サーバ - ユニファイド コンピューティング : Cisco UCS インフラストラクチャおよび UCS Manager ソフトウェア

Cシリーズ サーバ UCSM 統合 設定例

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料はユニファイド コンピューティング システムマネージャ(UCSM)との Cシリーズ統合を記述したものです。

クリス ブラウンおよびヨセフ LeBlanc によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

この資料に必要なコンポーネントのリストがここにあります:

  • 2 ファブリックは(FI)その実行 UCSM リリース 2.0(2) またはそれ以降を相互接続します(単一 FI はまたサポートされます)
  • FI がスタンドアロンである場合その時だけ 2 つの Cisco Nexus 2232 ファブリック エクステンダー(FEXs) (1 つを必要とします)
  • Cシリーズ サーバ正しいコード リリースを実行する。 正しいリリースを UCSM リリースと動作するために見るために次の セクションを参照して下さい。
  • FI がスタンドアロンである場合サーバ毎に 2 つの Rj-45 cables (および FEX 側) (1)のための 2 つの GLC-T トランシーバ
  • FI がスタンドアロンである場合サーバ(2 + ごとに FEXs および 2 用の 4 つの 10-GB Small Form-Factor Pluggable (SFP)ケーブルもっと 2/server)

: 統合用語では、FEXs はブレード シャーシの I/O モジュール(IOMs)と同じです。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

背景説明

Cシリーズ統合は UCSM にスタンドアロン Cシリーズ サーバを追加する示し、ブレードのようにそれらを管理することを可能にしますプロセスを。 統合、サーバの UCSM の機能すべてを使用できます。

統合

物理接続

このプロセスを始める前に、ディフォルトするために Cシリーズ サーバの Cisco Integrated Management Controller を(CIMC)リセットして下さい。 それを既に設定している場合、きちんと UCSM に加入しません。

物理接続を設定するためにこれらのステップを完了して下さい。 FEX のポートを使用できます。

  1. FEX A から FI A に 2 つの 10-GB ケーブル、および FEX B からの FI B.に 2 つを接続して下さい。 ポートは FI のサーバポートで設定する必要があります。

  2. FEXs の 1 から光管理(LOM)ポートの 1 に 1-GB ケーブルを接続して下さい。 他の FEX および他の LOM ポートに他のケーブルを接続して下さい。

  3. FEX B.に FEX A にサーバから FEXs に 2 つの 10-GB ケーブルを- 1 および 1 接続して下さい。

終了すれば、それはこのようになる必要があります:

統合必要がある異なるサーバーについてはダイアグラムを参照するために Cisco UCS Manager 2.1 との Cisco UCS Cシリーズ サーバー統合設定二重ネットワーク マネジメントセクションを参照して下さい。

UCSM ステップ

この時点で、FI ポートがサーバポートで設定されること、そして FEXs 検出することを確認して下さい。 自身のシャーシとして FEXs、およびブレードとして RAC マウント サーバを考慮して下さい:

それに注意することは重要です:

  1. FEXs で両方の電源ユニット(PSU)を差し込まない場合、ファン エラーを受け取ります。

  2. FEXs は IOMs と同じディスカバリ ポリシー設定に続きます。 チャネリングする set port FEX ポート チャネル(と 6200)。 8 リンクを選択する場合、検出するために 8 リンクが要求します。

  3. IOMs のように、(ACK)接続変更を行なうために FEXs を確認しなければなりません。 次に IOMs、あなたとは違って割り込み 稼働中を引き起こさない ACK 一方はおよび他できます。

リリース 2.1 の Cシリーズ統合

Delmar (リリース 2.1(1a)) Cシリーズ統合は幾つかの新しい 機能を受け取りました。 ただし 2.0(2) をリリースする、それは十分に逆方向にリリース 2.0(1) からの移とは違う前の Cシリーズ統合配備と互換性があります。

リリース 2.1(1a) では、Cisco Unified Computing System (UCS)仮想インターフェイス カード(VIC)のためのサポートは 1225 (Cシリーズ用の生成 2 Cisco VIC)導入されました。 VIC 1225 は 2 人のモードの、単一または二重ネットワーク管理ではたらきます。 どのに関係なくモードを選択するか、1225 を使用するためにリリース 2.1 がなければなりません。

シングル ワイヤー 管理

シングル ワイヤー 管理によって、ただ Cシリーズ サーバから各 FEX に 1 ケーブルを接続する必要があります; 管理およびデータはこの単一 の リンクを共有します。 これは 16 のサーバから 32 のサーバに単一 FEX ペア 2232 のサーバの密度を増加します。

要件

  • リリース 2.1(1a) またはそれ以降(単一 FI 実行する 2 つ FIs はまたサポートされます)を
  • スタンドアロン FI がある場合 2 2232 FEXs (または 1 だけ)
  • サーバごとに FEXs およびもの用の 4 つの 10-GB SFP ケーブルもっと
  • UCS リリースのための正しいコード リリースを実行するこれらの Cシリーズ サーバの 1 つ
  • 正しい周辺機器コンポーネント相互接続 (PCI) スロットの VIC 1225

詳細については Cisco UCS Manager 2.1 との Cisco UCS Cシリーズ サーバー統合設定シングル ワイヤー マネジメントセクションを参照して下さい。

配線

このような FEXs に VIC 1225 を配線する必要があります(例で使用される C22):

この時点で Cシリーズがディフォルトするためにリセットされること、そして FEX ポートがサーバポートで設定されることを)、前のセクション同じステップ次に続いて下さい(確かめて下さい。

各サポートされているサーバについては配線の例を参照するために Cisco UCS Manager 2.1 との Cisco UCS Cシリーズ サーバー統合設定シングル ワイヤー マネジメントセクションを参照して下さい。

この 文書 の 残りのためのシングル ワイヤーと二重ネットワーク管理の違いがありません。

1225 の二重ネットワーク管理

このモードでは、VIC 1225 は他の 10-GB カードのように使用され、サーバはこの資料の最初のセクションに記述されているように配線されます。 まだ統合のために 1225 を使用するためにリリース 2.1(1a) またはそれ以降を実行して下さい。 2.1(1a) をまたフルサポートしリリース 2.0(2) またはそれ以降からの Cシリーズ統合を、以前に記述されていると続きます同じセットアップ/設定にリリースして下さい。

確認

このセクションでは、設定が正常に機能していることを確認します。

CLI からサーバにアクセスして下さい

サーバにアクセスするために使用するいくつかの CLI コマンドはここにあります。

  • ブレード サーバへのスコープは、これと同じようなコマンドを入力します:

    scope server x/y


    このコマンドでは、x はシャーシ数であり、y はサーバ数です。

  • RAC マウント サーバに到達するために、このコマンドを入力して下さい:

    scope server z


    このコマンドでは、z はサーバですか。UCSM の s 数。



    : 次にシャーシおよびサーバ両方への規模の代りに、サーバにスコープ内直接です。



  • 代りに FEX にスコープにほしい場合、スコープ iom x/y コマンドの代りにこれを入力して下さい:



    : Cシリーズ サーバにそれで P81E/1225 がある場合、それに普通接続でき、すべての VIC を入力するために普通入ります M81KR/1240/1280 で命じます。



技術サポート ファイル

RAC マウント サーバは提示シャーシ コンポーネント コマンドの何れかに現われません。 ただし、それらは show server コンポーネント コマンドの下で普通現われます。 の前にのように、それらはサーバ数だけをリストします:

Server 2:
Name:
Model: R250-2480805W
Acknowledged Vendor: Cisco Systems Inc
Acknowledged Serial (SN): PGS142600C1
Acknowledged Revision: 0
Acknowledged Product Name: Cisco UCS C250 M2
Acknowledged PID: R250-2480805W
Acknowledged VID: V01

AGs では、それらは z がサーバ数であるラック ユニットz の識別子と表示する:

[INFO][0xac05ebb0][Jun  7 05:27:30.697][app_sam_dme:checkCompu] server assigned
dn: sys/rack-unit-2

リリース前の Cシリーズ統合 2.0(2)

リリース 2.0(2) の前に、プロセス(およびサポートされた FEXs)わずかに異なりました。 これが逆方向に互換性がないことに注意することは重要です。 2.0(2) をリリースするために前にリリース 2.0(2) 統合、アップグレードしたいと思う場合全システムを変更しなければなりません。 この資料はもはや使用されないのでこの統合 方式を取り扱っていません。

トラブルシューティング

このセクションでは、設定のトラブルシューティングについて説明します。

取除いて下さい a.c. - UCSM からのシリーズ サーバ

a.c.取除く必要があれば- UCSM からのシリーズ サーバはスタンドアロンでそれを、完了しますこれらのステップを設定し。

  1. UCSM のサーバを解放 して下さい。
  2. FEXes および FIs からのサーバのケーブル接続を解除して下さい。
  3. モニタおよびキーボードのプラグを差し込み、サーバをリブートして下さい。
  4. Cisco スプラッシュ画面を見るとき、CIMC 設定を入力するために F8 をクリックして下さい。
  5. スタンドアロンにリセットしたいと思うかどうか尋ねるときそれから CIMC を普通設定できます。

正しいコード・レベルを見つけて下さい

正しいコード リリースを見るためにツーステップ プロセスを使用して下さい:

  1. Cシリーズを組み込みます使用するリリースのために見つけて下さい。
  2. そのバンドルのための正しいホスト アップグレード ユーティリティ(HUU)を見つけて下さい。

関係 書類の両方は Cisco Unified Computing System テクニカル リファレンス ページで見つけることができます。

正しいコード リリースを見るためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. 実行するリリースのための B シリーズ行列を開いて下さい。 この例はリリース 2.1(3) を使用します:



  2. 最初のページ、動作するために Cシリーズ コードの正しいリリースを示す段落があります:



  3. メインWebページに戻り、正しい HUU が使用すると見つけるためにリリース 1.5(2) ガイドを開いて下さい:



    各サーバのための正しい HUU を示す第 2 ページに表があります:



    この場合、C200M2 のためにきちんとこれらのサーバを統合のにリリース 1.4(3u)、および C460M1 のためのリリース 1.5.2 を使用します。

統合された Cシリーズを取り替えて下さい

統合された Cシリーズ サーバを取り替えるためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. 古いサーバを解放 して下さい:



  2. 機器> 解放 される ナビゲート し、古いサーバを削除して下さい:



  3. 電源遮断の古いサーバを切り。
  4. スタンドアロンように置換 Cシリーズを設定して下さい。
  5. HUU のアップグレードして下さい/ダウングレード。
  6. 工場出荷時状態へのリセット CIMC。
  7. 新しいサーバのプラグを差し込み、それに動力を与えて下さい。
  8. それが間違ったサーバ ID と表示する場合、それを解放 し、解放 されたタブの下で数を変更して下さい。

ディスカバリを解決して下さい

ディスカバリを解決するためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. 工場出荷時状態へのリセット CIMC (ブートプロセスの間に CIMC にアクセスするために F8 をクリックして下さい)。

  2. BIOS 設定をリセットして下さい。 Network オプション ROM が無効である場合、ディスカバリにおいての問題があるかもしれません。

  3. すべてのケーブルがきちんとつくようにして下さい。 FEX のケーブルおよび異なるポートの異なるセットを試みて下さい。

  4. 点滅するために HUU をファームウェア再度実行して下さい。

  5. セキュア シェル(SSH)によって CIMC に接続し、サーバが十分に更新であることを確認するためにこれらのコマンドを入力して下さい:
    • スコープ シャーシ
    • ファームウェアのスコープ
    • アップデートすべて


  6. 他のサーバのためのダウンタイムがないように) ReACK FEXs (reACK 一方一度にできます。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 116741