スイッチ : Cisco Nexus 7000 シリーズ スイッチ

Nexus 7000 F1 モジュール ELAM プロシージャ

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料は Cisco Nexus 7000 (N7K) F1 モジュールの ELAM を行うために使用されるステップを記述し最も関連した出力を説明し、結果を解読する方法を記述したものです。

ヒント: ELAM の外観のための ELAM 概要 ドキュメントを参照して下さい。

著者:Andrew Gossett、Cisco TAC エンジニア。

トポロジ

この例では、VLAN 10 (MAC アドレス 0050.56a1.1a0110.1.1.101)のホストはホストに、VLAN 10 (MAC アドレス 0050.56a1.1aef10.1.1.102)にまたあるポート Eth3/18 インターネット制御メッセージ プロトコル (ICMP) 要求を、ポート Eth3/26 送信 します。 ELAM は 10.1.1.101 から 10.1.1.102 にこの単一 フレームをキャプチャ するために使用されます。 ELAM が単一 フレームだけキャプチャ することを可能にすることを覚えておくことは重要です。

N7K の ELAM を行うために、適切なモジュールに最初に接続して下さい(これはネットワーク Admin 特権を必要とします):

N7K# attach module 3
Attaching to module 3 ...
To exit type 'exit', to abort type '$.'
module-3#

入力 フォワーディングエンジンを判別して下さい

トラフィックは入力にポート Eth3/18 のスイッチ期待されます。 システムのモジュールをチェックするとき、モジュール 3 が F1 モジュールであることがわかります。 N7K が完全配られること、そしてモジュールが、ないスーパバイザ、dataplane トラフィックのための転送の決定を作ることを覚えておくことは重要です。

N7K# show module 3
Mod  Ports  Module-Type                Model              Status
---  -----  -------------------------- ------------------ ----------
3    32     1/10 Gbps Ethernet Module  N7K-F132XP-15      ok

F1 モジュールに関しては、内部暗号名オリオンとレイヤ2 (L2)フォワーディングエンジン(FE)の ELAM を行って下さい。 N7K F1 にモジュール毎に 16 FE があります、従ってポート Eth3/18 の FE のために使用するオリオン ASIC を判別して下さい。 確認するには、次のコマンドを入力します。

module-3# show hardware internal dev-port-map 
(some output omitted)
--------------------------------------------------------------
CARD_TYPE:         DCE 32 port 10G
>Front Panel ports:32
--------------------------------------------------------------
Device name             Dev role              Abbr num_inst:
--------------------------------------------------------------
> Orion Fwding Driver    DEV_LAYER_2_LOOKUP     L2LKP  16
+--------------------------------------------------------------+
+-----------+++FRONT PANEL PORT TO ASIC INSTANCE MAP+++--------+
+--------------------------------------------------------------+
FP port |  PHYS | MAC_0 | L2LKP | QUEUE |SWICHF
...
   18      8       8       8       8       1

出力では、ポート Eth3/18 がオリオン(L2LKP)8.にあることがわかります 

module-3# elam asic orion instance 8 
module-3(orion-elam)#

トリガーを設定して下さい

N7K プラットフォームの他の FE と比較されたときオリオン ASIC に ELAM トリガーの限られたセットが非常にあります。 これは F1 が L2-only モジュールであるという理由によります。 従って、それは MAC アドレス 情報作ります(または FabricPath 環境の SwitchID に)基づいて切り替え決定を。

Nexus オペレーティング システム(NX-OS)を使うと、ELAM トリガーを分けるために疑問符 文字を使用できます:

module-3(orion-elam)# trigger di field ?
  da           Destination mac-address
  mim_da       Destination mac-in-mac-address
  mim_sa       Source mac-in-mac-address
  sa           Source mac-address
  vlan

この例に関しては、フレームは入力デシジョン ブロックの送信元および宛先 MACアドレスに基づいていましたキャプチャ されます。

: F1 モジュールは別々の DBUS および RBUS トリガーを必要としません。

トリガーはここにあります:

module-3(orion-elam)# trigger di field sa 0050.56a1.1a01 da 0050.56a1.1aef

キャプチャを開始して下さい

F1 モジュールはトリガーが設定される直後に ELAM が始まるので、他の N7K モジュールと異なっています。 ELAM のステータスをチェックするために、status コマンドを入力して下さい:

module-3(orion-elam)# status
Armed

フレームが FE によってトリガーと一致する受信されれば、ELAM ステータスは引き起こされるように示します:

module-3(orion-elam)# status
Triggered

結果を解読して下さい

ELAM 結果を表示するために、提示キャプチャ コマンドを入力して下さい。 この例に最も関連している ELAM データからの抜粋はここにあります(出力は省略されます):

module-3(orion-elam)# show capture 
dc3v4_si[11:0]           :                   17
vlanx                    :                    a
di                       :                   1e or 1f
res_eth_da               :           5056a11aef
res_eth_sa               :           5056a11a01

: 作るために使用する F1 モジュールによって、ELAM データ フォワーディング結果が含まれている転送の決定およびデータは同じ出力に組み合わせられます。 また ELAM 出力の MAC アドレス 形式が付加ゼロが含まれていないことに、注目して下さい。

Destination MAC (res_eth_da) 5056a11aef = 0050.56a1.1aef
Source MAC      (res_eth_sa) 5056a11a01 = 0050.56a1.1a01

この出力を使うと、ソース Local Target Logic (LTL) (dc3v4_si)、宛先 LTL (ディディミアム)、VLAN (vlanx)、および送信元および宛先 MACアドレスを確認できます(5056a11a01 および 5056a11aef、それぞれ)。

ソース LTL (dc3v4_si)はフレームが受信されるポートを表します。 F1 ELAM は宛先 LTL のための 2 つの結果を表示する(1e か 1f)。 これは ELAM パーサーが曖昧な結果を生む ELAM データの最下位ビットを読むことができないので発生します。 従って、Cisco は宛先アドレスのためのハードウェアのMACアドレス エントリを検証する推奨し、ELAM の宛先 LTL とそれをことを確認します。

N7K# show system internal pixm info ltl 0x17
Type            LTL
---------------------------------
PHY_PORT       Eth3/18

出力はポート Eth3/18 にことを 0x17 マップのソース LTL 示したものです。 これはフレームがポート Eth3/18 で受信されることを確認します。

module-3# show hardware mac address-table fe 8
  address 0050.56a1.1aef vlan 10 vdc 1


(some output omitted)

FE | Valid| PI|  BD  |      MAC      |  Index|
   |      |   |      |               |       |
---+------+---+------+---------------+-------+
8    1     0   34    0050.56a1.1aef  0x0001f  


N7K# show system internal pixm info ltl 0x1f
Type            LTL
---------------------------------
PHY_PORT       Eth3/26

この出力を使うと、オリオンその例 8Eth3/18 のための転送の決定を作る FE)宛先MAC アドレス 0050.56a1.1aef のための 0x1f のハードウェアのMACアドレス エントリを持っていることを確認できます。 このインデックスはまた F1 ELAM データ内の宛先 LTL (ディディミアム)です。 

さらに、ポート Eth3/26 にことを LTL 0x1f マップ確認できます。 これはフレームがポート Eth3/26 から送信 されることを確認します。

追加確認

スイッチが LTL プールをどのように割り当てるか確認するために、show system 内部 pixm ヒント ltl 領域コマンドを入力して下さい。 このコマンドからの出力は物理ポートに一致しない場合 LTL の目的を理解して役立ちます。 これのよい例はドロップする LTL です:

N7K# show system internal pixm info ltl 0x11a0
0x11a0 is not configured

N7K# show system internal pixm info ltl-region
LTL POOL TYPE                          SIZE        RANGE
=====================================================================
DCE/FC Pool                            1024       0x0000 to 0x03ff
SUP Inband LTL                           32       0x0400 to 0x041f
MD Flood LTL                              1       0x0420
Central R/W                               1       0x0421
UCAST Pool                             1536       0x0422 to 0x0a21
PC Pool                                1720       0x0a22 to 0x10d9
LC CPU Pool                              32       0x1152 to 0x1171
EARL Pool                                72       0x10da to 0x1121
SPAN Pool                                48       0x1122 to 0x1151
UCAST VDC Use Pool                       16       0x1172 to 0x1181
UCAST Generic Pool                       30       0x1182 to 0x119f
LISP Pool                                 4       0x1198 to 0x119b
Invalid SI                                1       0x119c to 0x119c
ESPAN SI                                  1       0x119d to 0x119d
Recirc SI                                 1       0x119e to 0x119e
Drop DI                                   2       0x119f to 0x11a0
UCAST (L3_SVI_SI) Region                 31       0x11a1 to 0x11bf
UCAST (Fex/GPC/SVI-ES)       3648       0x11c0 to 0x1fff
UCAST Reserved for Future Use Region   2048       0x2000 to 0x27ff
======================> UCAST MCAST BOUNDARY <======================
VDC OMF Pool                             32       0x2800 to 0x281f

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 116646