音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unity Connection

Unity 接続音声認識 リソース問題

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料は Cisco Unity Connection のスピーチ接続機能における音声認識問題を、およびすべてのトラブルシューティングの状況で有効に する必要があるまたトレースを記述したものです。

著者:Cisco TAC エンジニア、Scott Hills

問題

スピーチ接続機能はディレクトリ ハンドラにコールを作るとき、尋ねられるようにディレクトリ ハンドラが音声対応であることを可能にするために使用されます: だれが達するのを好みますか。

ただし Unity 接続でスピーチ接続機能を(音声対応 ディレクトリ ハンドラと)設定してもらうとき、状況によっては、問題に出会います。 たとえば、ディレクトリ ハンドラにコールを作るとき、無音を聞くか、または類似したであるフェイル・セイフ メッセージを受け取ります: 現時点で音声認識リソースが十分ありません。 このコールの間に標準タッチ トーンを使用する必要があります

トラブルシューティング

音声認識問題を解決するために、Cisco はこのセクションに説明があるトレースを有効に することを推奨します。

: このセクションの情報は Cisco Unity Connection リリース 8.x のためのトラブルシューティングガイドから参照されます。

マイクロ トレース

このセクションは有効に する必要があるマイクロ トレースをリストします。

  • これらのメッセージ交換開発環境(CDE)トレースを有効に して下さい:

    • 10 状態マシン トレース
    • 22 音声認識文法
  • メディアのための 25 ASR および MRCP トレースを有効に して下さい: 入出力(MiuIO)。

  • これらの加入者会話(ConvSub)トレースを有効に して下さい:

    • 03 名前付きプロパティ アクセス
    • 05 コールプログレス
  • 句サーバのための 10 音声認識 トレースを有効に して下さい。

マクロ トレース

マクロ トレースを有効に し、収集するためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. 音声 ユーザインターフェイスおよび音声認識トレースを有効に して下さい。

  2. 問題を再現します。

  3. これらのトレースおよびログを収集して下さい:

    • 接続メッセージ交換トレース
    • 接続メッセージ交換マネージャログ
    • 接続音声レコグナイザー ログ

前の手順を完了した後、diag_CuCsMgr (接続メッセージ交換マネージャログ)を検討し、のために検索して下さい:

Overriding ASR server - Address:

これに類似したに検知 する行を見つけるかもしれません:

11:39:29.383 |16137,NIL_CUCM-1-294,8CEE070F9FDA436FB161F276D0DD8C36,MiuIO,25,
 Found ASR server - Address: 127.0.0.1,Port:4900 Name: media/speechrecognizer

11:39:29.383 |16137,Test_CUCM-1-294,8CEE070F9FDA436FB161F276D0DD8C36,MiuIO,25,
 Overriding ASR server - Address: 169.254.1.102, Port:4900
 Name: media/speechrecognizer

第 2 行は Cisco が 169.254.1.102 の IP アドレスにサービス ルータ(ASR)サーバ ポイントを集約したことを示します。 この場合、音声認識はその IP アドレスがないのではたらきません。

解決策

この問題を解決するために、Cisco Technical Assistance Center (TAC)ケースをオープンして下さい。 TAC はこの問題を解決するためにルート セッションからこのコマンドを実行する必要があるかもしれません。 このコマンドは Admin プロンプトから実行することができます:

run cuc dbquery unitydirdb update tbl_mediaremoteservice set hostoripaddress=
'CUC IP>" where port=4900

またはコマンドはルートから実行することができます:

update tbl_mediaremoteservice set hostoripaddress ="<CUC IP>" where port=4900;

これが完了する後、メッセージ交換マネージャおよびミキサー サービスを再開して下さい。

関連情報


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 116944