クラウドおよびシステム管理 : Cisco Prime Provisioning

主なコラボレーション提供は同期の後でサブスクライバの下で製品を表示する

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料はドメイン 同期が発生したでし、問題にソリューションを提供する後製品が Cisco Prime Collaboration プロビジョニングの予想通りリストされなかった下サブスクライバところで直面する問題を記述したものです。

クリストス Georgiadis によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

背景説明

Cisco Prime Collaboration 供給サーバはプロセッサ(Cisco Unified Communications Manager (CUCM)からデータベースに製品(電話、行、エクステンションモビリティ(EM)プロファイル)およびインフラストラクチャ オブジェクト(ルートパターン、変換パターン)を、Cisco Unity Connection)インポートするために使用されます。

サービスエリアはこれらの理由により提供する Cisco Prime Collaboration で作成されます:

  • インポートされた製品を分類するため
  • 複数の製品フィールドを順序の間に事前に読み込むため

この資料は前のシナリオに焦点を合わせます。

問題

時々ドメインの後で同期は複数の製品(電話、行、エクステンションモビリティ プロファイル期待されたサブスクライバの下で、たとえば)が表示することに、管理者注意します正常に終了します。

この例が示すと同時に、CUCM 管理 ページ > ユーザマネージメント > エンドユーザにナビゲート するとき、ユーザは多数があるはずであるところで 1 つのデバイスだけ関連付けてもらいます:

プロセッサおよびドメインの後で同期はサブスクライバの下で、電話表示する発生します。

Cisco Prime Collaboration プロビジョニングでは、> 特定のサブスクライバのユーザ ID のための検索サブスクライバおよび検索は展開するためにナビゲート します。

MAC アドレス 0003E386360F の電話はプロセッサおよびドメイン 同期が正常に完了したが、リストされていません。 調査するためにドメインによって詳述される同期 ログイン順序にアクセスして下さい:

ドメインによって詳述される同期 ログはこのエラーを示します:

The phone SEP0003E386360F and its lines could not be added to the subscriber
record because a service area with the following properties could not be
determined in the domain Bel:
Call Processor: CUCM Athens-CiscoUnifiedCM
Voice Device Group: Default
Common Device Configuration: null
Call Search Space (Device): null
Location: Hub_None
Protocol: SCCP

解決策

シナリオ 1

このシナリオでは、サービスエリア 設定は電話 設定を一致する。 これはこのシナリオの電話である製品が Cisco Prime Collaboration プロビジョニングの設定されたサービスエリアにどのようににマッピング されるか関連しています。

製品すべてのための一致規則はここにあります:

前のイメージが説明すると同時に、サービスエリアに置かれる電話製品を持つためにおよび目に見えるために、これらのフィールドに関して電話 設定と一致するサービスエリアを持たなければなりません:

  • Device Pool
  • よくあるデバイス構成
  • Calling Search Space (デバイス)
  • 場所
  • 電話プロトコル、Session Initiation Protocol (SIP)または Skinny Client Control Protocol (SCCP)

この例の電話のための設定はここにあります:

サービスエリア設定はここにあります:

これらのコンフィギュレーションを比較するとき、これらのフィールドが一致することは明らかです:

  • コール 探索空間(デバイス)
  • Device Pool

1 つの可能 な 解決策はここに示されているようにサービスエリア 設定を調整することです:

: コール 探索空間(行)設定はこの場合一致に影響を与えません。

もう一つの可能 な 解決策は 5 つの一致する属性のサービスエリアの設定を一致するために CUCM の電話設定を修正することです。

別のドメイン 同期が発生した後、正常に電話ディスプレイ サブスクライバのための割り当てられた製品の下で:

シナリオ 2

このシナリオでは、電話 設定と一致するが、その電話に関連付けられるサブスクライバは異なっているサービスエリアが属するドメインとドメインに属しますサービスエリアがあります。

可能な解決策は 2 つあります。

  • ドメインを削除し、作り直したらときだけすることができる正しいドメインにユーザを移動して下さい。
  • ドメインの電話 設定とユーザ 存在一致するサービスエリアを作成して下さい。

関連情報


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 116698