音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unified Communications Manager(CallManager)

VMware UCS 環境の UC 音声 アプリケーション 接続

2016 年 10 月 28 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

Cisco Unified Communications Manager (CUCM)、Cisco Unity Connection、または Cisco Unified Contact Center Express (UCCX)がユニファイド コンピューティング システム(UCS)プラットフォームでインストールされている記述されています達することができませんときこの資料に接続上の問題を解決する方法を。

この資料は UCS プラットフォームの VMware ESXi ホストの Virtual Machine (VM)である CUCM の例を使用します。

Rohit Sreedharala、アダム Frankel、およびクリストファー ブラウンによって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

トラブルシューティング

このプロシージャは CUCM VM および UCS 間の接続上の問題を解決する方法を記述します。 手順は次のとおりです。

  1. VM Network Interface Controller (NIC)状態を確認して下さい。
  2. 整合性をチェックします。
  3. レイヤ2 (L2)接続を確認して下さい。
  4. レイヤ3 (L3)接続を確認して下さい。
  5. ポートグループ 設定を確認して下さい。
  6. VSwitch 設定を確認して下さい。
  7. 不適当に設定されたアダプタを取り外して下さい。



このセクションで使用されているコマンドの詳細を調べるには、Command Lookup Tool登録ユーザ専用)を使用してください。

特定の show コマンドがアウトプット インタープリタ ツール登録ユーザ専用)でサポートされています。 show コマンド出力の分析を表示するには、アウトプット インタープリタ ツールを使用します。

  1. CUCM Command Line Interface (CLI) コンソールで、提示ネットワーク eth0 コマンドを入力し、VM NIC 状態を確認して下さい:

    • Status: アップ
    • 検出する リンク: yes
    • Mode(モード): 、完全有効に なる、自動 1000 の Mbits/s
    • 重複した IP: いいえ
    • 構成されたIPアドレスを確認して下さい

    116743-trouble-cucm-ucs-01.png

  2. utils ネットワーク PING デフォルト ゲートウェイ Ip コマンドでデフォルト ゲートウェイを接続をチェックするために ping するように試みて下さい。 ゲートウェイがアクセスが不可能である場合、次 の ステップと続けて下さい。

  3. アップストリーム スイッチへのログインは UCS に接続される、L2 接続を確認するために提示 mac-address コマンドを入力し。 CUCM VM アドレスがアップストリーム スイッチによって学習されたことを確認して下さい。 VSphere では、VM を右クリックし、『Edit Settings』 を選択 し、Hardware タブにナビゲート し、ネットワークアダプタを選択して下さい:

    116743-trouble-cucm-ucs-02.png

  4. MAC アドレスは学習されたことをステップ 3 が確認したら、L3 接続を確認して下さい。 VLANインターフェイスを作成し、スイッチからアップストリーム スイッチが VLAN でルーティングできることを確認するためにデフォルト ゲートウェイを ping して下さい。 CUCM VM によって使用されるポートグループを確認して下さい。 この例では、ポートグループは VLAN-475 に割り当てられます。

  5. UCS ホスト Configuration タブへのナビゲート。 ハードウェア セクションで、ポートグループ 設定を確認するためにネットワーキングをクリックして下さい。 ステップ 4 で識別されるポートグループをチェックし関連する物理的 な アダプタを確認して下さい:

    116743-trouble-cucm-ucs-03.png

  6. VSwitch 設定を確認し、Cisco Discovery Protocol (CDP) 隣接 の 詳細を表示するために各々の物理的 な アダプタの隣でブルー アイコンをクリックして下さい。 この例では、スイッチは vmnic1 amd vmnic3 です。 CDP 詳細が示されていない場合、スイッチは正しく設定されません。

    VMware 資料を、「Cisco Discovery Protocol (CDP) ネットワーク情報参照して下さい(1007069)」、詳細については。

    116743-trouble-cucm-ucs-04.png

    : 複数の物理的 な アダプタがある場合、すべてのデバイスは CDP 詳細をきちんと示す必要があります。 1 つだけがきちんと示されていなくても、通信はロードが追加されたか、または設定された物理的 な アダプタすべての中で平衡型であるので中断されるかもしれません。

    CDP情報で示されているアップストリームポートの設定を確認して下さい。 たとえばインターフェイスがトランキングに設定 され、ポートグループ VLAN が割り当てられるように、して下さい。 ポートグループに VLAN マッピングがない場合、アップストリーム スイッチに設定 される正しいネイティブ VLAN がある確認して下さいまたは正しい VLAN にことをアクセスしています。

    これはトランキングのために設定される VLAN-475 のための設定 例です:

    interface gigabitEthernet1/0/2
    switchport mode trunk
    switchport trunk allowed vlan 400-475
    spanning-tree portfast trunk
    これはトランキングの設定 例、ポートグループの VLAN タギングでなくではない。

    interface gigabitEthernet1/0/2
    switchport mode trunk
    switchport trunk allowed vlan 400-475
    spanning-tree portfast trunk
    switchport trunk native vlan 4
  7. ステップ 6 は CDP ネイバー 詳細が物理的 な アダプタのために示されていないこと、そして他のアダプタが CDP 詳細を備えていることを明らかにするかもしれません。 一時的な次善策は不適当に設定された物理的 な アダプタを取り外すことです:

    1. 『Properties』 をクリック して下さい:

      116743-trouble-cucm-ucs-05.png

    2. Network Adapters タブをクリックし、デバイス名をクリックし、『Remove』 をクリック して下さい:

      116743-trouble-cucm-ucs-06.png

    3. CUCM VM からのネットワーク接続が復元することを確認して下さい。


Document ID: 116743