音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unity Connection

Unity Connection FAQ: どのように工場出荷時状態に PIMG/TIMG をリセットしますか。

2016 年 10 月 28 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料に PBX IP メディア ゲートウェイをリセットする方法を記述されています(ファクトリへの PIMG)/T1 メディア ゲートウェイ(TIMG は)ディフォルトします。

スコット丘およびテモテ Tesluk によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

工場出荷時状態に PIMG/TIMG をリセットする方法

時々工場出荷時状態に PIMG/TIMG をリセットすることが必要となるかもしれません。 1 つの原因は受け取りました置換 PIMG をである可能性があり、デフォルト IP アドレスはユニットに可能にしないようではないです。

ゲートウェイをリセットするプロセスはここに表示されます。 これらのステップは Dialogics プロセスから踏まれ、Dialogics Webサイトの実際のドキュメントへのリンクはこの資料の関連情報セクションにリストされています。

ゲートウェイをシリアルポートとの工場出荷時状態にリセットするために、これらのステップを完了して下さい:

  1. Windows PC のハイパーターミナルと接続して下さい。 Unity 接続に 2 つの COMポートがある場合、このプロシージャを完了するために第 2 ポートを使用して下さい。

  2. COMポートのボーレートは下記にリストされています。 ユニットの 2 つの COMポートを第 2 ポートを使用してもらう場合、覚えていて下さい。

    COM1
    ボーレート = 38400
    ストップ・ビット = 1
    データビット = 8
    パリティ = どれも
    フロー制御:なし

    COM2
    ボーレート = 115200
    ストップ・ビット = 1
    データ Bots = 8
    パリティ = どれも
    フロー制御:なし

  3. ヌルモデムケーブルが付いているシリアルポートによるゲートウェイへの接続応答。 PIMG> プロンプトが現われるまで『Enter』 を押して下さい。

  4. プロンプトで、リセットを入力し、『Enter』 を押して下さい。

  5. 要求を検証するように頼まれるときまたははい入力しないし、『Enter』 を押して下さい。 全ワードを入力して下さい「はい」他ではリセットが実行された。

ゲートウェイの設定は工場出荷時状態に今リセットされます。 リセットの後で、ゲートウェイ IPアドレスは 10.12.13.74 です、ユーザ名は admin であり、パスワードは IpodAdmin です(!大文字/小文字の区別がある)。 ゲートウェイをこの時点で再起動し、必要に応じて再構成できます。

関連情報

: 署名するためにリンクをクリックした後表示するためにファクトリに DMG 1000/2000 をリセットする方法をディフォルトしますプロファイルを作成する必要。



Document ID: 116978