing interface list: Null

ASR-1#show ip mroute count
Use "show ip mfib count" to get better response time for a large number of mroutes.

IP Multicast Statistics
4 routes using 2276 bytes of memory
2 groups, 1.00 average sources per group
Forwarding Counts: Pkt Count/Pkts per second/Avg Pkt Size/Kilobits per second
Other counts: Total/RPF failed/Other drops(OIF-null, rate-limit etc)

Group: 225.0.0.1, Source count: 2, Packets forwarded: 295, Packets received:
297 <----- 32 + 263 = 295
  Source: 172.16.64.84/32, Forwarding: 32/0/1372/1, Other: 32/0/0
  Source: 172.17.100.134/32, Forwarding: 263/0/1137/3, Other: 264/1/0

Group: 224.0.1.40, Source count: 0, Packets forwarded: 0, Packets received: 0

OTV データ パケットを確認するための Join インターフェイス上でのパケット キャプチャの作成

OTV は、カプセル化トラフィックであるため、送信元が Join インターフェイスで宛先がリモート Join インターフェイスの Generic Routing Encapsulation(GRE)トラフィックと見なされます。 トラフィックを具体的に確認するために、できることはあまりありません。 トラフィックが OTV を越えるかどうかを確認するために使用可能な 1 つの方法は、現在のトラフィック パターンとは無関係なパケット サイズを指定したパケット キャプチャをセットアップする方法です。 この例では、サイズが 700 の Internet Control Message Protocol(ICMP)パケットを指定して、キャプチャから除外可能なものを決定できます。 この方法は、パケットが OTV クラウドを越えるかどうかを検証するために使用できます。

2 つの Join インターフェイス間でアクセス リスト フィルタをセットアップするには、次のコマンドを入力します。

ip access-list extended CAPTURE
 permit ip host 172.17.100.134 host 172.16.64.84

指定した 756 のサイズを除外するようにモニタ セッションをセットアップするには、次のコマンドを入力します。

monitor capture 1 buffer size 1 access-list CAPTURE limit packet-len 756
interface g0/0/0 out

キャプチャを開始するには、次のコマンドを入力します。

ASR-1#mon cap 1 start
*Nov 18 12:45:50.162: %BUFCAP-6-ENABLE: Capture Point 1 enabled.

サイズを指定した特定の ping を送信します。 OTV が 8 バイトの ICMP と 20 バイトの IP ヘッダーに 42 バイトのヘッダーを追加するため、700 にサイズ設定された ping を送信することによって、パケット サイズが 756 のデータが OTV クラウドに到達するかどうかを確認できます。

LAN-Sw2#ping 192.168.100.2 size 700 repeat 100
Type escape sequence to abort.
Sending 100, 700-byte ICMP Echos to 192.168.100.2, timeout is 2 seconds:
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
Success rate is 100 percent (100/100), round-trip min/avg/max = 10/19/30 ms

キャプチャを停止するには、次のコマンドを入力します。

ASR-1#mon cap 1 stop 
*Nov 18 12:46:02.084: %BUFCAP-6-DISABLE: Capture Point 1 disabled.

キャプチャ バッファで、100 パケットすべてがローカル側のキャプチャに到達したことがわかります。 100 パケットすべてがリモート側に到達したこともわかるはずです。 そうでない場合は、OTV クラウドでのパケット損失をさらに調査する必要があります。

ASR-1#show mon cap 1 buff bri
 -------------------------------------------------------------
 #   size   timestamp     source             destination   protocol
 -------------------------------------------------------------
   0  756    0.000000   172.17.100.134   ->  172.16.64.84     GRE
   1  756    0.020995   172.17.100.134   ->  172.16.64.84     GRE
   2  756    0.042005   172.17.100.134   ->  172.16.64.84     GRE
   3  756    0.052991   172.17.100.134   ->  172.16.64.84     GRE
<Output Omitted>
  97  756    1.886999   172.17.100.134   ->  172.16.64.84     GRE
  98  756    1.908009   172.17.100.134   ->  172.16.64.84     GRE
  99  756    1.931003   172.17.100.134   ->  172.16.64.84     GRE

: 756 の長さと一致するトラフィックだけがキャプチャされるため、このテストは 100% 信頼できるとは言えません。そのため、使用する場合は注意が必要です。 このテストは、可能性のある OTV コア問題に関するデータ ポイントの収集にのみ役立ちます。

関連情報


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 117157