スイッチ : Cisco Nexus 7000 シリーズ スイッチ

Nexus 7000 M シリーズ モジュール ELAM プロシージャ

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料は Cisco Nexus 7000 (N7K) M シリーズ モジュールの ELAM を行うために使用されるステップを記述し最も関連した出力を説明し、結果を解読する方法を記述したものです。

ヒント: ELAM の外観のための ELAM 概要 ドキュメントを参照して下さい。

アンドリュー Gossett および Yogesh Ramdoss によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

トポロジ


この例では、VLAN 2500 のホスト(10.0.5.101)、ポート Eth4/1 は VLAN 55 のホストにインターネット制御メッセージ プロトコル (ICMP) 要求を送信 します(10.0.3.101)、ポート Eth3/5。 ELAM は 10.0.5.101 から 10.0.3.101 にこのシングルパケットをキャプチャ するために使用されます。 ELAM が単一 フレームをキャプチャ することを可能にすることを覚えておくことは重要です。

N7K の ELAM を行うために、適切なモジュールに最初に接続して下さい(これはネットワーク Admin 特権を必要とします):

N7K# attach module 4
Attaching to module 4 ...
To exit type 'exit', to abort type '$.'
module-4#

入力 フォワーディングエンジンを判別して下さい

トラフィックは入力にポート Eth4/1 のスイッチ期待されます。 システムのモジュールをチェックするとき、モジュール 4 が M シリーズ モジュールであることがわかります。 N7K が完全配られること、そしてモジュールが、ないスーパバイザ、dataplane トラフィックのための転送の決定を作ることを覚えておくことは重要です。

N7K# show module
Mod  Ports  Module-Type                         Model              Status
---  -----  ----------------------------------- ------------------ ----------
3    32     10 Gbps Ethernet Module             N7K-M132XP-12      ok
4    48     10/100/1000 Mbps Ethernet Module    N7K-M148GT-11      ok
5    0      Supervisor module-1X                N7K-SUP1           active *
6    0      Supervisor module-1X                N7K-SUP1           ha-standby

M シリーズ モジュールに関しては、内部暗号名 Eureka とレイヤ2 (L2)フォワーディングエンジン(FE)の ELAM を行って下さい。 L2 FE データバス(DBUS)が L2 およびレイヤ3 (L3)ルックアップの前にオリジナルヘッダー 情報が含まれている、および結果バス(RBUS)は L3 および L2 両方の後で結果がルックアップ含まれていますことに注目して下さい。 L3 ルックアップは L3/Layer 4 (L4) Supervisor Engine 2T を実行する Cisco Catalyst 6500 シリーズ スイッチ プラットフォームで使用される同じプロセスである内部暗号名 Lamira の FE によって実行された。

N7K M シリーズ モジュールは各モジュールのために複数の FE を使用できます従ってポート Eth4/1 の FE のために使用する Eureka ASIC を判別して下さい。 これを確認するためにこのコマンドを入力して下さい:

module-4# show hardware internal dev-port-map 
(some output omitted)
--------------------------------------------------------------
CARD_TYPE:         48 port 1G
>Front Panel ports:48
--------------------------------------------------------------
Device name             Dev role              Abbr num_inst:
--------------------------------------------------------------
> Eureka                 DEV_LAYER_2_LOOKUP     L2LKP 1
+--------------------------------------------------------------+
+-----------+++FRONT PANEL PORT TO ASIC INSTANCE MAP+++--------+
+--------------------------------------------------------------+
FP port|PHYS |SECUR |MAC_0 |RWR_0 |L2LKP |L3LKP |QUEUE |SWICHF
   1     0      0      0      0     0      0      0      0
   2     0      0      0      0     0      0      0      0

出力では、ポート Eth4/1 が Eureka (L2LKP)0 にあることがわかります。

: M シリーズ モジュールに関しては、ELAM を設定するとき ELAM 構文使用 1 ベースの値、従って例 0 は1 になります。 これは F シリーズ モジュールのためのケースではないです。

module-4# elam asic eureka instance 1
module-4(eureka-elam)#

トリガーを設定して下さい

Eureka ASIC は IPv4、IPv6、および他のための ELAM トリガーをサポートします。 ELAM トリガーはフレームタイプと一直線に並ぶ必要があります。 フレームが IPv4 フレームである場合、トリガーはまた IPv4 である必要があります。 IPv4 フレームは他のトリガーによってキャプチャ されません。 同じロジックは IPv6 に適用します。 

Nexus オペレーティング システム(NX-OS)を使うと、ELAM トリガーを分けるために疑問符 文字を使用できます:

module-4(eureka-elam)# trigger dbus dbi ingress ipv4 if ?
  (some output omitted)
  destination-flood         Destination Flood
  destination-index         Destination Index
  destination-ipv4-address  Destination IP Address
  destination-mac-address   Destination MAC Address
  ip-tos                    IP TOS
  ip-total-len              IP Total Length
  ip-ttl                    IP TTL
  source-mac-address        Source MAC Address
  vlan-id                   Vlan ID Number

この例に関しては、フレームは送信元および宛先 IPv4 アドレスに従って、それらの値だけそう規定 されます キャプチャ されます。

Eureka はトリガーが DBUS および RBUS のために設定 されることを必要とします。 RBUS データが常駐できる 2 つの異なるパケット バッファ(PB)があります。 正しい PB 例の判断は正確なモジュールタイプおよび入力ポートに依存しています。 RBUS が引き起こさなかったら PB1 を設定する、そして PB2 の設定を繰り返し行なって下さい通常ことが、推奨され。

DBUS トリガーはここにあります:

module-4(eureka-elam)# trigger dbus dbi ingress ipv4 if source-ipv4-address
  10.0.5.101 destination-ipv4-address 10.0.3.101 rbi-corelate

RBUS トリガーはここにあります:

module-4(eureka-elam)# trigger rbus rbi pb1 ip if cap2 1

: RBUS が cap2 ビットで正しく引き起こすことができるように DBUS トリガーの端に rbi 相互的関係キーワードが必要となります。

キャプチャを開始して下さい

入力 FE が選択され、トリガーを設定したので、キャプチャを開始できます:

module-4(eureka-elam)# start

ELAM のステータスをチェックするために、status コマンドを入力して下さい:

module-4(eureka-elam)# status
Instance: 1
EU-DBUS: Armed
trigger dbus dbi ingress ipv4 if source-ipv4-address 10.0.5.101
  destination-ipv4-address 10.0.3.101 rbi-corelate
EU-RBUS: Armed
trigger rbus rbi pb1 ip if cap2 1
LM-DBUS: Dis-Armed
No configuration
LM-RBUS: Dis-Armed
No configuration

フレームが FE によってトリガーと一致する受信されれば、ELAM ステータスは引き起こされるように示します:

module-4(eureka-elam)# status
Instance: 1
EU-DBUS: Triggered
trigger dbus dbi ingress ipv4 if source-ipv4-address 10.0.5.101
  destination-ipv4-address 10.0.3.101 rbi-corelate
EU-RBUS: Triggered
trigger rbus rbi pb1 ip if cap2 1
LM-DBUS: Dis-Armed
No configuration
LM-RBUS: Dis-Armed
No configuration

結果を解読して下さい

ELAM 結果を表示するために、提示 D ・バスを入力し、rbus コマンドを示して下さい。 同じトリガーと一致するトラフィックの高いボリュームがあれば、DBUS および RBUS は異なる帯で引き起こすかもしれません。 従って、一致することを確認するために DBUS および RBUS データの内部 シーケンス番号をチェックすることは重要です:

module-4(eureka-elam)# show dbus | i seq
seq = 0x05
module-4(eureka-elam)# show rbus | i seq
seq = 0x05

この例に最も関連している ELAM データからの抜粋はここにあります(出力は省略されます):

module-4(eureka-elam)# show dbus 
seq = 0x05
vlan = 2500
source_index = 0x00a21
l3_protocol = 0x0   (0:IPv4, 6:IPv6)
l3_protocol_type = 0x01, (1:ICMP, 2:IGMP, 4:IP, 6:TCP, 17:UDP)
dmac = 00.00.0c.07.ac.65
smac = d0.d0.fd.b7.3d.c2
ip_ttl = 0xff
ip_source = 010.000.005.101
ip_destination = 010.000.003.101

module-4(eureka-elam)# show rbus
seq = 0x05
flood = 0x0
dest_index = 0x009ed
vlan = 55
ttl = 0xfe
data(rit/dmac/recir) = 00.05.73.a9.55.41
data(rit/smac/recir) = 84.78.ac.0e.47.41

DBUS データを利用して、フレームが d0d0.fdb7.3dc2 の送信元MACアドレスおよび 0000.0c07.ac65 の宛先MAC アドレスによって VLAN 2500 で受信されることを確認できます。 また 10.0.5.101 からソースをたどられるで、10.0.3.101 に向かうこれが IPv4 フレームことがわかります。

ヒント: Type of Service (ToS)値、IP フラグ、IP 長さおよび L2 フレーム長のようなこの出力に、含まれていない他の複数の有用なフィールドがあります。

どのでポートをフレームが受け取られるか確認するために、SRC_INDEX コマンド(ソース Local Target Logic (LTL))を入力して下さい。 N7K のためのポートかポートの集まりに LTL をマッピング するためにこのコマンドを入力して下さい:

N7K# show system internal pixm info ltl 0xa21
Member info
------------------
Type            LTL
---------------------------------
PHY_PORT       Eth4/1         
FLOOD_W_FPOE   0x8014

出力はポート Eth4/1 にことを 0xa21 マップの SRC_INDEX 示したものです。 これはフレームがポート Eth4/1 で受信されることを確認します。

RBUS データを利用して、フレームが VLAN 55 にルーティングされること、そして TTL が DBUS データの 0xff から RBUS データの 0xfe への減少されることを確認できます。 、送信元および宛先 MACアドレスが 8478.ac0e.4741 および 0005.73a9.5541 に書き換えられることがそれぞれわかります。 さらに、DEST_INDEX (宛先 LTL)からの出力ポートを確認できます:

N7K# show system internal pixm info ltl 0x9ed
Member info
------------------
Type            LTL
---------------------------------
PHY_PORT       Eth3/5         
FLOOD_W_FPOE   0x8017
FLOOD_W_FPOE   0x8016

出力はポート Eth3/5 にことを 0x9ed マップの DEST_INDEX 示したものです。 これはフレームがポート Eth3/5 から送信 されることを確認します。

追加確認

スイッチが LTL プールをどのように割り当てるか確認するために、show system 内部 pixm ヒント ltl 領域コマンドを入力して下さい。 このコマンドからの出力は物理ポートに一致しない場合 LTL の目的を理解して役立ちます。 これのよい例はドロップする LTL です:

N7K# show system internal pixm info ltl 0x11a0
0x11a0 is not configured

N7K# show system internal pixm info ltl-region
LTL POOL TYPE                          SIZE        RANGE
=====================================================================
DCE/FC Pool                            1024       0x0000 to 0x03ff
SUP Inband LTL                           32       0x0400 to 0x041f
MD Flood LTL                              1       0x0420
Central R/W                               1       0x0421
UCAST Pool                             1536       0x0422 to 0x0a21
PC Pool                                1720       0x0a22 to 0x10d9
LC CPU Pool                              32       0x1152 to 0x1171
EARL Pool                                72       0x10da to 0x1121
SPAN Pool                                48       0x1122 to 0x1151
UCAST VDC Use Pool                       16       0x1172 to 0x1181
UCAST Generic Pool                       30       0x1182 to 0x119f
LISP Pool                                 4       0x1198 to 0x119b
Invalid SI                                1       0x119c to 0x119c
ESPAN SI                                  1       0x119d to 0x119d
Recirc SI                                 1       0x119e to 0x119e
Drop DI                                   2       0x119f to 0x11a0
UCAST (L3_SVI_SI) Region                 31       0x11a1 to 0x11bf
UCAST (Fex/GPC/SVI-ES)       3648       0x11c0 to 0x1fff
UCAST Reserved for Future Use Region   2048       0x2000 to 0x27ff
======================> UCAST MCAST BOUNDARY <======================
VDC OMF Pool                             32       0x2800 to 0x281f

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 116645